ゴッドファーザー (TVゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴッドファーザー
The Godfather The Game
ジャンル クライムアクション
対応機種 プレイステーション2
プレイステーション3
Xbox 360
開発元 エレクトロニック・アーツ
発売元 エレクトロニック・アーツ
人数 1人
発売日 PS2
アメリカ合衆国の旗2006年3月21日
オーストラリアの旗2006年3月24日
日本の旗2007年3月22日
Xbox 360
アメリカ合衆国の旗2006年9月19日
欧州連合の旗2006年9月22日
オーストラリアの旗2006年9月28日
日本の旗2007年1月25日
PS3
アメリカ合衆国の旗2007年3月20日
オーストラリアの旗2007年3月22日
欧州連合の旗2007年4月20日
日本の旗2007年10月11日
対象年齢 CERO: Z
ESRB: Mature
PEGI: 18+
OFLC: MA15+
USK: 18
BBFC: 18
テンプレートを表示

ゴッドファーザー』(英題:The Godfather: The Game)はエレクトロニック・アーツ2007年1月25日に日本で発売したコンピュータゲーム。原作は1972年の映画『ゴッドファーザー』。ジャンルはクライムアクション

2007年10月11日プレイステーション3用「ゴッドファーザー ドン・エディション」日本語版が、エレクトロニック・アーツから7,329円(税込)で発売された。

2008年3月19日にはプレイステーション2版がベストプライス版として再発売された。

日本国外ではMicrosoft WindowsXboxプレイステーション・ポータブルWiiでも発売されている。

概要[編集]

プレイヤーはコルレオーネ・ファミリーの一員である主人公を操り、幹部から与えられるミッションをクリアしていき、最終的にはドンの地位にまで上り詰めるのが目的である。ミッションの種類は殺人・護衛・買収など豊富に用意されている。

ストーリー[編集]

ニューヨークに住むしがない若者の主人公は、この町でのし上がるため、コルレオーネ・ファミリーの一員となることを決意する…。

舞台[編集]

1940年代のニューヨーク。当時の街並みが忠実に再現されている。

ゲームシステム[編集]

  • 主人公の容姿や服装をカスタマイズすることが可能。
  • ライバルファミリーが警護している店舗や倉庫のオーナーをゆすることでコルレオーネ・ファミリーの物件となり、毎日各店からお金が支払われる。
  • 敵対する各ファミリー所有の屋敷を爆破すると、そのファミリーが全滅し家も自分のファミリーのものなる。
  • 相棒や部下を連れて、一緒に行動出来る(PS2版は連れて行けない)。

登場人物[編集]

登場武器[編集]

登場車両[編集]

本編[編集]

1935 オーバーン・851
2ドアクーペ。ゲーム中、一番スピードが出るが耐久力はない。 
小型トラック。幌無しとコンテナ付とがある。
2ドア車。かなり速いがとにかく脆い。
4ドア車。警察車両イエローキャブ・一般車両が存在する。
一部ミッションに登場する。

ドンエンディション追加車種[編集]

1940 キャデラック・フリートウッド・シリーズ・75

日本版の変更点[編集]

日本版では海外版と違って、以下下の変更点(特にPS2版とPS3版)がある。

  • 一部のイベントシーンを含めた、出血表現の大幅なカット。
  • 下着姿の売春婦が、普通の服を着た女子学生に変更。
  • 一般人を攻撃しても死なないのと、一般人に対して首を絞めるなどつかむ行為が出来ない。
  • トムズ・レポートの日本語訳で、殺害した人数をカウントする項目で海外版では「Murder Case」となっているが、日本版では「注目」となっている。

その他[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]