ジョウ泗列島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「嵊泗列島」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
嵊泗列島夕景

嵊泗列島(ションスー列島、しょうし-れっとう、Shenngsi Islands)は中華人民共和国浙江省舟山市嵊泗県を形成する島嶼。中国では風景名勝区に指定されている。杭州湾の東、東シナ海に位置する。舟山群島の一部であり、花緑、嵊山、枸杞、洋山の4つの景観区に分かれる。

島嶼一覧[編集]

観光[編集]

  • 基湖沙灘:最も人気のある観光拠点・
  • 大悲山:嵊山本島の東部にあり、西には群峰が連なる。東側は東シナ海に面した浜と基湖沙灘、南長涂沙灘が三角形の位置関係となっている。登ると花鳥山、緑華島、枸杞山、黄龍島や大小百以上の島々が見渡せる。
  • 南長涂沙灘:現在荒廃しつつある。
  • 花鳥灯台:有名な灯台。花鳥山北西の岬上にあり、1870年にイギリス人が建造した。2001年に国務院によって国家重点文物保護単位に登録された。
  • 六井頭:六井頭は嵊山本島の最も東側にあり、東シナ海に面し、海上の日の出をみるため小舟が集まる景色が美しい。