ブラジルの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラジルの国章
Coat of arms of Brazil.svg
詳細
使用者 ブラジル
採用 1889年/1968年
モットー : REPÚBLICA FEDERATIVA DO BRASIL
「ブラジル連邦共和国」

ブラジル国章(ブラジルのこくしょう)は、1889年、ブラジルで革命が起き共和政が樹立された4日後の11月19日に制定された。中央のエンブレム部分を、ブラジルの主要な作物であるコーヒー(左側)とタバコ(右側)の枝が取り囲んでいる。中央には空色の円盤があり、南十字星(みなみじゅうじ座)の形に銀の星が配されている。円盤を取り囲む27個の星は、ブラジルの26の州と一つの連邦直轄区を表す。

下方の青い帯には、中央上にブラジルの正式な国名(República Federativa do Brasil、ブラジル連邦共和国)が、下には共和国が樹立された日(1889年11月15日)が書かれている。

現在の国章[編集]

連邦共和国の国章は1889年の布告第4号で制定され、1968年5月28日の法律第5443号で修正されている。国章を描くには、高さと幅の比率は15:14で、以下の各項を考慮しなければならない。

  • I - 円形のは、スカイブルー(azul-celeste)の地に5つの銀色(prata)の星を南十字星の形に配置する。円の境界(bordura)は金色で縁取り、国旗にあるのと等しい数の銀色の星で周りを囲む。
  • II - 円形の盾は、星型に切り分けられた10個の放射状の色面(gyronny)の上に置かれる。放射状の色面は、緑(sinopla)と金が交互に配され、星型の外側は二種類の線で縁取られる。内側が赤(goles)、外側が金である。
  • III - これらはの上に置かれる。剣は、刀身が白く、柄頭が金で、柄が青(blau)、中央は赤で銀色の星が中にあるように描かれる。これらは、デキスター側(盾を持つ側から見て右)に実のなっているコーヒーの枝、シニスター側(同じく左)に花の咲いているタバコの枝がつくる輪の上にある。枝葉は双方とも正しい色で、青い帯で結ばれ、20個の頂点のある星型をなす金色の輝きの上に置かれる。
  • IV - 剣の柄の上にある青い巻物の上には、金色で中央に正式国名の「República Federativa do Brasil」、デキスター側の端に「15 de Novembro」(11月15日)、シニスター側の端に「de 1889」(1889年)と書く。

ブラジル帝国の国章[編集]

ブラジル帝国の国章はペドロ1世ペドロ2世の両方が用いた。1889年のクーデターで帝政が倒されて以来、帝政時代の国章は使われない。

1822年9月18日、ブラジルの独立宣言から11日後、ドン・ペドロ王子(ブラジル皇帝ペドロ1世)は最初の国章を定めた。これは緑の盾にポルトガルの「キリスト騎士団十字」を置きその上に金色の天球儀をあしらい、天球儀の周りを青い輪と19の銀星が取り囲み、盾の上にはダイアモンドのある王冠を載せ、周りをコーヒーとタバコの枝で囲んだものだった。1822年10月12日、新生ブラジルは帝国を宣言してドン・ペドロ王子は皇帝となり、この国章は帝国国章と呼ばれるようになった。

国章の中の星の数はブラジル帝国の州の数を反映するもので、少しずつ変化した。また王冠のデザインも、当初はポルトガル国王の王冠を使い、ペドロ1世が戴冠式をした1822年12月1日から1841年までは最初の帝冠のデザインを用いた。1841年7月18日、親政を始めたペドロ2世が戴冠式を行うと、このときのために作られたより豪華な帝冠が国章にも用いられ、帝政崩壊まで使用された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]