ネバーエンディング・ストーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ネバーエンディング・ストーリー』(Die unendliche Geschichte / The Neverending Story)は、映画及びテレビドラマのタイトルである。

原作はミヒャエル・エンデの『はてしない物語』だが、原作の趣があるのは1作目だけである。また、その1作目もオリジナルの話とは終わり方が異なっている。

ネバーエンディング・ストーリー[編集]

原題 (Die unendliche Geschichte) 。1984年西ドイツアメリカで制作・公開された映画。日本では1985年3月16日に公開された。制作費2700万ドル。当初ディズニーに資金のバックアップを求めていたが交渉が決裂し、結果的に提携相手がワーナーとなる。ワーナーは監督の変更を希望するなどテコ入れ要望が多く、映画のヒットと原作改変の両面に大きく影響を残した。

音楽監督のロバート・ハザウェイは、アトレーユ役のノア・ハザウェイの父親。日本公開時でのキャッチコピーは「さぁ、オメガファンタジーの旅へ!」「M・エンデの世界的ベストセラーを映像化、ファンタジックSFX超大作!」。

ストーリー[編集]

主人公、バスチアンはいじめられっ子で、母を亡くしてからは父親と2人だけの寂しい生活を送っていた。そんなある日、いじめっ子から逃げるために飛び込んだコレアンダー書店で彼は不思議な本「ネバーエンディング・ストーリー」と出会う。本を読むと物語の主人公になれる、本の世界に籠にも乗れる、だから本が好きだと力説する彼に書店の主は「だが、それらの本は読み終われば現実に戻される。この本は危険だ。」と止めるが、どうしても読んでみたいバスチアンはこっそりとその本を盗んでしまった。

学校をサボって本を読み始めたバスチアンはネバーエンディング・ストーリーの世界に浸り始める。内容は、虚無による崩壊の危機に瀕した世界ファンタージェンを救うため、草原の勇者アトレイユが旅立つといった冒険小説だった。物語に胸躍らせるバスチアンだったが、徐々に奇妙な現象が彼とアトレイユを繋げていく。

2つ存在する映画[編集]

オリジナルは西ドイツで公開されたDie unendliche Geschichteという2時間の長編である。こちらも役者・シナリオ共にワーナー側のテコ入れが入っているが、音楽面ではテコ入れが行われず主題歌が存在しない。

北米日本での公開版では更なるテコ入れが入り、30分程のシナリオカットとジョルジョ・モロダーによる楽曲の変更が行われた。そしてイギリスロックバンドカジャ・グーグーの元ボーカルリマールの主題歌が追加、結果としてこのワーナー主導による改変が映画のヒットに大きく貢献する事となる。

原作者との確執[編集]

原作者ミヒャエル・エンデとの裁判騒動の発端は、契約書の見落としが原因だったと言われている。エンデの当初の要望は、監督は黒澤明に任せ、撮影はヨーロッパ、役者は皆ドイツ人で揃える、異世界の姫君である「幼ごころの君」役の女優だけは日本の白装束を着た少女であるべきという内容だったと言われている。重要な役回りの強大な竜「ファルコン」については、可愛らしいドラゴンではなく、中国の伝説の龍のような神秘的な存在にすべきと考えていたらしい。しかし結果的に契約の失敗のせいで、エンデは原作者でありながらスタジオ見学も許されない不遇を受ける事となった。

決裂を決定的とする上で致命的だったのは、映画のラストシーンが、エンデの意図とは正反対であることである。映画の主人公バスチアンは、本の世界「ファンタージェン」の力を借りて、現実世界のいじめっ子に仕返しをする。エンデはこれについて真剣に腹を立て「このシーンをカットして欲しい」と告訴に踏み切る事となった。裁判の結果は、エンデの敗訴となり、「ミヒャエル・エンデ」の名前をオープニングから外す事で、なんとか和解した。

