FIFAシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

FIFAシリーズは、EAスポーツが開発、発売するサッカーゲームシリーズ

概要[編集]

FIFA公認で、チーム、選手が実名で登場するのが特徴。『FIFAトータルフットボール』からは、ボールを持っていない選手をコントロールする「オフ・ザ・ボールコントロール」やチーム運営を行う「キャリアモード」、オンラインゲームが追加された。ヨーロッパを中心に500以上のチームと約15000人の実名選手を収録している。同じサッカーゲームのウイニングイレブンとよく比較される。 FIFAワールドカップ開催年には実際にワールドカップの予選からプレイできる『FIFA ワールドカップ』も発売される。ナショナルチームは選手がすべて実名で、収録されているチームも徐々に増加しており、『2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ大会』では予選に参加した199ヶ国(グアム、ブータン、中央アフリカを除く)のナショナルチームでプレイ可能となっている(ただしクラブチームは収録されていない)。

サッカーゲームとして[編集]

日本ではしばしば同じサッカーゲームのウイニングイレブンと比較される。サッカーゲームとしては、ウイニングイレブンでは公式ライセンスがとれていないブンデスリーガプレミアリーグなど欧州主要のリーグ(一部では4部の下部リーグを含む)まで収録されており、2013年現在もライセンス取得状況はFIFAがウイニングイレブンに比べ大きく先行している。 逆に、2002年のバージョンから、コナミとJFAによって署名された専属契約のため、日本代表はFIFAに登場していない。 ただし、外国のクラブに所属する日本人選手はゲームに登場している。

チームメイトがカードとなったソーシャルゲーム『FIFAワールドクラスサッカー』(GREE)も制作され利用者に配信されていた(2011年)。

11on(多人数協力プレイ)[編集]

FIFAが他のサッカーゲームと差別化を図っている最大の武器がこの11onというモードである。 しかし、FIFA14からは11onが削除され、最大の武器を失ってしまった。
このモードでは、オンライン上のプレイヤーが一人一人別のポジションをこなし、あたかも現実のサッカーをしているかのようなオンライン協力プレーを楽しむことが出来るが、最新作のFIFA14では出来ない。
このモードは、FIFA08で初めて5on(最大1チーム人数5人)モードが搭載されたのを皮切りに、FIFA09で10on、FIFA11で11on(GK含むフィールドプレイヤー全員をそれぞれ一人一人が選択してプレイ可能)と進化を遂げているが、FIFA14では退化してしまった。
また、人数が少ないときでも、全員が固定を選び、残ったプレイヤーはCOMに任せるか、残りの全ての選手を一人がプレイする"ANY"と呼ばれる選択をすることも出来る。
また、この派生モードとしてオンラインプロクラブがある。
これは、オンライン上で様々な人達とクラブチームを作り、11onモードで他のクラブと戦ってランクを上げていくモードである。
オンラインクラブも以前は実現するクラブチームの一員としてプレイする事が出来たが、最新作のFIFA14ではそれが出来ず、プレイヤーの分身と言うべき架空のキャラクターを作成しなければ、オンラインクラブで楽しむ事が出来なくなってしまった。

主な収録リーグ[編集]

シリーズ[編集]

FIFA シリーズ[編集]

FIFA Euro シリーズ[編集]

FIFA Manager シリーズ[編集]

なお、FIFA Maneger 14でシリーズは終了している。

FIFA ワールドカップ シリーズ[編集]

FIFA ストリート シリーズ[編集]

  • 2005年 FIFA ストリート(PS2、GC)
  • 2006年 FIFAストリート2 (PS2、GC、PSP、DS)
  • 2008年 FIFA ストリート3 (PS2、PSP、DS)
  • 2012年 FIFA ストリート (PS3)

FIFA ONLINE シリーズ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]