リヴリーアイランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Livly Island日本語: リヴリーアイランド)は、インターネット上で「リヴリー」と呼ばれる架空の生物(キャラクター)を育成するオンラインゲーム。登録無料。
WebMoneyAward2006グランプリ受賞。現在の運営、サービス提供・企画はゲームポット。開発、企画協力はDropWave

2002年にコールドブレスにより「Livly ~不思議なペット~」として提供開始。翌年に運営がソネットエンタテインメント株式会社に移り、「Livly Island」としての提供が始まった。2009年11月24日よりゲームポットの運営でver.2 「Livly Island COR」が開始。

概要[編集]

リヴリーアイランドとは、「中世時代のヨーロッパ圏で錬金術師たちによって生み出され、絶滅した生物を、日本在住の独学生物学者ミュラー博士が蘇らせ、一般に配布している」という設定のオンラインブラウザゲーム。 ゲーム内のキャラクターは動物空想上の生物をモデルにしてデザインされており、それらの生物をまとめてリヴリー(livly)と呼ぶ。

ユーザーはウェブ上にリヴリーとリヴリーを飼うアイランド)を持ち、リヴリーを他ユーザーの島へ放浪させたり、様々な虫のエサを与える事によって、自分の飼っているリヴリーの経験値、レベルを上げ、リヴリーにさまざまな技を覚えさせることができる。またエサにはリヴリーの毛色を変化させたり、大きさを変えたりする事ができる力がある。また、リヴリーはdoodoo(リヴリーアイランドの世界での通貨)と呼ばれる宝石のウンチを出し、ユーザーはこれを使ってリヴリー用のエサアイテム等を買う事ができ、リヴリーの住処であるアイランドを飾って楽しむ、オンライン箱庭的育成チャットツールである。

リヴリーの種類[編集]

(一般リヴリー:13種)

  • ピグミー
  • トビネ
  • アメノヒグラシ
  • ゲッコウヤグラ
  • ワタメ
  • オーガ
  • ブラックドッグ
  • ジュラファント
  • クンパ
  • パキケ
  • ハナアルキ
  • ハナマキ
  • ネオピグミー【Livly Island COR 記念リヴリー】


(限定リヴリー:65種)