後にミヒャエル・エンデは、「ファンタージェンを破壊するために悪の人狼が脚本を書き、映画にした」「原作の前半だけを映画にしても意味がない」などと多くの批判を残すことになった。ただし、第2章公開の際には「あの映画をきっかけに原作を買ってくれたお客さんも多かったし、原作を読んでもらえるなら宣伝映画として苦痛も和らいだ」と多少評価を持ち直した。完全にオリジナルストーリーである続編2・3についてはバスチアンが夢に頼らないため苦言を呈していない。

スタッフ[編集]

公式タイアップソング:羽賀研二

キャスト[編集]

1作目のVHS/DVD日本語吹替え版は主人公の排他的なセリフが穏やかに改変されており、受け手の印象を大きく変える意訳になっている。2作目以降は翻訳がプロセンスタジオに変わったためスラングも字幕版同様に忠実に訳されるようになった。

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 TV版
バスチアン バレット・オリバー 浪川大輔
アトレーユ ノア・ハザウェイ 戸田恵子 佐々木優子
幼ごころの君(女王) タミー・ストロナッハ 荘真由美 玉川紗己子
ファルコン アラン・オッペンハイマー 石田太郎 黒沢良
グモルク 石田弦太郎
ロックバイター 飯塚昭三 大平透
カール・コンラート・コリアンダー トーマス・ヒル 阪脩 藤本譲
ティーニー・ウィーニー ディープ・ロイ 小島敏彦 千田光男
ナイト・ホブ ティロ・プラックナー 田の中勇
カイロン モーゼス・ガン 吉水慶 千葉耕市
エンギーウック シドニー・ブロムリー 上田敏也 槐柳二
ウルグル パトリシア・ヘイズ 鈴木れい子 京田尚子
バスチアンの父親 ジェラルド・マクレイニー 小島敏彦 阪脩
モーラ 片岡富枝 遠藤晴
お告げ所の声 駒塚由衣 此島愛子

このTV版の音源は、DVD化されなかったが、2013年9月4日に、ブルーレイ「ネバーエンディング・ストーリー エクステンデッド版」(Disc 1ではエクステンデッド版、Disc 2ではインターナショナル公開版)が発売された。そのため、ソフト版とTV版によるダブル日本語吹き替え音声(Disc 2のみ)である。

サウンドトラック[編集]

その他[編集]

アトレイユ役のノア・ハザウェイは撮影中に2度死にかけた。沼のシーンでは実際に沼に飲まれ、呼吸が止まったという。もう1つは乗馬のシーンで落馬して馬に蹴られそうになったという。

ネバーエンディング・ストーリー 第2章[編集]

原題(THE NEVERENDING STORY II THE NEXT CHAPTER)。1989年アメリカドイツで制作され1990年に公開された映画。日本では1990年12月14日に公開された。制作費3600万ドル。原作者と和解し、スタッフ・キャスト・設定共に大きく変更された、ややリメイク寄りの続編である。日本でのコピーは「想像の翼にのり少年がふたたびファンタジアに旅だった時、いま新たな冒険がはじまる」「ファンタジアをおおう光と影! 善と悪が果てしなく闘うSFXアドベンチャー!」。

ストーリー[編集]

かつてバスチアン少年は人々の夢の世界ファンタジア(ファンタージェン)へと繋がるネバーエンディングストーリーという本に出会い、ファンタジアのリ・クリエイションによって「虚無」の侵略から世界を救った。しかし自分の心が作った新たな世界を旅する前に現実に戻ってしまった彼は、心の深層にある母を失った悲しみといじめられっ子としての弱さと対面していないため臆病な少年のままだった。そんな彼は勇気がでる方法を求め前作で本と出会ったコレアンダー書店に立ち寄り、そこで再びネバーエンディングストーリーと出会う。未解決のままだった本の世界はどんどん文字が消え「空虚」化という危機に瀕していた。バスチアンは再びファンタジアへと旅立ち空虚と戦う。しかし、彼が与えられた何でも願いが叶うオーリン(アウリン)という武器には、欲望が何でも叶う事は過去の思い出が不要になる事であり、いつかは彼の心の最後に残った本当の願いまで空っぽになってしまうという問題があった。一方バスチアンの父は息子が行方不明になった事で街中を探し回り、本の世界ファンタジアの中にいる事に気付く。二人きりの親子が本当に望んでいた願いは何か、その願いこそが勇気をもたらすのでは……。

