メキシコの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メキシコ合衆国の国章
Coat of arms of Mexico.svg
詳細
使用者 メキシコ
採用 1968年9月16日

メキシコ国章(メキシコのこくしょう)は、湖に突き出た岩に生えるサボテンに立つを咥えているもので、アステカ伝説に由来するデザインを持つ。1968年9月16日に制定された。

現在のデザインはメキシコ出身の画家フランシスコ・ヘッペンス・ヘルゲラによるものだが、蛇を咥えた鷲はアステカ皇帝が好んで使った図柄でもあり、独立以前からほぼ一貫して国章に使われた意匠である。

構成[編集]

  • サボテンに立つ蛇を咥えた鷲は、アステカの民が首都を決めるために、ウィツィロポチトリ神の神託により「サボテンの上に蛇を食らう鷲がいる土地」を探して200年の間彷徨った伝説に由来する。アステカの民はテクシココ湖で神託に適う土地を発見し、テノチティトラン(現在のメキシコシティ)を建設した。貨幣や国旗にはもちろんチナ・ポブラナと言われる独立記念日に着られる民族衣装のスカートにもデザインされることがある。
  • 鷲の下には、力を表す樫の枝と勝利を表す月桂樹の枝を国旗の色のリボンで結んだリースが描かれている。

関連項目[編集]