ヒカゲノカズラ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒカゲノカズラ科 Lycopodiaceae
Lycopodium complanatum nf.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: ヒカゲノカズラ植物門 Lycopodiophyta
: ヒカゲノカズラ綱 Lycopodiopsida
: ヒカゲノカズラ目 Lycopodiales
: ヒカゲノカズラ科 Lycopodiaceae
学名
Lycopodiaceae
和名
ヒカゲノカズラ科

ヒカゲノカズラ科(ヒカゲノカズラか、学名Lycopodiaceae)は、シダ植物ヒカゲノカズラ植物門に含まれる植物の分類群である。シダというより、むしろ巨大なコケのような姿の植物である。

特徴[編集]

ヒカゲノカズラ科は熱帯を中心に世界中で200種ほどが知られる植物群である。日本ではヒカゲノカズラトウゲシバが普通に見られる他、約20種が知られる。

様々なものがあるが、基本的な特徴は以下の通り。

  • 茎は細長くて硬く、周囲に葉を螺旋状につける。
  • 葉は針状から楕円形の小葉で、葉脈は主脈のみ。
  • 胞子のうは胞子葉の上面基部につく。
  • 胞子葉は茎にまばらにつくか、先端にまとまってつく。

これらの特徴はイワヒバ科とも共通する部分が多いが、イワヒバ科では茎が腹背に分かれて、葉が側面と背面で形を変えるものが多い。また、ヒカゲノカズラ科にはない担根体を持っているのもイワヒバ科の特徴である。

ヒカゲノカズラなどでは胞子葉は特に分化した茎の先端部に集合し、外見上でもはっきり区別がつくが、ミズスギでは普通の茎の先端にやや見分けのつく穂ができる程度、トウゲシバでは胞子葉は他の葉と区別できず、見かけ上は茎の一部に胞子のうが単についているだけである。

分類[編集]

「BG Plants 和名−学名インデックス」[1]による。

ヒカゲノカズラ属のものの形には大ざっぱに見て3つの形がある。それぞれ日本産の代表的なものを挙げる。

なお、この類を細分する説もある。例えば属そのものを細分した上で、上の二群をコスギラン科に、後の群をヒカゲノカズラ科に分ける説などがある。元々ヒカゲノカズラ植物門に属する現生種はかなり少なく、ごくまとまった数少ない系統だけが現存しているので、現生の他の植物との違いが大きく、見かけでまとめるのが容易だったからと思われる。因みに、この類はかつて古生代に栄えた植物群とされており、化石種ではリンボクフウインボクもヒカゲノカズラ植物門に分類されている。

分布[編集]

ヒカゲノカズラ科の植物は広域分布種が多く、日本産のもので日本固有種は皆無である。寒地のものはヨーロッパや北アメリカと共通のものが多く、南方のものは東南アジアと共通のものや、熱帯に広く分布するものが多い。

利用[編集]

ヒカゲノカズラは長い茎を蔓として利用したり、緑の柔らかなふさふさした感触を装飾用としたりすることがある。また、金魚の産卵巣に使う例もある。

着生植物になるものは、観賞用に栽培されることがある。そのため、日本産のものは、そのほとんどが稀少である。

脚注[編集]