ドッジシティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドッジシティカンザス州フォード郡にある都市で、郡庁所在地である。名前はグレンビル・M・ドッジに由来する。2000年国勢調査での人口は25,176人。ラジオとテレビで長く放送され続けている西部ドラマ、「Gunsmoke」のセットがドッジシティに作られていることで、都市の名前はアメリカ人の多くの世代に有名である。ドッジシティにはセミプロのバスケットボールチーム、ドッジシティ・レジェンドがあり、USBLのメンバーである。レジェンドはUSBLの選手権で3回優勝している。俳優で映画監督、デニス・ホッパーの出身地でもある。

地理[編集]

KSMap-doton-Dodge City.png

ドッジシティは、北緯37度45分35秒、西経100度1分6秒 (37.759671, -100.018212) に位置している。

アメリカ合衆国統計局の調査によると、32.9km2を占め、32.7km2が陸である。

人口動勢[編集]

2000年の国勢調査によると、25,176人が住んでおり、8,395の世帯、5,968の家族が住んでいる。人口密度は、770.9人/km2である。8,976件の住居があり、274.8軒/km2である。人口の71.43%が白人、1.94%が黒人、0.69%がインディアン、2.37%がアジア系、0.15%がハワイグアムなどの太平洋の島々からの移民、20.82%がそのほかの民族や人種、2.61%が2つ以上の民族や人種を親に持ち、42.87%がヒスパニック系である。

8,395世帯のうち、41.1%が18歳未満の子供と一緒に生活しており、55.1%は夫婦で生活している。10.3%は未婚の女性が世帯主であり、28.9%は家族以外の住人と同居している。23.5%は独身の居住者が住んでおり、9.6%は65歳以上で独である。1世帯の平均人数は2.94人であ、家庭の場合は、3.46人である。

人口の31.2%が18歳未満で、12.3%が18歳から24歳、30.0%が25歳から44歳、16.5%が45歳から64歳、10.0%が65歳以上である。平均年齢は29歳である。女性100人に対し、106.7人が男性である。18歳以上の女性100人に対し、104.2人が18歳以上の男性である。

1世帯の平均年収は37,156ドルであり、家庭の場合は41,672ドルである。男性の平均収入が26,881ドルであるのに対し、女性は22,064ドルである。住民1人当たりの収入は15,538ドルであり、人口の13.9%、11.1%の家庭が貧困線以下にある。18歳未満の17.4%、65歳以上の9.1%が貧困線以下にある。

歴史[編集]

由来[編集]

ドッジシティでの最初の居住地はマン砦 (Fort Mann) だった。1847年にサンタフェ・トレイルを行き交う旅行者の希望で建設されたが、1848年のインディアンの攻撃で崩壊した。1850年、アメリカ陸軍はマン砦のあった場所にアトキンソン砦 (Fort Atkinson) を建設するが、1853年には軍は撤退する。1859年にははるか北東にラーンド砦 (Fort Larned) を再建するが、南北戦争の後のドッジシティ周辺は、長い間人の住まない場所だった。1865年、西部でのインディアン戦争が激しくなるにつれ、軍はラーンド砦を支援するドッジ砦 (Fort Dodge) を建設した。ドッジ砦は1882年から現在まで残っている。

1871年、牧場主のヘンリー・J・シトラーが、ドッジ砦の東に所有する牛を見渡せる小屋を建てた。サンタフェ・トレイルとアーカンソー川に近い利便さから、シトラーの小屋は旅行者の休息の場所になった。1872年、ドッジ砦から西に5マイルの位置に、開拓者はドッジシティの町を創り、ジョージ・M・フーヴァーはドッジ砦から来る喉の渇いた兵士のために、最初のバーを造った。アッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ鉄道がその年の9月に到達し、ビジネスの準備は整った。初期の開拓者たちは、バッファローの骨と革を交易していたが、鉄道の開通後は、牛の交易に代わった。

牛の交易[編集]

テキサス州からテキサスロングホーンを鉄道でカンザス州に運んでくるアイデアは、1850年代の終わりからあったが、南北戦争のために少し中断された。1866年、最初のテキサスの牛がカンザス州南東のバクスタースプリングス (Baxter Springs) にやって来た。しかしテキサスの牛はダニを運んできて、他の品種の牛に脾脱疽を流行させた。これは地元ではテキサス熱 (Texas Fever) と呼ばれ、懸念したカンザス州の農家はカンザス州議会に、州の中央に検疫ラインを作るよう説得した。検疫所は、人が多く住む州東部から、テキサスの牛を遠ざけた。

牛の交易が州西部で進むにつれ、テキサスロングホーンはチザム・トレイル英語版 (Chisholm Trail) を使って北へ運ばれ始めた。1867年の大きな牛の (Cow Town) は、カンザス州アビリーンであった。利益は高く、他の町もこの牛ブームにすぐに参加した。1871年にはニュートン (Newton) 、1872年にはエルスワース (Ellsworth) とウィチタ (Wichita) の町が名乗りをあげた。しかし1876年、カンザス州議会は、カンザス中部に定住する農民からの圧力に応じ、もう一度さらに西に隔離ラインを変え、結局はアビリーンや他の牧牛の町は、家畜売買から撤退を余儀なくされた。他に牛が行く場所もなかったため、ドッジシティはこの時突然、「牧牛地の女王 (Queen of the Cow Towns) 」と呼ばれるほどになった。

グレート・ウェスタン・キャトル・トレイル (Great Western Cattle Trail) 、またはウェスタン・トレイルと呼ばれる新しい道は、ドッジシティへ牛を導くためにチザム・トレイルから分岐した。ドッジシティは、家畜収容場を毎年通り抜ける何千もの牛のおかげで、新興都市となった。ドッジシティの家畜売買のピークは1883年から1884年だった。当時の町は恐ろしく成長した。1880年には、境界の町コールドウェル (Caldwell) が、牛の売買の競争相手として頭角を表した。数年間の2つの町の競争は猛烈で、両者とも町が繁栄するのに十分な牛がいた。しかし、どの町もドッジシティほどにオールドウェスト(古き良き西部)を体現する開拓地ではなかったため、この争いはドッジシティが制した。ドッジシティにはまた、一時有名な(そして悪名高い)拳銃使いが西部の他のどの町よりも多く働いていて、彼らの多くは1883年のドッジシティ戦争 (w:Dodge City War) に参加した。このカウボーイたちを隔てるため、町にはサロンや賭場、売春宿などができた。1884年には、メキシコの闘牛士が特に選ばれたロングホーンの牛と戦う闘牛場もあった。

より多くの農業の開拓者が西カンザスへ移動するとともに、州議会への圧力は高まった。1885年には、隔離ラインは州全体に拡張され、ウェスタン・ロードは閉鎖された。このため、1886年までには、町のカウボーイ、サロンキーパー、ギャンブラー、売春宿の主人らは、みな西の未経験者用牧場へ移動し、ドッジシティは西部のありふれた他のコミュニティような、活気のない小さな町となった。

外部リンク[編集]