概要[編集]

前作から5年経ち、キャストが成長してしまったため、登場人物がコレアンダー役のトーマス・ヒル以外一新された。この変更は批判意見が多く、3作目でややヒロインが前作に近いイメージに修正される事になる(第2章の劇画イラストだけ幼心の君が原作者希望の白装束を着ているが本編では着ない。3では西洋的なマントを装着)。ただしアトレイユに関しては原作が緑の肌の狩猟民族なので白馬の美少年ノア・ハザウェイは完全なキャストミス。人間の子を探す任務を人間がしてしまっているためストーリーもおかしくなっている。

ドイツの物語という設定は撤廃され、主人公はアメリカ西海岸に住むブロンド少年である。なお、原作では肥満児の少年が主役で、本の世界では美少年に姿を偽る設定である。そして物語も単純明快に大きくアレンジされた。

物語の大筋とテーマは原作と最も一致しているが、肝心のストーリーが大きく異なる。原作は魔女サイーデに騙され、幼ごころの君から授かったアウリンを悪用し心を失っていく設定だが、映画では支配者の地位を狙う魔女ザイーダの「思い出マシーン」により、アウリンを使う隙をついて記憶を奪うという設定になった。 また原作ではラストシーンにのみ登場の父親が、第1作のバスチアンのような活躍をするなど、親子の絆をより重視する展開となっている。原作主人公の歪んだコンプレックスとエキセントリックさは、母親を失った傷が深い臆病な少年という設定に落ち着き、自己嫌悪からの脱出と自己啓発に至るメンタルヘルス的な展開は、人への愛を持つ事で勇気が生まれるというライトな表現に収まった。

全体的には典型的なハリウッド映画で、これには第1作をメジャー寄りに改変しヒットさせたスタッフの権力が大きい。ビジュアルデザインは原作者の友人ルドウィグ・アンゲラーに前作のウル・デ・リコから変更し童話世界に変更されたが、特撮が『バットマン』のデレク・メディングスでアクション映画寄りになっている。 主題歌は前作のヒットに大きく貢献したジョルジョ・モロダーが引き続き3曲提供、ネバーエンディング・ストーリーのテーマロックアレンジされている。

原作者が最も好意的に評価している作品で来日時に「前作で揉めて酷くなったので諦めて好きに作らせた。それでもこちらのほうが原作に近い」と、ファンタジーの再現より家族愛の映画であるべきと捉えていた事が伺える。数々のエンデ研究本で記載されているが、エンデは自分のファンタジー児童文学が現実逃避の作品として扱われている事に不快感を持っていたらしく、現実を生きるための教訓的なメルヘンを目指していたという点を考慮すればエンデが『1』と『2』で取ったスタンスが理解できる。

地上波放映版[編集]

VHS/LD/DVDとは別にテレビ局側が制作した吹き替え版が存在する。役者がまったく違うため、声優の続投等がほぼ無意味に近いが、続編という事を強調するためか放送時に前作版の主題歌をバックに「幼心の君」ナレーションの総集編が番組冒頭で流れた。現在でもこの第2章が放送される時はこの総集編が冒頭に流れる事が稀にある。だがエンディングのスタッフロールがカットされるため、本作版の主題歌が聴けない。

スタッフ[編集]

  • 監督:ジョージ・ミラー(『マッドマックス』『ベイブ』の監督とは同姓同名の別人)
  • 脚本:カーリン・ハワード
  • 制作:ディーター・ガイスラー
  • 製作総指揮:ティム・ハンプトン
  • 撮影:デイヴ・コンネル
  • 音楽:ロバート・フォーク
  • 字幕:進藤光太
  • 主題歌:ジョー・ミルナー (en:Joe Milner)
    • 「TheNeverending Story」
    • 「Dreams We Dream」
    • 「Heaven`s Just A Heartbeat」

