ドミニク・ミラー (ギタリスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドミニク・ミラー (ギタリスト)

ドミニク・ミラー(Dominic Miller1960年3月21日-)は、アルゼンチン出身のギタリスト。現在はロンドンに在住。

来歴[編集]

1960年ブエノスアイレス生まれ。父はアメリカ人、母はアイルランド人。10歳までアルゼンチンで過ごし、後にアメリカ合衆国ウィスコンシン州イギリス・ロンドンへ移住した。音楽一家だったこともあり11歳頃からギターを習い始め、個人的にセバスチャン・タバジョスに師事しつつボストンバークレー音楽学校で学び、ロンドンではギルドホール音楽学校にも通った。  

1980年代にはカール・ワリンジャーのバンドWorld Partyの一員として公演やレコーディングに参加。以後キングスワンプのメンバーを経てフィル・コリンズのアルバム『...But Seriously』のセッションに参加した。1990年以後はギタリストとしてスティングのレコーディング及び、ツアーのサポートメンバーとしても参加している。

ソロ・アーチストとしても活動しており、1995年にファースト・アルバム『First Touch』発売以来、精力的なアルバム制作や公演もこなしている。2003年発売の4枚目のアルバム『Shapes』は、バッハベートーベンエドガーおよびアルビノーニといったクラシック・ミュージックの要素をふんだんに取り入れた意欲作で、2004年3月に改訂して再発売され世界中で100,000枚を超えるヒットとなった。

ミラーのアルビノーニ「アダージョト短調」(Adagio in G minor)についての解釈は、スウェーデン新古典主義ギター奏者イングヴェイ・マルムスティーン(Yngwie Malmsteen)と並び、現代最も普遍的な解釈を構成するひとつとなっている。このテーマは、メル・ギブソン主演の1981年の映画『ガリポリ』にも反映されている。

2006年、新作『Fourth Wall』の制作に取り組んでいる。

ディスコグラフィ[編集]

  • 1995年 First Touch
  • 1999年 Second Nature
  • 2002年 New Dawn
  • 2003年 Shapes
  • 2004年 Third World
  • 2006年 Fourth Wall
  • 2010年 November

主なセッション参加アルバム[編集]

外部リンク[編集]