スタンリー・ラウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタンリー・ラウス
Stanley Rous


任期
1961年 – 1974年
前任者 アーサー・ドルリー
後任者 ジョアン・アヴェランジェ

出生 1895年4月25日
イングランドの旗 イングランドサフォークワトフォード
死亡 1986年7月18日(満91歳没)
イングランドの旗 イングランドロンドンパディントン
国籍 イギリスの旗 イギリス

サー・スタンリー・ラウス(Sir Stanley Rous, 1895年4月25日 - 1986年7月18日)は、イングランドサッカー審判員であり、管理職でもあった人物である。

もともとワトフォード・ボーイズ・グラマースクールの体育教師だったラウスは、皮肉にもその学校での主要競技をサッカーからラグビーに変える役割を担っていた。ラウス自身の選手歴はアマチュアレベルのゴールキーパーに留まったが、同時に国際審判として36の国際試合で審判を務めた。

競技生活から引退した後、彼は管理職へと転じた。1934年から1962年にかけてイングランドサッカー協会(The FA)の理事職を勤め、さらに1961年から1974年の間、国際サッカー連盟(FIFA)の第6代会長の座にあった。1974年7月11日に会長職を退く際、彼はFIFA名誉会長に推挙された。

ラウスのサッカーに対する貢献として特に著名なものに、1938年サッカールール(Laws of the Game)改訂が挙げられる。これはルールをより単純で理解しやすいようにしたものである。

短命に終わったラウス・カップ(en:Rous Cup - イングランド代表スコットランド代表の定期戦)は、彼の名にちなんでいる。

ラウスは1986年に91歳で死去した。彼の遺灰は生地の村にほど近いノーフォークのサッカー場に散骨された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]