エルサルバドルの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルサルバドルの国章
Coats of arms of El Salvador.svg
詳細
採用 1912年
モットー 西: REPÚBLICA DE EL SALVADOR EN LA AMÉRICA CENTRAL
「中央アメリカのエルサルバドル共和国」

エルサルバドル国章(エルサルバドルのこくしょう)は現在の形では1912年9月15日から使用されている。中心部はトライアングルから構成され、5つの火山から隆起している。それらは中央アメリカ連合州の5州を象徴している。火山の上には赤いフリギア帽が棒に乗って、太陽と、1821年9月15日、エルサルバドルが独立した日付の前に位置する。その上にはがある。

国章の後ろの5つの旗は中央アメリカ連邦共和国の国旗の掲揚を表現している。その下には、エルサルバドルの国の標語Dios, Unión, Libertad (西:"神、統一、自由")が書かれた巻物がある。これらは全て月桂冠に囲まれており、月桂冠は国旗の下に結ばれている。月桂冠の葉は14の異なる部分に分けられるが、これはエルサルバドルの地方行政単位である14の県を象徴している。これらは全て金文字で囲まれており、スペイン語で REPÚBLICA DE EL SALVADOR EN LA AMÉRICA CENTRAL(日本語:中央アメリカのエル・サルバドル共和国)となっている。

関連項目[編集]