パニーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パニーノの例。この例ではパンを焼かず具材にプロシュットルッコラ、ボッコンチーニ(モッツァレッラに似たナポリ原産のフレッシュチーズの一種)を使い、ニンジンとオリーブを添えている。

パニーノ (Panino) は、パンで具材を挟んだイタリア料理軽食。パンを意味する単語パーネ (pane) に縮小辞「-ino」を付けた語である。正しくは「フィリングを詰めたパニーノ」という意味のパニーノ・インボッティート(panino imbottito)という。 ちなみにパニーノは単数形で、複数形はパニーニ (panini) と言う。

イタリア語ではハンバーガーホットドッグも含むパンで具材を挟んだ軽食つまり広義のサンドイッチの意味である。ただし、パンを薄く切り間に具材を挟んだ物はトラメッツィーノ(tramezzino)と区別する。狭義ではサンドイッチやハンバーガーを除き、チャバッタロゼッタなど伝統的なイタリアのパンに具材を挟むものをさす。

バールなどではショーケースに陳列されているほか、各種食材店でもその場で作ってくれる店がある。具材は、トマトモッツァレッラなどのチーズハムローストビーフなどの肉製品の薄切り、レタスなどの野菜を組み合わせる。 マヨネーズケチャップマスタードは基本的に用いない。

ホットサンドメーカーを使って表面をグリルしたパニーノは、イタリアでは俗にトースト(toast)と呼ばれる。食パンの一種パーネ・イン・カッセッタ(pane in cassetta)の薄切りが用いられ、プロシュットプロセスチーズをはさむことが多い。

イタリア国外のパニーノ[編集]

日本では、イタリアで食べられているような印象の具材をそれっぽい味付けをしてパンに挟んだサンドイッチがパニーノと呼ばれる。理由ははっきりしていないが、白っぽい薄目のパンを用いて、注文後に焼いてパンにこげ目を付けた物を指すことが多い。セガフレード・ザネッティドトールコーヒーショップなどのコーヒー店のメニューにある(イタリア語の意味では「ミラノサンド」もパニーノである)。 また、店により単数形パニーノと複数形パニーニの表記が異なるが、一人前が複数個である事を意味していない。

アメリカ合衆国でも、イタリア風のパンを薄く切ったものに具をはさんで焼き、パンにこげ目を付けた物として知られ、単数でもパニーニと呼ばれる。

関連項目[編集]