バージニアシティ (ネバダ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バージニアシティ
—  非法人地域  —
座標: 北緯39度18分37秒 西経119度38分58秒 / 北緯39.31028度 西経119.64944度 / 39.31028; -119.64944
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州
ストーリー郡
等時帯 Pacific (PST) (UTC-8)
 - 夏時間 PDT (UTC-7)
ZIP Codes
FIPS code
GNIS feature ID
メイン・ストリート
メイン・ストリート

バージニアシティ: Virginia City)は、アメリカ合衆国ネバダ州ストーリー郡の首都で非法人地域。リノ=スパークス都市圏を構成する。1800年後半、ゴールドラッシュで栄えたために人口は8万人を超えていたが、その後1950年代には500人まで減ってしまった。しかし古い町並みが多く残っていたために観光を主産業としての街の復興に成功し、いまでは毎年200万人以上の観光客が訪れる場所となった。


歴史[編集]

バージニアシティ、1867年-68年頃
人口推移
年度 人口
1860 2,345
1870 7,048 200.6%
1880 10,917 54.9%
1890 6,433 −41.1%
1900 2,695 −58.1%
1910 2,244 −16.7%
1920 1,200 −46.5%
1930 590 −50.8%
1940 500 −15.3%
1950 500 0.0%
1960 610 22.0%
1970 600 −1.6%
1980 600 0.0%
1990 920 53.3%
2000 1,500 63.0%
source:[1]

バージニアシティはネバダ州で最も古い共同体の一つである。街の名は「オールド・バージニー」の愛称で呼ばれたジェームズ・フィンニーが由来とされる。フィンニーはコムストック・ロードの発見者で、本名はジェームズ・フェニモアであったが、殺人を犯して生まれ故郷のバージニア州から逃れてきたという。

州内の他の都市同様、バージニアシティは鉱山都市であった。1859年のコムストック・ロード銀山ストライキで全国的に知られるようになる。ピーク時の人口は3万人を超え、アメリカで最も豊かな都市と呼ばれた[2]。コムストックの成功に続く20年間で「およそ4億ドルが地面から掘り出された」という[3]。コムストック・ロードが1898年に閉山すると、市の人口は急激に低下した。坑夫の大半はコーンウォール人アイルランド人であった[4]


アクセス[編集]

リノから南東へ約37キロ。

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ Moffatt, Riley. Population History of Western U.S. Cities & Towns, 1850-1990. Lanham: Scarecrow, 1996, 159.
  2. ^ Rinella, p. 73
  3. ^ Thomson, p.26
  4. ^ Payton, Philip, Making Moonta: The Invention of Australia's Little Cornwall

外部リンク[編集]