ネルー・ガーンディー・ファミリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1927年頃の家族写真。前列の中央がモティラル英語版、右がカマラ英語版。後列の一番左より右から2番目にかけてジャワハルラルヴィジャヤ英語版クリシュナ英語版インディラ
1949年1月13日撮影。ジャワハルラル、インディラ、ラジヴサンジャイ
1961年撮影。インディラとジャワハルラル
アラハバードにある一族の先祖代々の生家、「アナンダ・バーヴァン英語版

ネルー・ガンディー・ファミリーは、主にインド国民会議(INC)を担ってきたインドの著名な政治王朝である。

概要[編集]

1947年のイギリス支配からの独立以降の最初の65年のうち、合わせて約37年間にわたって首相を務めてきた[1]ザ・ガーディアン紙は同じく悲劇に彩られたケネディ家と対比し、「ネルー・ガンディーのブランドは世界で他に類を見ないほどである」と評した[2]

ジャワハルラル・ネルーの娘、インディラ・ネルーはフィローズ・ガンディーマハトマ・ガンディーとは血縁関係は無い)と結婚した後に、インディラ・ガンディーと名前を変更した[3]

家系[編集]

第一世代[編集]

第二世代[編集]

第三世代[編集]

第四世代[編集]

第五世代[編集]

第六世代[編集]

肖像写真[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 山田剛 (2012年12月28日). “山田剛のINSIDE INDIA”. JCER.or.jp. 2015年1月12日閲覧。
  2. ^ The making of the Gandhi dynasty” (英語). Theguardian.com (2007年5月9日). 2015年1月12日閲覧。
  3. ^ Lyon(2008年) p.64
  4. ^ History of Delhi Police” (英語). Delhipolice.nic.in. 2015年1月12日閲覧。
  5. ^ a b Rau(1967年) p.7
  6. ^ a b c d Pandit Motilal Nehru (1861-1931), President- Amritsar, 1919; Calcutta, 1928” (英語). Congresssandesh.com. 2015年1月12日閲覧。
  7. ^ Trust(1989年) p.124
  8. ^ Paliwal(2006年) p.7
  9. ^ Congress(2008年) p.215
  10. ^ Community - Prominent Kashmiris” (英語). Kecss.org. 2015年1月12日閲覧。
  11. ^ Sonia(2004年) p.xxii
  12. ^ a b Frank R. Moraes. “Jawaharlal Nehru” (英語). Britannica.com. 2015年1月12日閲覧。
  13. ^ a b Kamala Nehru” (英語). Iloveindia.com. 2015年1月12日閲覧。
  14. ^ Vijaya Lakshmi Pandit” (英語). Encyclopedia.com. 2015年1月12日閲覧。
  15. ^ Clear-Eyed Sister” (英語). TIME.com (1955年1月3日). 2015年1月12日閲覧。
  16. ^ ANAND(2014年) p.117
  17. ^ Governors of Gujarat: details of the life sketch of BK Nehru” (英語). Rajbhavan.gujarat.gov.in. 2015年1月12日閲覧。
  18. ^ a b A forgotten patriot” (英語). Thehindu.com (2002年10月20日). 2015年1月12日閲覧。
  19. ^ 1966: Indira Gandhi takes charge in India” (英語). BBC.co.uk. 2015年1月12日閲覧。
  20. ^ 1984: Indian prime minister shot dead” (英語). BBC.co.uk. 2015年1月12日閲覧。
  21. ^ Nayantara Sahgal” (英語). Mussooriewriters.com. 2015年1月12日閲覧。
  22. ^ Rasheed Kidwai (2013年7月27日). “Death bridges a bitter family divide” (英語). Telegraphindia.com. 2015年1月12日閲覧。
  23. ^ Mansingh(2006年) p.233
  24. ^ Sharma(2011年) p.63
  25. ^ a b Sonia Gandhi” (英語). Britannica.com. 2015年1月12日閲覧。
  26. ^ Hussain(2009年) p.6
  27. ^ Katherine Frank (2004年8月23日). “What If Sanjay Gandhi Had Survived The 1980 Air Crash?” (英語). Outlookindia.com. 2015年1月12日閲覧。
  28. ^ a b About Maneka Gandhi” (英語). Elections.in. 2015年1月12日閲覧。
  29. ^ Raj Singh (2015年1月4日). “10 facts to know about Robert Vadra, the stylish son-in-law of Congress president Sonia Gandhi” (英語). Indiatvnews.com. 2015年1月12日閲覧。
  30. ^ Rahul Gandhi” (英語). Timesofindia.indiatimes.com. 2015年1月12日閲覧。
  31. ^ Rahul Gandhi gets bigger role in Congress, appointed party vice-president” (英語). Timesofindia.indiatimes.com (2013年1月19日). 2015年1月12日閲覧。
  32. ^ インド国民待望のカリスマ主婦 インディラ元首相の再来とも”. 47news.jp (2009年5月12日). 2015年1月12日閲覧。
  33. ^ Chand(1991年) p.8
  34. ^ 5 facts about Varun Gandhi, BJP's youngest general secretary” (英語). Firstpost.com (2013年3月31日). 2015年1月12日閲覧。

参考文献[編集]

  • Peter Lyon (2008年) (英語). Conflict Between India and Pakistan: An Encyclopedia (Roots of Modern Conflict). ABC-CLIO. ISBN 978-1576077122. 
  • M. Chalapathi Rau (1967年) (英語). Nehru for Children. Children's Book Trust. ISBN 978-8170110354. 
  • Om Prakash Paliwal (2006年) (英語). Rameshwari Nehru, Patriot and Internationalist. ミシガン大学. 
  • Indian National Congress (2008年) (英語). 100 glorious years: Indian National Congress, 1885-1985. ミシガン大学. 
  • Unknown (1989年) (英語). Our Leaders. Children's Book Trust. ISBN 978-8170118428. 
  • RAGHUBIR LAL ANAND (2014年) (英語). IS God DEAD?????. Partridge Publishing. ISBN 978-1482818239. 
  • Sonia ( Ed.) (2004年) (英語). Two Alone , Two Together : Letters Betwe. Penguin Books India. ISBN 978-0143032458. 
  • Surjit Mansingh (2006年) (英語). Historical Dictionary of India. Scarecrow Press. ISBN 978-0810865020. 
  • Vishwamitra Sharma (2011年) (英語). Famous Indians of the 20th Century. V&S Publishers. ISBN 978-8192079684. 
  • Yasir Hussain (2009年) (英語). Congress Voted to Power Why?. Epitome Books. ISBN 978-9380297019. 
  • Attar Chand (1991年) (英語). Rajiv Gandhihis Mind and Ideology. Gyan Publishing House. 

関連項目[編集]