アンティグア・バーブーダの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンティグア・バーブーダの国章
Coat of arms of Antigua and Barbuda.svg
詳細
使用者 アンティグア・バーブーダ
採用 1967年
サポーター シカ
モットー Each endeavouring, all achieving
各々の努力が全体の成功へ

アンティグア・バーブーダ国章(アンティグア・バーブーダのこくしょう)は、1966年にゴードン・クリストファーによってデザインされ、1967年2月16日に正式に採用された。国章のシンボルはアンティグア・バーブーダの国旗よりも複雑だが、多くの要素が類似している。

国章の最上部には、島で採れるパイナップルが描かれている。の周りにも様々な植物が見られるが、全てこの国に豊富にあるもので、赤いハイビスカスサトウキビユッカが描かれている。盾を支えているのは、島の自然を象徴する2匹のシカである。

盾には、国旗にも描かれている、太陽が青と白の海から昇る場面が描かれている。太陽は新しい始まりを象徴し、黒い背景は国民の多くがアフリカ出身であることを表している。盾の下部、描かれた海の前には、模式的な製糖所が描かれている。

国章の最下部には、国の標語である「Each endeavouring, all achieving(各々の努力が全体の成功へ)」という言葉が書かれたリボンが置かれている。

関連項目[編集]