ジュノー国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュノー国際空港
JNU-a.jpg
IATA:JNU-ICAO:PAJN
概要
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設置場所 ジュノー
空港種別 公営
運営者 ジュノー郡
標高 6 m・20 ft
位置 北緯58度21分18秒
西経134度34分35秒
座標: 北緯58度21分18秒 西経134度34分35秒
ウェブサイト
滑走路
方向 ILS 全長×全幅 (m) 表面
08/26 YES 2,578×46 舗装
8W/26W ? 1,494×137 水面
リスト
空港の一覧

ジュノー国際空港英語:Juneau International Airport、ロシア語:Международный аэропорт Джуно)はアメリカ合衆国アラスカ州州都であるジュノー市街から北西に11kmの地点にある公共空港アラスカ航空が多くの路線を運航しているほか、この地域での荷物や人の移動など大きな役割を担っている。

空港施設[編集]

ジュノー国際空港の面積は264ha(2.64㎢)で、アスファルト舗装の滑走路一本のほか、水上機が離着陸できる着水帯が滑走路に平行する形で設けられている。2006年度には年間で153,010回、一日平均419回離着陸が行われ、うち70%がエア・タクシー、24%がゼネラル・アビエーション、5%が定期航空便、1%が軍用機となっている。またジュノー国際空港を拠点とする341機の航空機のうち、82%が単発プロペラ機、10%がヘリコプター、6%が双発プロペラ機、1%が軍用機、そしてジェット機超軽量動力機がそれぞれ1%以下である。

立地と安全[編集]

アラスカ州南東部は非常に険しい地形が多く、空港を建設することができるような平らな土地はとても貴重なものであった。現在ジュノー国際空港があるのはこうした限られた土地のうちの一ヶ所であるが、同時に多様な生態系をもつ重要な地域でもあり、さまざまな植物や小動物、鳥類のほかにもアメリカグマや数種類のサケ、そしてアメリカ合衆国の国鳥であるハクトウワシも生息していた。最初にこの地に滑走路が敷設されたのは1930年代であるが当時は環境調査などは行われず、また限られたエリアに空港の施設すべてを建設しなければならないためにガスティノー海峡の一部を浚渫するなどしていた。現在でも、アラスカ・マリン・ハイウェイインサイド・パッセージと呼ばれるアレキサンダー諸島周辺を走る貨物船の航路を除くと、航空機が外部からジュノーへ行くことができる唯一の方法である。このため空港ではシアトルアンカレッジといった大都市との航空便をはじめヘリコプター水上機による周辺域への航空機も多く発着しており、過去には小規模な空港でたくさんの交通量を扱うジュノー国際空港の安全性が問題視されたこともあった。この指摘を受けた空港は、「旅客ターミナルを大幅に改良し以後20年の旅客増に対応させる」「空港での安全性を高めるために除雪装置を充実させ充分なスペースを確保する」「滑走路の両端を延長することで滑走路のセーフティエリアを広げ誘導路をアメリカ連邦航空局が定めた基準に適合させる」という3つのプロジェクトを始動させた。

就航航空会社[編集]

航空会社 就航地
アラスカ航空 アンカレッジコルドバグスターヴォケチカンピータースバーグシアトルシトカヤクタット
アラスカ・シープレイン・サービス アングーンエルフィン・コーブペリカンテナキースプリングス
ウォード・エア チャタムファンター・ベイ
ウィング・オブ・アラスカ エクスカーションインレットグスターヴォヘインズフーナーケイク

外部リンク[編集]