武田久吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

武田 久吉(たけだ ひさよし、: Hisayoshi Takeda1883年3月2日 - 1972年6月7日)は、日本の植物学者登山家

略歴[編集]

東京都出身。イギリス外交官アーネスト・サトウ(Sir Ernest Mason Satow)と日本人の武田兼との間に生まれた次男。東京外国語学校で語学を学び、1910年にイギリスに留学、キューガーデンで植物学の研究を始めた。1913年帰国、1915年、再び渡英しバーミンガム大学で研究し、1916年、色丹島の植物の研究で植物学の博士号を得た。1916年京都大学臨湖実験所の講師、1920年北海道大学講師、1928年から1939年まで京都大学の講師を務めた。[1]

各地の山を登り高山植物の研究を行い、尾瀬の保護に努めたことから「尾瀬の父」と呼ばれている[2]

1905年明治38年)に日本山岳会を創立。第6代日本山岳会会長と初代日本山岳協会会長、日本自然保護協会会長を歴任した。

1970年(昭和45年)に秩父宮記念学術賞を受賞。

1972年6月7日、死去。89歳没。

家族[編集]

妻の直との間に娘が二人いる[3]

主な著書[編集]

  • 『尾瀬』
  • 『尾瀬と鬼怒沼
  • 『原色高山植物図鑑』
  • 『民俗と植物』

参考文献[編集]

  1. ^ 『プラントハンター ヨーロッパの植物熱と日本』白幡洋三郎 (著) (講談社選書メチエ) ISBN 4062580063
  2. ^ 尾瀬の父が歩いた道<1>金精峠 読売新聞
  3. ^ 尾瀬の父が歩いた道 山行編<5>二女・林静枝さんに聞く 読売新聞

外部リンク[編集]