ブチヒゲカメムシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブチヒゲカメムシ
Dolycoris baccarum
Dolycoris baccarum
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
上目 : Condylognatha
: カメムシ目 Hemiptera
亜目 : カメムシ亜目 Heteroptera
下目 : カメムシ下目 Pentatomomorpha
上科 : カメムシ上科 Pentatomoidea
: カメムシ科 Pentatomidae
亜科 : カメムシ亜科 Pentatominae
: Carpocorini
: Dolycoris
: ブチヒゲカメムシ D. baccarum
学名
Dolycoris baccarum
(Linnaeus1758)
シノニム

Dolycoris baccalum
(Linnaeus1758)[1]

英名
sloe bug

ブチヒゲカメムシ学名: Dolycoris baccarum)は、カメムシ目カメムシ科昆虫カメムシの一種。

形態・生態[編集]

幼虫の食草マメ科キク科ダイコンゴマニンジンゴボウイネなど[2]

北海道中央部では5月から6月と10月に年2回見られるが、東部では一部が年2回、一部は年1回発生する[3]。東北地方では年2回[4]、西日本では年3回である。秋・冬の休眠は基本的に日照時間に左右されるが、気温も影響している。北海道東部の常呂町と西日本の大阪市では反応する日照時間に2時間以上の差がある[5]

夏にはアカヒョウタンハリバエに寄生される。このヤドリバエはカメムシ成虫の体内で発育した後、瀕死の寄主を出て蛹になる。1983年に盛岡市の野外で採集された個体(計42頭)は、6・7月に15%、8月に30%とかなりの高率で寄生されていたが、9月には寄生されたものがなかった。これだけの率で成虫の死因になっているということである[6]

分布[編集]

ヨーロッパから日本までの旧北区に分布する。日本では北海道本州四国九州朝鮮半島中国も含む。[1]

人間との関わり[編集]

カメムシ類が未熟な米、豆、野菜の種から吸汁すると、変色した成長不良な実が生じる。ブチヒゲカメムシではダイズイネゴマトマトニンジンネギゴボウの被害が知られている [7]

ブチヒゲカメムシは、ダイズの豆を吸汁する際に Eremothecium coryli という菌に感染させ、ダイズ子実汚斑病を引き起こす。2006年に京都府亀岡市で採集された成虫16匹のうち7匹が問題の菌を持っていたが、80%を超えるホソヘリカメムシと比べれば率は低かった[8]。網で区切ったダイズ畑に成虫を放す実験では、加害粒数ではホソヘリカメムシと変わらなかったが、被害の程度はホソヘリカメムシより小さかった[9]

また、イネの米を吸収して斑点米を作る[10]。米の場合、被害程度が軽くても斑点米まじりの米では商品価値が下がった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日本産昆虫学名和名辞書(DJI)”. 昆虫学データベース KONCHU. 九州大学大学院農学研究院昆虫学教室. 2012年8月17日閲覧。
  2. ^ 札幌の昆虫
  3. ^ Nakamura and Numata "Effects of photoperiod and temperature on the induction of adult diapause in Dolycoris baccarum (L.) (Heteroptera: Pentatomidae) from Osaka and Hokkaido, Japan", p108.
  4. ^ 本田健一郎「ブチヒゲカメムシに寄生するアカヒョウタンハリバエについて」78頁。
  5. ^ Nakamura and Numata "Effects of photoperiod and ...", p108-109.
  6. ^ 本田健一郎「ブチヒゲカメムシに寄生するアカヒョウタンハリバエについて」78-79頁。
  7. ^ 『日本原色カメムシ図鑑』(陸生カメムシ類)273頁、287-288頁。Nakamura and Numata "Effects of photoperiod and ...", p105.
  8. ^ 木村重光ほか「ホソヘリカメムシ、アオクサムシ、イチモンジカメムシおよびブチヒゲカメムシによるダイズ子実汚斑病(仮称)病原菌 Eremothecium corli の保菌および媒介」15頁。
  9. ^ 河野哲「カメムシ3種によるダイズ子実被害の解析」129頁、131-133頁。
  10. ^ 『日本原色カメムシ図鑑』(陸生カメムシ類)273頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]