コール・ヤンガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コール・ヤンガー

トーマス・コールマン・ヤンガーThomas Coleman Younger, 1844年1月15日?-1916年3月21日)は、アメリカ西部開拓時代ガンマン、強盗・殺人者。

南北戦争中にウィリアム・クァントリル南軍ゲリラに参加し、ミズーリ州カンザス州を転戦して殺人や盗みを覚えて腕を磨いた。終戦後、コールの兄弟や戦友のジェシー・ジェイムズやその兄弟と強盗団を結成し、銀行強盗や列車強盗を繰り返した。

1876年9月7日、強盗団はミネソタ州の銀行を襲い逃走したが、コールと兄弟たちは逮捕されて終身刑を言い渡される。1901年に保釈されて出所すると、1903年には自叙伝を出版し、さらにバッファロー・ビルが主催する『Wild West Show』に参加するなどして各地を巡業した。

晩年、罪を悔いてキリスト教に深く帰依し、1916年、ミズーリ州 Lee's Summit の自宅で永眠した。

コール・ヤンガーに関連した作品[編集]

映画[編集]

漫画[編集]