コーズマーケティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーケティング
主要概念

プロダクト • 価格戦略
流通 • サービス • 小売
ブランド管理
アカウントベースドマーケティング
マーケティング倫理
マーケティングの有効性
市場調査
市場細分化
販売戦略
マーケティング論
市場支配

宣伝内容

広告 • ブランディング • アンダーライティング
ダイレクトマーケティング • 個人販売
プロダクトプレイスメント • パブリシティ
販促活動 • 宣伝における人間の性

宣伝媒体

印刷 • 出版物  • 放送
アウトドア • インターネットマーケティング
ノベルティ
レベルマーケティング • ゲーム内広告
実演販売 • ブランドアンバサダー
口コミ

  

コーズマーケティング英語: Cause marketing)若しくはコーズリレーティッドマーケティング英語: Cause-related marketing)は、特定の商品を購入することが環境保護などの社会貢献に結びつくと訴える販促キャンペーン[1]。単なる慈善活動と違い最終的には企業のイメージアップ・収益拡大が目的である。

1983年アメリカン・エキスプレスによる「自由の女神修復キャンペーン」が元祖とされる。

日本でのコーズマーケティング事例[編集]

関連項目[編集]

文献[編集]