ロングドライブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロングドライブ(Long Drive)とは、アメリカの西部開拓時代に行われた繁殖地から肥育地または需要地までの牛群の輸送のこと。主にテキサス州からミズーリ州や後には カリフォルニア州方面へ輸送された。

カリフォルニアで金鉱が発見されたことに始まるゴールドラッシュで採掘人が殺到する中、急激な人口増加で食料不足が発生したカリフォルニアにテキサスから牛を運んだことが始まり。カリフォルニアに運ばれた牛はテキサスでの売値の10倍以上となったと言われる。

数人の騎乗のドローバーが牛群を追い立てて歩かせ、およそ既定のルートに沿って目的地に向かわせた。 鉄道の発達により1860年代には盛んに行われ始めたが、en:Open range有刺鉄線で囲われるようになるとen:Fence Cutting Warが起こり、さらにen:Winter of 1886–1887をきっかけに1890年代はほとんど行われなくなった。ブラジルの西部では今でも同様な輸送が行われている。

関連項目[編集]