  • カンボジャク【2002年ハロウィン限定】
  • ケマリ【2002年クリスマス限定】
  • オオツノワタケ【2003年お正月限定】
  • ムシチョウ【G.L.L.限定】
  • トウナスモドキ【2003年ハロウィン限定】
  • ユキムグリ【2003年クリスマス限定】
  • マウンテンピグミー【2004年お正月限定】
  • ラヴォクス【2004年、2006年~2011年のバレンタイン限定、G.L.L限定ただし2011年は一般配布】
  • スナイロユンク【G.L.L.限定】
  • ピグミークローン【2004年6月限定】
  • ヘンプクジンチョウ【2004年ハロウィン限定】
  • イッカクフェレル【2004年クリスマス限定】
  • ホオベニムクチョウ【2005年お正月限定】
  • ミミマキムクネ【KissLivlyスタジオ開局記念限定,2011年ホワイトデー限定】
  • ヴォルグ【2005年ハロウィン限定】
  • ユキワラベ【2005年クリスマス限定】
  • クイ【2006年お正月限定】
  • ピキ【KissLivlyスタジオ1周年記念限定、2011年ホワイトデー限定】
  • プリミティブピグミー【リヴリーアイランド3周年記念限定】
  • プリミティブトビネ【リヴリーアイランド3周年記念限定】
  • プリミティブオーガ【リヴリーアイランド3周年記念限定】
  • ショウジョウダルマ【Dr.ミュラー研究所 研究発表会2006 in So-net キャラクター夏祭り トランシロンカード限定】
  • マダラカガ【2006年ハロウィン限定】
  • ウォーム【2006年クリスマス限定】
  • ウボー【2007年お正月限定】
  • オサナヒグラシ 【2007年GW限定 ネオベルミン変身種として登場】
  • プリミティブブラックドッグ 【リヴリーアイランド4周年記念限定】
  • クロメ【2007年ハロウィン限定】
  • ワング【2007年クリスマス限定】
  • メデネ【2008年お正月限定】
  • ネタツザル【2008年閏年限定】
  • プリミティブパキケ【リヴリーアイランド5周年記念限定】
  • ビズー【2008年ハロウィン限定】
  • キャンディスノー【2008年クリスマス限定】
  • ゴズ【2009年お正月限定】
  • プリミティブワタメ【Dr.ミュラー研究所 研究発表会2009 トランシロンカード限定】
  • ミンツ【Dr.ミュラー研究所 研究発表会2009 トランシロンカード限定】
  • リオン【2009年ハロウィン限定】
  • ユキトトリ【2009年クリスマス限定】
  • ビャッコ【2010年お正月限定】
  • ツノナデシ 【リヴリーガーデン 初回限定特典 トランシロンカード限定】
  • イムーバ 【リヴリーガーデン 初回限定特典 トランシロンカード限定】
  • ゼブル 【リヴリーガーデン 初回限定特典 トランシロンカード限定】
  • プリミティブハナマキ 【Dr.ミュラー研究所 研究発表会2010 トランシロンカード限定】
  • ネオピグミークローン 【Dr.ミュラー研究所 研究発表会2010 トランシロンカード限定】
  • ナイトメア【2010年ハロウィン限定、G.L.L限定】
  • ウルパコ【2010年クリスマス限定】
  • ラビネ【2011年お正月限定】
  • プリミティブケマリ【2011年イースターイベント限定】
  • ディノトプス【2011年遺跡イベント限定】
  • デビルピグミー【Dr.ミュラー研究所 研究発表会2011 トランシロンカード限定】
  • トビネクローン【Dr.ミュラー研究所 研究発表会2011 トランシロンカード限定】
  • シャマネコ【2011年ハロウィン限定】
  • スノードット 【2011年クリスマス限定】
  • ツノツキウリュー【2012年お正月限定】
  • オルフ【Dr.ミュラー研究所 研究発表会2012 トランシロンカード限定】
  • プリミティブゲッコウヤグラ 【Dr.ミュラー研究所 研究発表会2012 トランシロンカード限定】
  • フィンク【2012年ハロウィン限定】
  • リルネ【2012年クリスマス限定】
  •  ミズカミノオロチ【2013年お正月限定】
  •  ホワイトドッグ【2013年お花見イベント限定】
  •  ミドリメトビネ【2013年GW限定 ネオベルミン変身種として登場】
  • ミニョン【Dr.ミュラー研究所 研究発表会2013 トランシロンカード限定】
  • プリミティブクンパ【Dr.ミュラー研究所 研究発表会2013 トランシロンカード限定】
  • ギッテム【2013年ハロウィン限定】
  • プルリネ【2013年クリスマス限定】
  • ムラクモノテンマ【2014年お正月限定】

管理リヴリー[編集]