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 TV版
バスチアン ジョナサン・ブランディス 浪川大輔 佐々木優子
アトレーユ ケニー・モリソン 高山みなみ
ザイーデ クラリッサ・バート 弥永和子 小山茉美
ファルコン ドナルド・アーサー 石田太郎
ロック・バイター コリン・グライダー 飯塚昭三
ニンブリー マルティン・ウンバッハ 富山敬
コリアンダー トーマス・ヒル 阪脩
バーニー・ブックス ジョン・ウェズリー・シップ 谷口節 江原正士
バスチアンの母 ヘレナ・ミシェル
幼ごころの君 アレクサンドラ・ジョネス 伊藤美紀 玉川紗己子
  • ソフト版
その他の声の出演:篠原恵美川田妙子森川智之梁田清之、江原正士、荒川太郎星野充昭井上喜久子松岡洋子
プロデューサー:小川政弘、演出:岩浪美和、翻訳:プロセンスタジオ、録音・調整:金谷和美、山下裕康、日本語版制作:ワーナー・ホーム・ビデオ、プロセンスタジオ

ソフト展開[編集]

ワーナーから何度も復刻された。国内でのシリーズタイトルロゴは数度の復刻を経て第2章の物に統一。

  • 1991年 東芝EMIからワーナーに販売元が移管された「1」の復刻版と一緒にVHS/LDで展開。(16080円)
  • 1995年 東宝・東和が日本での配給をした「3」公開に便乗する形で「第2章」のVHSがキッズ向けジャケットで復刻。(3800円)
  • 2002年 「1」とセットでDVD化。その後廉価レーベルから三度再発売された。(大型ケース2000円、赤・黒ケース1500円)
    • ちなみに特典映像のオリジナル予告編は、DVDオリジナルという意味で、本物ではない。本当の劇場予告はジョー・ミルナーの歌をバックに明るいノリの映像である。また「第2章」のみ海外のジャケットが異なり、サントラのシリアスなイラストになっている。

ノベライズ[編集]

原作の後半をベースにオリジナル要素が多い本作は、竹書房からノベライズ版が発売された。中途半端に原作の名詞を採用しているためファルコンやオーリンの名が登場しなかったり、Xを「ク」と読んでいるためサイーデとソビールがクサイーデとクソビールになっている。巻末では翻訳者が「エンデさんは嫌ってるけど、私は1も好きだよ。原作は読むのがしんどい」といった意見を書いている。現在絶版。

ネバーエンディング・ストーリー3[編集]

原題(THE NEVERENDING STORY III ESCAPE OF FANTASIAN)。アメリカドイツで制作され、1994年12月17日に日本で公開された映画。文部省選定映画。日本でのコピーは「PART1は<夢>の、PART2は<心>の、そして今度ははてしない愛の物語です」「さあ出発しよう!! 夢と冒険の旅へ……」。

概要[編集]

続編という事になっているが、ややパラレルワールドである。キャラクターは成長しており、バスチアンは不良達へのいじめにも立ち向かう非常に勇敢な男になっている。原作で本を返すまでの数ページを強引にアレンジしたオリジナルストーリーであり、ほぼ無関係といって良い。『2』公開時に三部作構想であると語っているが、これがその通りの続編だったかは不明である。低予算映画なため、現実の世界で着ぐるみのクリチャーが飛び出す展開であり、中学生らしいバスチアンの日常が描かれる。海外版の予告でもコメディ映画と言い切ってあるだけあってギャグが多く、カタルシス的な物も薄い。ファンタジーに引き籠もっていたバスチアンが家族やクラスメイトと完全に和解した姿が見られるのは『3』のみである。『2』では原作のようにアウリンとネバーエンディングストーリーが主人公の心を表す童話的なアイテムとして表現されていたが、今回は『1』のように現実世界の秩序と連動するガジェットとしての機能が極端に強調された。

