ゲーム内広告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゲーム内広告(ゲームないこうこく)とは、コンピュータゲームの作中にて提示される広告である。商品などの広告を目的として提供されるアドバゲームとは異なるが、広義には含まれる[1]。いわゆるプロダクトプレイスメントの一種ともいえる。

概要[編集]

ゲーム内広告は、市販のパッケージソフトや、オンラインゲームなどといった一般的な商業ゲーム製品の作中において掲載・表示される形となる。古くは、1988年のディスクシステム版『帰ってきたマリオブラザーズ』に永谷園の広告が登場している[1]。2005年の春にはマイクロソフトがゲーム内広告会社を買収している[2]

また、実況パワフルプロ野球シリーズやプロ野球スピリッツシリーズ、『ヘブンリーシンフォニー』では、実在の球場や実在のサーキット場については実在の広告を登場させている。

また、オンラインゲームにおいて、既存の世界観を壊す広告の掲載は、アイテム課金収入を低下させる要素となり得る[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b アドプレインに聞く、ゲーム内広告の現在、過去、未来」 エキサイト ウェブアド タイムス、2006年1月16日。
  2. ^ アドプレインに聞く、ゲーム内広告の現在、過去、未来 Page2」 エキサイト ウェブアド タイムス、2006年1月16日。
  3. ^ ゲーム内広告はオンラインゲーム事業にとって両刃の剣」 CNET Japan、2007年3月13日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]