管理リヴリーは、主要なパークに住み着いている管理用のリヴリー。 中には通常は配布していない種類のリヴリーもいる。

リヴリー名 飼い主名 種類名 説明
ミューミュー Gamepot ピグミーオリジナル 「リヴリーアイランド」に居る管理リヴリー。ピグミーとは容姿が異なり、寝癖の様なものがついている。ミュラー博士によって生まれた最初の1匹。
ダークヤグラ ダークヤグラ ダークヤグラ 「リヴリー引き渡し所」に居る管理リヴリー。ゲッコウヤグラの突然変異体で、人形の頭に寄生している。自分の記念日などに、引き渡し所にある胴体と合体することもある。管理リヴリーの中では最も高い人気を誇る。
プーケ ジュリエット ピグミークローン 「ミュラー博士の準備室」に居る管理リヴリー。ミューミューのクローン。普通のピグミークローンとは容姿が異なり、寝癖がなく、包帯にホチキスがついており、右耳の包帯がはずれている。飼い主はミュラー博士の夫人。
チャパティ ムスターファ ハナマキ 「やどかり亭」に居る管理リヴリー。普通のハナマキとは容姿が異なり、ターバン、エプロン、ピアスを付けていて、やどかり亭のマークの入れ墨がある。
コウ作 島屋匠ノ助 シマノグラシ 「島屋」に居る管理リヴリー。アメノヒグラシの進化系で、2足歩行。エプロンを付けていて、髭がある。
ポッサム アニーナ ピキ 「アトラクション入り口」にいる管理リヴリー。元「KissLivlyスタジオ」の管理リヴリー。普通のピキとは容姿が異なり、蝶ネクタイを締め、ウサギ耳の被り物をしている。2010年4月14日に旅に出てしまったが、その後「アトラクション入り口」に移った。
バンブゥ ムルダ クンパ 「バンブーアンケートパーク」に居る管理リヴリー。元「バンブーポスト」の管理リヴリー。普通のクンパとは容姿が異なり、帽子をかぶっており、角(耳のようなもの)の形が違う。
ジェイドグリーン アッシュダウン ミドリメトビネ 「ホテルワイズウッド」に居る管理リヴリー。普通のミドリメトビネとは容姿が異なり、緑の帽子をかぶっており、腕章を付けている。
ジュリエット ミュラー ピグミークローン 「ミュラー博士の研究室」に居る管理リヴリー。プーケと同じく、ミューミューのクローン。普通のピグミークローンとは容姿が異なり、寝癖がなく、包帯にホチキスがついており、右耳の包帯がはずれている。名前の由来は飼い主の夫人から。
ボンド ジェームズ マズル 「リヴリータイムズ社」に居る管理リヴリー。ブラックドッグに似ているが、角と尻尾がなく、2足歩行。帽子をかぶっており、マイクをもっている。鞄のようなものはマイクに接続されている録音機器。
ルビーローズ エズメラルダ アカゲパキケ 「パキケフーズ」に居る管理リヴリー。パキケとは容姿が異なり、帽子をかぶり、腕章を付けており、角の巻き方が違い、★マークが付いている。
コーネリアス ゴールドバーン シマノグラシ 「ドリームアイル不動産」に居る管理リヴリー。アメノヒグラシの進化系で、2足歩行。帽子をかぶっていて、腕章を付けており、髭がある。
マハラ マハラジャ シマオーガ 「マハラショップ」に居る管理リヴリー。オーガとは容姿が異なる。帽子をかぶっている。腕章を付けている。かつてはやどかり亭の店主だったためやどかり亭のマークの入れ墨がある。
ヴィルケット ウーティー ユキムグリ 「マイショップ登録所」に居る管理リヴリー。普通のユキムグリとは容姿が異なり、帽子をかぶっており、角の形が違う。
m-002号 m-002号 不明 「G.L.L城B2地下飼育室」に居る管理リヴリー。ショウジョウダルマとは容姿が異なり、手、足、体がとがっている。以前は大暴れし、ミュラー博士に怪我を負わせたため、鎖で拘束されていたが、とげがなくなり、気性も落ちついたため、鎖がとかれた。
プラム・ピー 不明 ピグミー 「プラム・ピーの部屋」に居る巨大な管理リヴリー。元「G.L.L城B3秘密の部屋」の管理リヴリー。普通のピグミーとは容姿が異なり、体の大きさ、体の模様、形が違う。バイオレコードはなく、背景扱いだが、餌を与えることができ、フウセンコガネを5匹与え、尻尾をクリックするとddをもらす。CORへの移行の最中、自分の体重に耐えられず、部屋の床が抜けて落ちてしまった。その後救出され、プラムピーの部屋に移った。
