テリー・ブロウズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テリー・ブロウズ
Terry Burrows
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ルイジアナ州レイクチャールズ
生年月日 1968年11月28日(46歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1990年 MLBドラフト7巡目
初出場 MLB / 1994年6月12日
NPB / 2000年4月30日
最終出場 MLB / 1997年6月11日
NPB / 2000年10月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

テリー・ブロウズTerry Dale Burrows , 1968年11月28日 - )は、アメリカ合衆国ルイジアナ州出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

マクニーズ州立大学から、1990年MLBドラフト7巡目でテキサス・レンジャーズに指名を受け入団。1994年6月12日にメジャー初登板を果たす。

1996年のシーズン途中、ミルウォーキー・ブルワーズに移籍。

1997年は、サンディエゴ・パドレスでプレーした。同年の秋にはNPB千葉ロッテマリーンズの入団テストを受けたが、不合格になっている[1]

1998年は、ボルチモア・オリオールズ傘下3Aのロチェスター・レッドウイングスに所属し、インターナショナルリーグで防御率1位の成績を残した[2]。同年以降、メジャーでの登板は無い。

2000年は、オークランド・アスレチックス傘下3Aのサクラメント・リバーキャッツに所属していたが、オリックス・ブルーウェーブからオファーを受け、契約金と年俸合わせて38万ドル(当時のレートで約4,000万円、金額は推定)で4月21日に1年契約を結んだ[2]
4月26日に来日すると、4月30日の対近鉄戦で早くも初登板・初先発を務め、勝利を挙げている。そのまま先発ローテーションに入り4試合で3勝を挙げたものの、5月14日の対ロッテ戦と5月28日の対ダイエー戦ではともに9失点と大きく崩れた。6月1日の対西武戦で0回2/3でノックアウトされると、以後はシーズン終盤まで中継ぎに回った。シーズン終了後、具臺晟の獲得などもあり、11月30日に退団が発表された。

プレースタイル・人物[編集]

制球が非常に悪く、2000年6月3日の対近鉄戦では3番手でマウンドに上がったが、3者連続を含む1試合4個の押し出しというNPB最多タイ記録を残している[3]。また、この試合では直前に登板した小林宏岩下修一とあわせて6連続四死球も記録し、NPBの1イニング最多記録に並んでいる[3]。3人で17失点を喫したが、ブロウズの後には野手の五十嵐章人がマウンドに上がって1回無失点に抑え、史上2人目の全ポジションでの出場を果たしている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1994 TEX 1 0 0 0 0 0 0 0 -- -- 5 1 1 1 1 0 0 0 0 0 1 1 9.00 2.00
1995 28 3 0 0 0 2 2 1 -- .500 207 44.2 60 11 19 0 2 22 4 0 37 32 6.45 1.77
1996 MIL 8 0 0 0 0 2 0 0 -- 1.000 58 12.2 12 2 10 0 1 5 0 0 4 4 2.84 1.74
1997 SD 13 0 0 0 0 0 2 0 -- .000 52 10.1 12 1 8 1 1 8 0 0 13 12 10.45 1.94
2000 オリックス 14 9 1 0 0 5 4 0 -- .556 309 68.1 74 7 40 0 3 45 1 6 48 41 5.40 1.67
MLB:4年 50 3 0 0 0 4 4 1 -- .500 322 68.2 85 15 38 1 4 35 4 0 55 49 6.42 1.79
NPB:1年 14 9 1 0 0 5 4 0 -- .556 309 68.1 74 7 40 0 3 45 1 6 48 41 5.40 1.67

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 38 (1994年 - 1995年)
  • 53 (1995年)
  • 39 (1996年)
  • 33 (1997年)
  • 43 (2000年)

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞、2000年5月7日付朝刊、P.20
  2. ^ a b 読売新聞、2000年4月22日付朝刊、P.25
  3. ^ a b 読売新聞、2000年6月4日付朝刊、P.18

関連項目[編集]

外部リンク[編集]