バンレイシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バンレイシ
Annona squamosa Blanco1.192.png
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: モクレン目 Magnoliales
: バンレイシ科 Annonaceae
: バンレイシ属 Annona
: バンレイシ A. squamosa
学名
Annona squamosa L.
和名
蕃茘枝、釈迦頭
英名
Sugar-apple
Sweetsop

バンレイシ(蕃茘枝)はバンレイシ科バンレイシ属の植物またはその果実。別名釈迦頭(しゃかとう)。

名称[編集]

英語ではsugar apple(シュガーアップル)。中国語では「蕃荔枝」(ファンリージー、拼音: fānlìzhī注音: ㄈㄢ ㄌㄧˋ ㄓ台湾語 ホワンナイチー、hoan-nāi-chi)、「釋迦」(シーチャー、拼音: shìjiā)、注音: ㄕˋ ㄐㄧㄚ、台湾語 シェッキャ、sek-khia)、「佛頭果」(フォートウグオ、拼音: fótóuguǒ注音: ㄈㄛˊ ㄊㄡˊ ㄍㄨㄛˇ,台湾語 フッタウコー、hu̍t-thâu-kó)などという。タイ語ではノイナー(น้อยหน่า)、ベトナム語ではナー(na)、インドネシア語ではスリカヤ(Srikaya)と呼ばれる。アムハラ語(エチオピア)ではグシュタフ

植物学上の特徴[編集]

食べ頃のバンレイシ(釈迦頭)

原産地は西インド諸島ペルーなど中南米。樹木は多年生落葉性低木で6-8mに成長する。単葉互生葉柄がある。花期は4月から6月で、薄緑色の花が咲く。

果実の表面は緑色で凹凸があり、変色した黒い斑点がある。形状が螺髪を持つ仏像の頭部に見えることから釈迦頭とも呼ばれる。熟すと黒い斑点が増え、表面の凹凸は鱗のように一枚ずつが剥がれ、そこに果肉が付着している。果肉は白いシャーベット状、クリーム状で、中に大豆ほどの大きさの黒い種子が複数入っている。味は非常に甘味が強く、ねっとりした果肉の中にジャリジャリとした砂糖の粒を噛むような食感がある。このジャリジャリした歯ざわりは、果肉中にと同じ石細胞が多く含まれているためである。英名のSugar-appleはこの食感から付けられた。流通は完全に熟さない状態で出荷され、固い状態であるが食べごろに熟すと短期間に果肉がシャーベット状からクリーム状になり崩れ易い。運搬には細心の注意が必要であり、また長期の保存と運搬に向かない理由から、日本にはほとんど輸入されていない。

分布と栽培[編集]

原産地の中南米の他、アメリカ合衆国ではフロリダ州で栽培されている。

タイベトナムフィリピンインドネシアなど東南アジアでも広く栽培されている。

台湾には17世紀、オランダ人によって持ち込まれた。台湾東部の台東県花蓮県の名産品。7月から翌年1月にかけてが収穫期であり、年に2回収穫できる木もある。生食用の果実として出荷される他、アイスクリームの副原料としての需要もある。

中国では広東省広西チワン族自治区海南省で栽培されている。中国への移入は19世紀にタイ華僑が広東省東部の澄海県で栽培したのが最初といわれる。

日本では沖縄県の一部でわずかに栽培されている。

その他[編集]

釈迦頭と同じ果実の形状だが、果皮の色が赤紫色の品種がレッドアテス、red sugar-appleなどの名前で流通している。世界的にも栽培量が少ないことからか、あまり青果市場には流通していないようである。学名は釈迦頭と同じなので、釈迦頭の改良品種か突然変異種のようである。

左:台湾の鳳梨釋迦(atemoya);右:普通の釈迦頭(甜蕃茘枝、sweetsop) 
赤紫色の品種レッドアテス 

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 鄭武燦・國立編譯館編、『臺灣植物圖鑑』p289、2000、茂昌圖書有限公司、ISBN 957-8981-61-9

外部リンク[編集]