ギュウシンリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギュウシンリ
Annona reticulata Blanco1.197-cropped.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : モクレン亜綱 Magnoliidae
: モクレン目 Magnoliales
: バンレイシ科 Annonaceae
: バンレイシ属 Annona
: ギュウシンリ Annona reticulata
学名
Annona reticulata
和名
ギュウシンリ(牛心梨)
カスタードアップル
英名
Custard-apple
Bullock's heart
Bull's heart

ギュウシンリ(Custard-apple、学名:Annona reticulata)は、バンレイシ科バンレイシ属の植物である。

名称[編集]

果実心臓に見えることから、和名のギュウシンリ(牛心梨)と英語名のBullock's heartが付いた。英語の別名であるCustard-appleにならいカスタードアップルとも呼ばれる。チェリモヤアテモヤなどバンレイシ属全般の果樹を Custard-apple の名で呼ぶ場合もあるが、正確にはこの Annona reticulata を指す名称である。

植物学上の特徴[編集]

原産地は西インド諸島中央アメリカである。移植により東南アジア台湾インドオーストラリア西アフリカなど広範囲で栽培、自生している。低木で8mほどに成長する。7cmほどの薄い赤色の果実を実らせる。直径2-3cmほどの黄緑色の花を咲かす。果実の生食は可能であるが、他のバンレイシ属の果実と比較し食味が劣る[1]ため、一般に流通していない。

カスタードアップルの原産地
ギュウシンリの果実 
果実の断面 

脚注[編集]

  1. ^ 「世界の食用植物文化図鑑」p92 バーバラ・サンティッチ、ジェフ・ブライアント著 山本紀夫監訳 柊風舎 2010年1月20日第1刷