ケサランパサラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ケサランパサランケセランパセラン江戸時代以降の民間伝承上の謎の生物とされる物体である。外観は、タンポポの綿毛や尻尾のようなフワフワした白い毛玉とされる。西洋でゴッサマー (gossamer) やエンゼルヘアと呼ばれているものと同類のものと考えられている[1]

概要[編集]

白い毛玉のような物体で、空中をフラフラと飛んでいると言われる。一つ一つが小さな妖力を持つ妖怪とも言われ、未確認生物として扱われることもある。

名前の由来については、スペイン語の「ケセラセラ」が語源だという説、「袈裟羅・婆裟羅」(けさら・ばさら)という梵語が語源だという説、羽毛のようにパサパサしているからという説[2]、「何がなんだかさっぱりわからん」を意味する東北地方の言葉との説[3]、などがある。

穴の開いた桐の箱の中でおしろいを与えることで飼育でき[3][1]、増殖したり、持ち主に幸せを呼んだりすると言われている[2][3][1]。だが、穴がないと窒息して死んでしまう、おしろいは香料や着色料の含まれていないものが望ましい、1年に2回以上見るとその効果は消えてしまうなどと言われることもある[4]。ケサランパサランを持っているということはあまり人に知らせないほうがいいと言われているため、代々密かにケサランパサランを伝えている家もあるという伝説もある。

1970年代後半に、ケサランパサランは全国的なブームとなった。この時ケサランパサランとされた物の多くは、花の冠毛からできたものであった。

和漢三才図会』より「鮓荅」

ケサランパサランとの関係は明らかになっていないが、江戸時代の百科事典『和漢三才図会』には鮓荅(へいさらばさら、へいさらばさる)という玉のことが記載されている[4]。同書によれば、これは動物の肝臓胆嚢に生じる白い玉で、鶏卵ほどの大きさのものから、栗やハシバミくらいの小さいものまであり、石や骨にも似ているがそれとは別物で、蒙古人はこれを使って雨乞いをしたとある。著者・寺島良安はこれを、オランダで痘疹や解毒剤に用いられた平佐羅婆佐留(へいさらばさる)と同じものとしている[5]。近代では、「鮓荅」は「さとう」と読み、動物の胆石や腸内の結石と解釈されている[6]

正体[編集]

正体は明らかではなく、以下のように“動物の毛玉”“植物の花の冠毛”などいくつかの説がある。またはこれらすべてを総称してケサランパサランとして認識されている可能性もある。

動物性
山形県鶴岡市加茂水族館ではケサランパサランと思われる物体を展示しており、ここでは「ワシなどの猛禽類ウサギなどの小動物を食べた際に排泄される毛玉(ペリット)である」と説明されている。また、東北などの寒冷な地域において、小動物が捕食された際に食べ残された毛皮の皮膚の部分が縮まり、毛を外側にして丸まったものとも言われている。この他、牛や馬などといった動物の胆石や結石などだという説もある。
植物性
アザミ[7]オキナグサブタナなどといった植物の花の冠毛が寄り集まって固まったものであるとされる。ガガイモの種の綿毛とも言われる。綿状のカビだという説もあり[8]、白粉を与えると増えるというのはこのためだとも言われる。また、ビワの木でよく目撃されることから「ビワの木の精」とも呼ばれている[2]
鉱物性など
オーケン石 (okenite) や、雪虫アオバハゴロモの幼虫などが、その正体だとされることもある。

影響を受けた作品[編集]

音楽作品
  • 小出稚子「ケサランパサラン」(オーケストラ曲)
ゲーム
漫画

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 管野 1991, p. 80
  2. ^ a b c 山口 2005, p. 31
  3. ^ a b c 西 1980, pp. 9-13
  4. ^ a b 村上健司編著 『日本妖怪大事典』 角川書店〈Kwai books〉、2005年、133頁。ISBN 978-4-04-883926-6
  5. ^ 寺島良安 『和漢三才図会』6、島田勇雄他訳注、平凡社東洋文庫〉、1987年(原著1712年)、155頁。ISBN 978-4-582-80466-9
  6. ^ さとう【▼鮓答】”. goo辞書. 三省堂. 2009年9月14日閲覧。
  7. ^ 西 1980, pp. 157-161.
  8. ^ 西 1980, p. 27.

参考文献[編集]

関連項目[編集]