フアン・マヌエル・サントス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フアン・マヌエル・サントス
Juan Manuel Santos
Juan Manuel Santos 59 Presidente de Colombia.jpg

コロンビアの旗 コロンビア共和国
第57代大統領
任期 2010年8月7日
副大統領 アンジェリーノ・ガルゾン (en

任期 2006年7月19日2009年5月18日
元首 アルバロ・ウリベ大統領

任期 2000年8月7日2002年8月7日
元首 アンドレス・アランゴ大統領

出生 1951年8月10日(63歳)
コロンビアの旗 コロンビアボゴタ
政党 全国統一社会党
配偶者 マリア・クレメンシア・ロドリゲス

フアン・マヌエル・サントス・カルデロンJuan Manuel Santos Calderón1951年8月10日 - )はコロンビアの政治家。現在、同国大統領(第57代)。

妻マリア・クレメンシアとの間に2人の息子と1人の娘がいる。

生い立ち[編集]

1951年にコロンビアの首都ボゴタに生まれる。父親のエンリケ・モンテホ・サントスはコロンビアの有力紙[1]エル・ティエンポの元編集長。コロンビアの第38代目大統領エドゥアルド・サントスとは血縁者にあたる。

アメリカのカンザス大学に留学し経済学とビジネスを専攻、1973年に卒業。 イギリスのロンドン・スクール・オブ・エコノミクス大学院やハーバード大学大学院に留学経験があり、公共経営学などを学び帰国後はエル・ティエンポに入社した。

政治家として[編集]

2000年から2002年までは財務大臣を、ウリベ政権下では2006年から2009年まで国防大臣を務めゲリラの掃討に力を入れる。

2010年の大統領選挙に立候補し、6月20日の決選投票で対立候補のアンタナス・モクス元ボゴタ市長を破り当選。8月7日に正式に就任した。就任後すぐの8月11日、ウリベ前政権下で断絶状態となっていた隣国ベネズエラと国交を回復することで合意した[2]が、依然として不安定な状況が続くとみられている[3]

2014年6月15日に施行されたコロンビア大統領選挙の決選投票にて50.95%の得票率を獲得して再選を果たした。これにより引き続き2期目の大統領職を務めることとなる[4]

コロンビア国内での評価[編集]

  • メディアからは「大統領就任をプログラムされたサイボーグ」と呼ばれている[1]

著作[編集]

脚注[編集]


公職
先代:
アルバロ・ウリベ
コロンビアの旗 コロンビア共和国大統領
第57代:2010 -
次代:
(現職)