『2』では翻訳が英語に忠実になっていたが、原作にあわせ、ファンタジア→ファンタージェン、オーリン→アウリン、バスチアン・バックス→バスチアン・バルタザール・ブックス、と『1』と同じ意訳に戻された。日本での宣伝やTV放送も『1』の主題歌を使用したが、映画本編には存在しない。発売されたタイアップCDもsealとリアル・インパクトによるダンスミュージックのカバーだった。日本未放送だがアメリカではアニメ化された。

ストーリー[編集]

かつて人の心と現実が繋がっている本の世界ファンタージェンを救った少年バスチアン。彼は成長し父の再婚相手の家へと引っ越すが、再婚に納得していない新しい妹ニコールや新しい学校の不良達のいじめに四苦八苦する。だが不注意から不良達に本を奪われファンタージェンの世界は「悪意」という新たな危機を迎える。不良達の邪な心が本の内容を破壊し、ファンタージェンの崩壊が現実世界の人々の心に逆流する現象が起き始めた。バスチアンは現実を舞台に不良達に立ち向かう。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 TV版
バスチアン ジェイソン・ジェイムズ・リクター 草尾毅 鳥海勝美
ニコール メロディ・ケイ 久川綾 坂本真綾
コリアンダー フレディ・ジョーンズ 飯塚昭三
幼ごころの君 ジュリー・コックス 三石琴乃 玉川紗己子
スリップ ジャック・ブラック 梁田清之 堀内賢雄
バーニー・バックス ケビン・マクナルティ 屋良有作
ジェーン トレイシー・エリス 一龍斎貞友
エンギーウック トニー・ロビンソン 富山敬 槐柳二
ウルグル モイヤ・ブラディ 佐々木優子 京田尚子
ファルコン ゴードン・ロビンソン 田中秀幸 黒沢良
バーキー ケイファン・ショー 塩屋翼
ジュニア デイヴ・フォーマン TARAKO
ロックバイター フレデリック・ウォーダー 西村知道 大平透
ロックバイター夫人 ウィリアム・トッド・ジョーンズ 深見梨加 増岡弘
ドッグ ライアン・ボールマン 渋谷茂

近年の成績[編集]

公開当時、興行収入2億と前作の5分の1、前々作の10分の1を記録してしまった。

本作は当初から子供受けを狙っており、本国の商品展開もそれに準じた、幼稚園児を対象にしたぬいぐるみやビデオパッケージになっている。またアニメ化もされており、それには『3』のオリジナルキャラクターが多く登場する。

再放送年 作品 視聴率(関東地区)
2002年1月13:00 ネバーエンディングストーリー3(吹き替え・総集編付) 7%
2003年8月13:30テレビ東京「午後のロードショー」 ネバーエンディングストーリー(吹き替え・トリミング版) 不明(0.9以下)
2004年9月深夜 ネバーエンディングストーリー3 3.7%
2004年11月深夜フジテレビ「ミッドナイトアートシアター」 ネバーエンディングストーリー(字幕・ワイドスクリーン版) 1.8%
2006年6月深夜テレビ朝日「シネマエクスプレス」 ネバーエンディングストーリー(吹き替え・トリミング版) 不明
2009年1月3日深夜TBS「新春シネマシアター」 ネバーエンディングストーリー第2章(字幕・ワイドスクリーン版) 不明(2.3以下)
2009年5月11日深夜日本テレビ「映画天国」 ネバーエンディングストーリー(字幕・ワイドスクリーン版) 1.0%

上の表に示すとおり、中々の健闘をしている。極端な子供向けを狙った方針が、ある程度の間口の広さを持たせた結果とも取れる(ビデオリサーチアーカイブトップ10調べ、ランク外の物は最低順位の視聴率以下)。

日本語吹き替え版[編集]

この映画のVHS / LD / DVD吹き替えは日本アニメのパロディが色濃い。主演声優の大多数がアニメ『ちびまる子ちゃん』に出てくるさくら家声優と同一で、役柄まで被ってしまっている。また主人公とライバルの不良グループ達を演じているのはアニメ『SLAM DUNK』に出てくる主役の湘北バスケ部チームである。また劇中に登場する少女達を演じているのもアニメ『美少女戦士セーラームーン』に出てくるセーラー戦士達である。

