ブーン・ローガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブーン・ローガン
Boone Logan
コロラド・ロッキーズ #48
20110828-0409 Boone Logan.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州サンアントニオ
生年月日 1984年8月13日(30歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 左投右打
ポジション 投手
プロ入り 2002年 ドラフト20巡目(全体600位)でシカゴ・ホワイトソックスから指名
初出場 2006年4月4日 クリーブランド・インディアンス
年俸 $4,750,000(2014年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ブーン・ローガンBoone Logan, 1984年8月13日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州サンアントニオ出身のプロ野球選手投手)。左投右打。現在はMLBコロラド・ロッキーズに所属。

略歴[編集]

2002年に、ドラフト20巡目(全体600位)でシカゴ・ホワイトソックスから指名を受け、プロ入り[2]

2006年に開幕ロースター入りを果たし、4月4日クリーブランド・インディアンス戦でメジャーデビュー。2年目の2007年には68試合に登板した。

2008年防御率5.95と不振に陥り、12月4日ブレント・リリブリッジタイラー・フラワーズら4選手との交換トレードで、ハビアー・バスケスと共にアトランタ・ブレーブスへ移籍[3]

ブレーブスでは結果を残せず、AAA級グウィネットにいる時間の方が長かった。2009年12月22日、またしてもバスケスと共にトレードでニューヨーク・ヤンキースへ移籍した。交換要員はメルキー・カブレラマイク・ダンアローディス・ビスカイーノの3名だった[4]

2010年は開幕をAAA級スクラントンで迎えたが、4月16日にDL入りした朴賛浩に代わってメジャーへ昇格。この年の防御率は自己最高の2.94だった。

2011年も前年に続いて好成績を収め、奪三振数が初めてイニング数を上回った。

2012年はリーグトップの80試合に登板。左のリリーバーとしてチーム内に確たる地位を築き上げた。

2013年10月6日に左肘の手術を行い[5]10月31日にFAとなった。12月13日コロラド・ロッキーズと3年総額1650万ドルで契約に合意したことを報道され[6]12月16日に球団が発表した[7]

2014年3月28日に前年の手術の影響で、15日間の故障者リスト入りし[8]4月3日にリハビリのため、AAA級コロラドスプリングス・スカイソックスへ異動した。4月9日に故障者リストから外れ復帰し[9]、同日のシカゴ・ホワイトソックス戦で移籍後初登板した。

プレースタイル[編集]

主な球種は、平均93マイル(約149.7km/h)前後の速球スライダー。2008年頃まではチェンジアップも投げていたが、2009年以降は全投球の95%以上を速球とスライダーの二球種が占めるようになった[10]

キャリア通算では対右打者に被打率.316、被OPS.881なのに対し、対左打者は被打率.251、被OPS.704に抑えている[11]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2006 CWS 21 0 0 0 0 0 0 1 2 ---- 93 17.1 21 2 15 2 3 15 1 0 18 16 8.31 2.08
2007 68 0 0 0 0 2 1 0 11 .667 226 50.2 59 7 20 3 0 35 2 0 30 28 4.97 1.56
2008 55 0 0 0 0 2 3 0 3 .400 197 42.1 57 7 14 3 1 42 1 0 31 28 5.95 1.68
2009 ATL 20 0 0 0 0 1 1 0 1 .500 82 17.1 21 1 9 3 1 10 0 0 12 10 5.19 1.73
2010 NYY 51 0 0 0 0 2 0 0 13 1.000 169 40.0 34 3 20 3 1 38 1 0 13 13 2.93 1.35
2011 64 0 0 0 0 5 3 0 10 .625 185 41.2 43 4 13 3 4 46 1 0 20 16 3.46 1.34
2012 80 0 0 0 0 7 2 1 23 .778 239 55.1 48 6 28 6 2 68 3 0 23 23 3.74 1.37
2013 61 0 0 0 0 5 2 0 11 .714 159 39.0 33 7 13 4 0 50 3 0 15 14 3.23 1.18
通算:8年 420 0 0 0 0 24 12 2 74 .667 1350 303.2 316 37 132 27 12 304 12 0 162 148 4.39 1.48
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注[編集]

  1. ^ Boone Logan Contracts, Salaries, Cap Hits, & Transactions” (英語). Spotrac.com. 2014年1月9日閲覧。
  2. ^ 2002 Draft Results - Round #20. The Baseball Cube(英語). 2011年11月21日閲覧
  3. ^ Braves acquire pitchers Javier Vazquez and Boone Logan from White Sox”. MLB.com (2008年12月4日). 2009年1月10日閲覧。
  4. ^ Hoch, Bryan(2009-12-22). Yanks' rotation gets stronger with Vazquez. MLB.com(英語). 2011年11月21日閲覧
  5. ^ Boone Logan has successful surgery as he heads into free agencyNJ.com
  6. ^ Rockies, Boone Logan agree to 3-year deal CBS Sports
  7. ^ Rockies sign LHP Boone Logan to a three-year deal MLB.com
  8. ^ Rockies transactions for March 28”. MLB.com Rockies Press Release (2014年3月28日). 2014年4月11日閲覧。
  9. ^ Rockies activate LHP Boone Logan from the 15-day DL”. MLB.com Rockies Press Release (2014年4月7日). 2014年4月11日閲覧。
  10. ^ Boone Logan » Statistics » Pitching | FanGraphs Baseball
  11. ^ [1]

外部リンク[編集]