ダニエル・ウールフォール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダニエル・バーリー・ウールフォール
Daniel Burley Woolfall


任期
1906年 – 1918年
前任者 ロベール・ゲラン
後任者 ジュール・リメ

出生 1852年6月15日
死亡 1918年10月24日(満66歳没)
国籍 イギリスの旗 イギリス

ダニエル・バーリー・ウールフォール(Daniel Burley Woolfall, 1852年6月15日 - 1918年10月24日)はイギリスブラックバーン出身の人物で、国際サッカー連盟(FIFA)第2代会長を務めた。

ウールフォールはブラックバーンのグラマースクールを卒業し、税務署勤務のかたわらブラックバーン・ローヴァーズに関与するようになった(ただし選手としてプレーはしていない)。その後ブラックバーンの属するランカシャー州のサッカー協会会長を経て、イングランドサッカー協会(The FA)に関わるようになった。

彼は1906年にFIFA会長に推挙されると、イングランドヨーロッパ大陸とのサッカーを共通化し、国際ルールを制定するよう尽力した。また1908年ロンドンオリンピック1912年ストックホルムオリンピックにおいて、サッカー競技が正式種目となるよう奔走した。

ウールフォールはFIFAの拡大をも画策した。実際、彼の就任までFIFAの加盟国はヨーロッパに限られていたが、1910年には南アフリカ1912年にはアルゼンチンチリ1913年にはアメリカ合衆国が加盟した。これらの功績はジュール・リメに引き継がれ、後のFIFAワールドカップの隆盛をもたらすこととなった。

ウールフォールは66歳のとき、現職会長として故郷ブラックバーンで死去した。

外部サイト[編集]

Daniel Burley Woolfall - ブラックバーン行政区による歴史サイト (英語)