ネバーエンディング・ストーリー 遥かなる冒険[編集]

原題(TALES FROM THE NeverEnding Story)。2001年カナダドイツで制作されたテレビドラマ。日本でも放送された。

概要[編集]

やや改変が入っているが、前半は原作に忠実にしようとしていた作品である。ゲームボーイ好きの少年バスチアンは本屋の老人に無理やり本を薦められ、ネバーエンディングストーリーの物語を読み始める。本の中の主人公アトレイユは最初こそ真面目に冒険をし女王を救う任務を果たすが、ここからテコ入れが入り始める。

バスチアンとアトレイユの接点は繋がる事もなく恋愛にしか関心がない様子。しかし現実の世界に飛び出したアトレイユはスケボーでバスチアンの前に現れる。ここから物語が動き出すかと思われたが、打ち切りになってしまった。

変更点[編集]

  • バスチアン:ゲーム好きな現代人に。恋愛やラップに関心があるなど『3』の性格に近い。
  • アトレイユ:バスチアンの親友だったはずが、フライガールとの恋愛の方に関心が移っている普通の高校生風の青年に。
  • 幼心の君とザイーデ:姉妹という設定に。出番が増えてお互い気さくに。
  • ファルコン:幸運を呼ぶアトレイユのパートナーだったが、今回は牢屋の中に隔離されている。またアトレイユもフライガールの戦闘機を愛用しているためファルコンに乗るのはラストのみである。
  • コレアンダー:『3』からの設定流用でファンタージェンと現実世界の両方に住んでいる。
  • 学友の存在:いじめられっこという設定は消え、学友達とのラブコメが後半の物語の骨格になる。

スタッフ[編集]

  • 監督:アダム・ワイズマン、ジャイルズ・ウォーカー
  • 脚本:レイラ・ベーセン、カリン・ハワード、デヴィット・プレストン
  • 製作:スティーブン・ヘウィット
  • 撮影:ダニエル・ヴィレニューブ

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
バスチアン・バックス マーク・レンドール 津村まこと
アトレーユ テイラー・ハインズ 浪川大輔
幼ごころの君(女王)、月の子 オードリー・ガーディナー 高橋理恵子
ザイーデ ヴィクトリア・サンチェス 本田貴子
コレアンダー ジョン・ダンヒル 青野武
マイケル・バックス ノエル・バートン 石波義人
ローラ・バックス ジェーン・ウィーラー 岡本章子
フライ・ガール ステファニー・バクストン 川上とも子
グモルク、ブランク先生 エドワード・ヤンキー 中多和宏
イタチ サイモン・ビーコック 水島裕
ファロン ブリタニー・ドリスデル 笠井律子
コナー・アームストロング ジョニー・グリフィン 岡野浩介
エイプリル エマ・キャンベル 唐沢潤
カイロン タイロン・ベンスキン 辻親八
フィネガン リサ・ブロンウィン・ムーア 岡本章子
リップ・ラウディ グレッグ・クレイマー 松本大
ルーカス・マンシーニ ステファノ・フォースティーニ 田野恵
マーリー・リチンスキー ヴァレリー・チニアラ 中村千絵
タルタス ロバート・クルックス 中國卓郎

関連作品[編集]

  • 『マイケルジャクソンinネバーランディングストーリー』 - マイケル・ジャクソンの豪邸にあるテーマパーク「ネバーランド」のセットを撮影された映画。タイトルロゴがネバーエンディングストーリーに酷似しているが、日本版スタッフのお遊びである。[1]
  • 羽賀研二が80年代に主題歌をカバーしている。本人の心に残った曲だったのかブログ(現在閉鎖)のタイトルにも採用していた。なお、歌詞はプレイボーイが女性を口説く内容になっており、映画とはまったく関係ない。オムニバスCD『テクノ歌謡コレクションToshiba編 デジタラブ』に収録されている。
  • 2013年にはE-girlsが主題歌をカバーしている。このバージョンは『ビブリア古書堂の事件手帖』で使用された。