ベトナム社会主義共和国主席

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ベトナムの国家主席から転送)
移動: 案内検索

ベトナム社会主義共和国主席(ベトナムしゃかいしゅぎきょうわこくしゅせき、ベトナム語chủ tịch nước Cộng hòa Xã hội chủ nghĩa Việt Nam漢字:主席國共和社會主義越南)は、ベトナム社会主義共和国国家元首。略称は国家主席

概要[編集]

1976年7月2日、ベトナム社会主義共和国の成立に際し、同国の元首として国家主席職が設置された。国家主席を元首とする制度は、同国の前身であるベトナム民主共和国1946年憲法を継承したものである。初代国家主席には、ベトナム民主共和国主席のトン・ドゥック・タンが就任した。しかし、1980年の憲法改正ではソビエト型制度を採用、国家主席職を廃止して国会の常設機関である国家評議会を設置し、これを「集団的な国家主席」と規定した(第98条、つまり厳密には国家評議会議長が単独で元首となるわけではない)。現行の1992年憲法制定により、国家主席職が復活した。

なお、同国は漢字(チュハン)を廃止しており、また日本の主要マスコミが最近までベトナム語メディアを直接のニュースソースとしなかったことから、日本では相当する漢字をあてた「主席」よりもヨーロッパ諸語の報道から翻訳した「大統領」と呼ばれることが多かった(英語表記は President of Vietnam であり、ここからは大統領とも訳せる)。

選出[編集]

国会議員の中から国会が選出する。任期は5年。なお、任期満了後も、国会が次の国家主席を選出するまでその職務を遂行する。

国家主席が長期間にわたり職務遂行不能の際には、国家副主席[1]が国家主席の職務を代行する。国家主席が任期途中で欠けた場合、国会が新国家主席を選出するまで、国家副主席が国家主席代行となる。

職権[編集]

国家主席は、その職務について国会に対して責任を負い、報告する義務を有する。現行憲法における国家主席の職権は以下の通り。

  1. 憲法、法律、布告を公布する。
  2. 軍を統括し、国防安全保障評議会[2]の議長を務める。
  3. 国家副主席、首相、最高人民裁判所長官、最高人民検察院院長の任免を国会に提案する。また、国防安全保障評議会の議員名簿を国会に提出する。
  4. 国会または国会常務委員会の決議に基づき、副首相、大臣および政府の他の構成員の任免を行う。
  5. 国会または国会常務委員会の決議に基づき、戦争事態を宣言する。
  6. 国会または国会常務委員会の決議に基づき、総動員令もしくは部分動員令を発令し、全国もしくは特定地域の緊急事態を宣言する。
  7. 最高人民裁判所裁判官、最高人民検察院副院長を任免する。
  8. 高級将校、外交官、その他の官吏の職位・階級を授与し、勲章、記章、国家的栄誉および報賞を授与する。
  9. 駐外全権大使の任命と召還を行い、外国の大使を接受する。ベトナム社会主義共和国を代表し、他国の最高指導者との間で国際条約の交渉および締結を行う。国家主席が締結した国際条約は国会の批准を受けて発効する。
  10. ベトナム国籍を授与し、または解除・剥奪する。
  11. 国会または国会常務委員会の決議に基づき、恩赦を宣言する。
  12. 特赦を与える。
  13. 国会に法律案を提出する。
  14. 職務遂行と権限行使のために命令および決定を発布する。
  15. 国会常務委員会の会議に出席する資格をもつ。また、必要に応じて、政府の会議に出席できる。

国家主席は元首としてベトナム社会主義共和国を代表するが、同国はベトナム共産党による一党独裁体制のため、共産党の党首である書記長が事実上の同国の最高指導者となる。書記長は国家主席を兼任しないことが慣例となっているため、ベトナムの国家主席は、支配政党の党首が兼任する中華人民共和国ラオス人民民主共和国金日成時代の朝鮮民主主義人民共和国の国家主席と異なり、名目的・儀礼的な役割を果たすことが多い。しかし、ベトナムの国家主席は、日常的に国会常務委員会(国会の常設機関)や政府の会議に出席して国政全般を把握できる立場であり、非常時には軍の統帥権者として実質的なイニシアティブを果たす権限を有しており、決して「お飾りの閑職」ではない[3]

歴代主席[編集]

ベトナム民主共和国[編集]

名前 就任日 退任日 出身党派 役職名
1 Ho Chi Minh 1946.jpg ホー・チ・ミン
Hồ Chí Minh
胡志明
1945年9月2日 1969年9月2日 インドシナ共産党
ベトナム独立同盟会→)
ベトナム労働党
国家主席
2 トン・ドゥック・タン
Tôn Đức Thắng
孫德勝
1969年9月3日 1976年7月2日 ベトナム労働党 国家主席

ベトナム社会主義共和国[編集]

代数は元首としてのものを記載した。

名前 就任日 退任日 出身党派 役職名
1 トン・ドゥック・タン
Tôn Đức Thắng
孫德勝
1976年7月2日 1980年3月30日 ベトナム共産党 国家主席
代理 グエン・フー・ト
Nguyễn Hữu Thọ
阮友壽
1980年3月30日 1981年7月4日 ベトナム共産党
2 TruongChinh1955.jpg チュオン・チン
Trường Chinh
長征
1981年7月4日 1987年6月18日 ベトナム共産党 国家評議会議長[4]
3 ヴォー・チ・コン
Võ Chí Công
武志公
1987年6月18日 1992年9月22日 ベトナム共産党 国家評議会議長
4 レ・ドゥック・アイン
Lê Đức Anh
黎德英
1992年9月22日 1997年9月24日 ベトナム共産党 国家主席
5 Tran Duc Luong, Nov 17, 2004.jpg チャン・ドゥック・ルオン
Trần Đức Lương
陳德良
1997年9月24日 2006年6月27日 ベトナム共産党 国家主席
6 NguyenMinhTriet (cropped) 2006-Nov-18.jpg グエン・ミン・チェット
Nguyễn Minh Triết
阮明哲
2006年6月27日 2011年7月25日 ベトナム共産党 国家主席
7 Truong Tan Sang.jpg チュオン・タン・サン
Trương Tấn Sang
張晉創
2011年7月25日 現職 ベトナム共産党 国家主席

脚注[編集]

  1. ^ 国家副主席は、国会議員の中から国会により選出される。国家主席の職務遂行を補佐するほか、国家主席から特定の任務遂行を委任されることがある。
  2. ^ 国防安全保障評議会は国家主席、国家副主席、国防安全保障評議会議員で構成される。国防安全保障評議会議員は国会議員である必要はない。国防安全保障評議会は、国防のために国の全ての軍事力と潜在力を動員する。戦時において、国会は国防安全保障評議会に特定の任務および権限を委任する。国防安全保障評議会は一団として運営し、その決定は過半数の投票による。
  3. ^ 坪井善明『ヴェトナム現代政治』、177ページ。
  4. ^ Chủ tịch Hội đồng Nhà nước / 国家会同主席

参考文献[編集]

  • 鮎京正訓『ベトナム憲法史』(日本評論社、1993年) ISBN 4535580707
  • 坪井善明『ヴェトナム現代政治』(東京大学出版会、2002年) ISBN 4130322052

関連項目[編集]