キルギスの大統領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キルギスの旗 キルギス共和国
大統領
Standard of the President of Kyrgyzstan.svg
大統領章
担当官庁 大統領府
任期 6年(再選禁止)
初代 アスカル・アカエフ
創設 1990年10月27日
キルギス共和国大統領府
テンプレートを表示

キルギスの大統領(キルギスのだいとうりょう)は、キルギス共和国国家元首である。

概要[編集]

キルギスの大統領は独立当時からアスカル・アカエフが14年間あまり務めていたが、2005年3月24日、野党側の反政府運動が首都もに広がったため、アカエフ大統領が隣国カザフスタンに亡命し暫定政府が樹立され、アカエフ政権は崩壊した。その後、クルマンベク・バキエフに政権が大統領となったが、そのバキエフも2010年キルギス騒乱により政権崩壊に追い込まれ、4月15日に亡命した。

2010年以前の旧憲法では大統領職について、「外交・内政の政策を決定し、キルギス国家を代表する」地位と規定し、1期につき5年間の任期で直接選挙で選出されるとしていた。大統領には、首相・最高裁長官・最高検検事長の任命権や外交決定権・法案提出権など、広範かつ強大な権限が与えられていた。こうした強大な権限を大統領に与えていた事が、アカエフ・バキエフ両政権の独裁化につながったという反省から、バキエフ政権を打倒した暫定政府によって制定された新憲法では、大統領は事実上の象徴的地位となり、大統領制から議院内閣制に政体を移行させた。

歴代大統領の一覧[編集]

氏名 所属政党 就任日 退任日
1 アスカル・アカエフ
Аскар Акаевич Акаев
Askar Akayev (Cropped).jpg 無所属 第1期 1990年10月27日[1] 1995年10月29日
第2期 1995年10月29日 2000年10月29日
第3期 2000年10月29日 2005年3月24日[2]

イシェンバイ・カドイルベコフ
Ишенбай Дүйшөнбиевич Кадырбеков
Replace this image JA.svg 無所属 暫定
政権
2005年3月24日 2005年3月25日

クルマンベク・バキエフ
Курманбек Сали уулу Бакиев
Kurmanbek Bakiyev.jpg キルギスタン
人民運動
暫定
政権
2005年3月25日 2005年8月14日
2 アク・ジョル
(輝く道)
第1期 2005年8月14日 2009年7月23日
第2期 2009年7月23日 2010年4月7日[3]

ローザ・オトゥンバエヴァ
Роза Исаковна Отунбаева
Roza Otunbaeva.jpg キルギス
社会民主党

(SDPK)
暫定
政権
2010年4月7日[4] 2010年5月19日
2010年5月19日[5] 2010年7月3日
3 技術
政府
2010年7月3日[6] 2011年12月1日
4 アルマズベク・アタンバエフ
Алмазбек Шаршенович Атамбаев
2012-03-20 Almazbek Atambayev.jpeg キルギス
社会民主党
(SDPK)

[7]
2011年12月1日 (現職)

脚注[編集]

  1. ^ キルギス・ソビエト社会主義共和国の初代大統領として共和国最高会議により選出。1991年8月31日、独立宣言を採択してソビエト連邦から離脱。同年10月13日、直接選挙により実施された大統領選挙にて改めて大統領に選出。
  2. ^ チューリップ革命により国外に逃亡し、政権崩壊。翌月、亡命先のモスクワで辞任を正式発表。
  3. ^ 2010年キルギス騒乱により首都から逃亡し、政権崩壊。4月15日、辞任を表明して国外へ亡命。
  4. ^ バキエフの首都脱出を受け、自らを首班とする臨時政府の樹立を宣言。
  5. ^ 同日、「暫定キルギス共和国大統領」への就任を表明。
  6. ^ 新憲法が採択され、大統領制から議院内閣制に政体移行。国民投票による信任を受け、暫定政府に代わる「技術政府」を発足。
  7. ^ 新憲法では大統領の任期は6年間で1期限りとなり、再選は禁じられた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]