価格戦略

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

価格戦略(かかくせんりゃく)とはマーケティングの手法のひとつで、利益計画に基づいて価格を決定するものであり、大きく分けて主に三種類ある。

高価格戦略[編集]

最初に市場上層部分(社会階級の高い消費者や高所得者層) を獲得するための戦略であり、あえて高価格で市場に参入し、市場上層部分の支持を得た上で、上層にあこがれる一般消費者を巻き込む戦略である。

急激な市場への参入はせず、ゆっくりと市場に浸透させていく方法が一般的である。

この方法は多品種で少量しか生産できないもの(高級バッグや希少価値の高い商品)に多く採用されている方法であり、瞬時に利益を得ることはできないが長期的に利益を得ることができる戦略である。

中価格戦略[編集]

需要や製品にかかるコスト、価格の水準を考慮し、利益が最も得られる価格を設定する方法であり、大抵この場合は価格が高くもなく低くもないものとなる。

他に競争相手となる企業があり、製品差別化がある程度進んだ製品に対して使われる戦略である。

利益を瞬時に大量に得ることができる。

低価格戦略[編集]

高価格戦略とは対照的な戦略で、価格を低く設定し、マーケットシェアを獲得するために使われる。一般的に市場浸透価格と言われている。

この方法は製品が大量に生産でき、かつ製品差別化が機能していない製品 (MDやCDなど、どの企業製品でも基本的に同じもの) に使われる戦略である。

この方法は瞬時に利益を得ることはできないが長期的に利益を得ることができる。

関連項目[編集]