トマゾ・アルビノーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トマゾ・アルビノーニ
Tomaso Albinoni
}
基本情報
出生名 Tomaso Giovanni Albinoni
出生 1671年6月8日
Flag of Most Serene Republic of Venice.svg ヴェネツィア共和国ヴェネツィア
死没 1751年1月17日(満79歳没)
Flag of Most Serene Republic of Venice.svg ヴェネツィア共和国ヴェネツィア
ジャンル バロック音楽
職業 作曲家
活動期間 1694年 - 1741年
トマゾ・アルビノーニ

トマゾ・ジョヴァンニ・アルビノーニTomaso Giovanni Albinoni, 1671年6月8日 ヴェネツィア - 1751年1月17日 ヴェネツィア)は、イタリア(当時はヴェネツィア共和国)のバロック音楽の作曲家。

生前はオペラ作曲家として著名であったが、今日はもっぱら器楽曲の作曲家として記憶され、そのうちいくつかは頻繁に録音されている。なお、ポピュラー名曲として名高い『アルビノーニのアダージョ』(1958年に出版)はレモ・ジャゾットによる偽作であって、アルビノーニとは直接関わりはない。

生涯[編集]

作曲家としての生前の地位のわりには、生涯についてはほとんど分かっていない。裕福なヴェネツィア貴族の家系に生まれ、父アントーニオ(1634年 - 1709年)は紙商人でもあった。ヴァイオリン声楽を学ぶ。

1694年に作品1を、コレッリのパトロンとして有名なピエトロ・オットボーニ枢機卿(大叔父はローマ教皇アレクサンデル8世)に献呈する。1700年マントヴァ公の宮廷ヴァイオリニストとして雇われ、作品2の器楽曲集をマントヴァ公に献呈。1701年には、非常に人気を呼んだ『組曲』作品3を作曲し、トスカーナ大公フェルディナンド3世にこれを献呈した。

ヴェネツィア聖マルコ大寺院の楽長アントニーノ・ビッフィを立会人に、1705年に結婚。ヴェネツィアでは、ビッフィ以外の音楽家との交流はなかったようだが、多くのイタリア都市においてオペラ作曲家として名を上げ、たとえばヴェネツィアジェノヴァボローニャマントヴァ、ウディーネ、ピアチェンツァナポリなどでは有名だった。この頃になると器楽曲をふんだんに作曲し、1705年以前に、ほとんどのトリオ・ソナタやヴァイオリン協奏曲を作曲したが、その後は1719年まで、独奏楽器のためのソナタやオーボエ協奏曲を作曲したにすぎない。1720年代から作曲家アルビノーニの足取りはつかめなくなる。

多くの同時代の作曲家とは異なり、アルビノーニには教会や貴族の宮廷に地位を得ようとした形跡が見当たらず、独自の財源によって、独力で作曲する自由を得ていた。その後は1722年バイエルン選帝侯マクシミリアン2世エマヌエルに招かれ、オペラを指揮した。12曲からなる『協奏曲集』は、選帝侯に献呈されている。

1742年フランスで、アルビノーニのヴァイオリン・ソナタ集が「遺作」として出版されたことから、研究者から、アルビノーニはその頃には亡くなっていたと推測されてきた。しかしアルビノーニは、ヴェネツィアで人知れず生き延びていた。生地のサン・バルバラ小教区の記録によると、アルビノーニは1751年糖尿病により、「79歳」で(おそらく書き損じ)亡くなったとある。

作品と影響力[編集]

アルビノーニは50曲ほどのオペラを作曲し、そのうち20曲が1723年から1740年にかけて上演されたが、こんにちでは器楽曲、とりわけオーボエ協奏曲が最も有名である。

アルビノーニの器楽曲は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハが非常に関心を持っていた。バッハは、アルビノーニの主題によるフーガを少なくとも2曲遺しており、しかも、しばしば学生の和声法の実習において、アルビノーニのバス課題をよく利用した。

作品[編集]

オペラ[編集]

オペラは約52作ほど作曲しており、大半が紛失しているが、1曲ないし5曲ほどのアリアが現存する。

  • グリセルダ(Griselda, 1703年)
  • 最も忠実な臣下(Il più fedel tra i vassalli, 1705年)
  • エンジェルベルダ(Engelberta, 1709年)
  • 寛大な競技(Le gare generose, 1712年)
  • エウメーネ(Eumene, 1717年)
  • ラオディス(Laodice, 1724年)
  • アルデリンダ(Ardelinda, 1732年)

協奏曲、器楽作品[編集]

  • ヴァイオリンソナタ集 作品6(1711年頃出版)
  • 5声の協奏曲 作品7(1715年出版、オーボエ協奏曲集、他)
  • 3声のパレットとソナタ 作品8(1722年出版) 
  • 5声の協奏曲 作品9(1722年出版)
  • 5声の協奏曲 作品10(1735年 - 1736年出版)

(オルガンと弦楽のためのアダージョ ト短調はレモ・ジャゾットによる偽作)

宗教曲[編集]

  • 3声のミサ曲(Messa a tre voci, 作曲年代不詳)

他の作品には48曲のカンタータや器楽曲、オラトリオなどがある。

出版作品[編集]

参考文献[編集]

  • Eleanor Selfridge-Field, Venetian Instrumental Music, from Gabrieli to Vivaldi. New York, Dover Publications, 1994. ISBN 0486281515
  • Michael Talbot: "Tomaso Albinoni", Grove Music Online ed. L. Macy (Accessed June 25, 2005), (subscription access)

外部リンク[編集]