実演販売

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

実演販売(じつえんはんばい)は、街頭や店頭で巧みな口上を操りながら、往来の前で実際に商品を扱い、性能を説明しながら販売する形態のことを指す。各メーカー社員が派遣して実演販売を行うケースに対し、実演販売そのものを職業としている者も存在する。

歴史[編集]

実演販売の歴史は平安時代に遡る。口上で物を売ると言う形態が確立されてきたのは室町時代からとされており、主に薬や化粧品を扱っていた。江戸時代に入るとガマの油などが登場し、明治時代になるとバナナの叩き売りなどの露天商が知られるようになった。その後、活動の場は神社の境内などで販売を行う的屋から、実演販売の聖地と呼ばれた秋葉原の屋外販売へと移って行く。そして1960年代から百貨店やデパートで販売を行うようになり、1970年代になるとアキハバラデパートの実演売り場が本格化する。1980年代にはラジオショッピングテレビショッピングで販促するプロとして登場・出演する機会が増え、ヒット商品を多数生み出したことにより存在が広く認知されることとなる。2000年代にはCATVやBS当の多チャンネル化に伴い、24時間型のショッピングチャンネルが登場したこともあり、その活動は多岐にわたっている。

販売形態[編集]

商品や道具を置く台の奥(隠語で売台と呼ばれる)に立ち、客を相手に対面しながら販売を行うことが多い。商品は実演販売人が仕入れ、営業、販売を行う場合もある。実演販売の口上は、個人個人で様々だが、その特徴を踏まえて、熱売啖呵売チャラ売等と呼ばれる。口上の種類は的屋の流れをくめば啖呵売になるなど、古くからの販売形態の特色を受け継いでいる側面がある。実演販売を行う場所と地域は多岐に渡るが、主に全国の百貨店・デパート・ホームセンターでその姿を確認できる。2006年以前は秋葉原駅前のアキハバラデパートが見学できる場所として有名だったが、2006年に閉店して以降、実演販売は行われていない。

取扱商品[編集]

実演販売を行う商品は、各メーカーからの依頼品や自らがプロデュースしたもの等、幅広いのが特徴である。またこの実演販売を通して世間に普及した商品も多い。主なものとして、

  • 穴あき包丁
  • 布団圧縮袋
  • 海外メーカー洗剤
  • 洗濯用多機能ハンガー
  • 手品
  • フライパン
  • ジューサー
  • 野菜調理器(スライサーやピーラー)
  • ハンガーなど収納用品
  • マッサージ器
  • 掃除機

などがある。

実演販売人を題材とした作品[編集]

第1弾:1992年4月17日放映
第2弾:1992年12月4日放映

関連[編集]