ボロドウ リヴリーアイランド管理スタッフ ミドリメトビネ 「G.L.L城門前」に居る管理リヴリー。普通のミドリメトビネとは容姿が異なり、帽子をかぶり、リュックを持っていて額の白い部分がギザギザになっている。2007年9月現在は出現していない。2010年現在は「ホテル・ワイズウッド」に宿泊しており、たまにパーク内に出現している(一部目撃例あり)。
アフロディナス リヴリーアイランド管理スタッフ オオムシチョウ 「G.L.L城5F火ノ間」に居る巨大な管理リヴリー。ムシチョウとは容姿が異なり、体の大きさや頭の形が違い、冠をかぶっている。バイオレコードはなく、背景扱い。
ヴァートン エドワード森村 ヒゲヘンプクジンチョウ 「G.L.L城」に居る管理リヴリー。ヘンプクジンチョウとは容姿が異なり、髭があり、耳の形が違い、帽子をかぶり、首輪をしている。バイオレコードはなく、設定上存在している。
ビム リヴリーアイランド管理スタッフ ケマリ 「G.L.L入場門」に居る管理リヴリー。普通のケマリとは容姿が異なり、帽子をかぶっている。バイオレコードはなく、背景扱い。
ベルメット ビーティー ユキムグリ 「マイショップ登録所」に居る管理リヴリー。普通のユキムグリとは容姿が異なり、帽子をかぶっており、角の形が違う。バイオレコードはなく、背景扱い。
ムズーラ ベルナルド ゲッコウヤグラ 「宝くじ販売所」に居る管理リヴリー。普通のゲッコウヤグラとは容姿が異なり、頭にピアスがある。バイオレコードはなく、背景扱い。
ヴィクテル チャーリースタンプ マナウィ 2007年3月にオープンした「スタンプパーク」に居る管理リヴリー。バイオレコードはなく、背景扱い。
アレクサンドロス 不明 ドワーフモール 2005年7月のリヴリーアイランド2周年記念イベントと2008年11月のG.L.L5周年記念イベント限定で登場した秘密ショップ「アナグラ亭」の管理リヴリー。帽子をかぶっている。バイオレコードはなく、背景扱い。
バルバー 不明 ヒゲリスモドキ 「G.L.L城」内にて期間限定で登場する秘密ショップ(2008年現在、2006年2月のバレンタインイベントと2007年11月のG.L.L4周年イベントの計2回登場)の管理リヴリー。また、2007年~2009年のバレンタインイベント時には「G.L.Lイベント広場」に登場。帽子をかぶっており、蝶ネクタイをつけている。バイオレコードはなく、背景扱い。
パニーニャ 飼育指導員A シマミンツ 「ビギナーズパーク」に居る管理リヴリー。ピロールの姉。ミンツとは容姿が異なり、帽子をかぶっていて腕章を付けている。
ピロール 飼育指導員B シマミンツ 「案内パーク」に居る管理リヴリー。パニーニャの妹。ミンツとは容姿が異なり、帽子をかぶっていて腕章を付けている。
ドリミー ピッパリー 不明 「ヤミーSHOP」に居る管理リヴリー。元「ヤミショップ」の管理リヴリー。バイオレコードはなく、背景扱い。
ロイキー サフラン イムーバ ? 「ヤミーセレクトSHOP」に居る管理リヴリー。元「ヤミ箱屋」の管理リヴリー。イムーバとは容姿が異なり、帽子をかぶっていて、頬の色と腹の模様がちがう。バイオレコードはなく、背景扱い。
ニューミュー so-net ネオピグミー 「リヴリーアイランド」に居る管理リヴリー。普通のネオピグミーとは容姿が異なり、寝癖の様なものがついている。バイオレコードはなく、背景扱い。
スヴィダーニャ リヴリーガーデンPRスタッフ イムーバ 「パーク入り口」に居る管理リヴリー。DSソフト「リヴリーガーデン」の紹介をするらしい。イベント時は被り物をする。
ロドボウ リーンハルト ミドリメトビネ 「ティータイム公園赤」に住んでいる。普通のミドリメトビネとは容姿が異なり、ネクタイを締めかばんを持っていて額の白い部分がギザギザになっている。
ボロドウ2世 ボロドウ2世 ミドリメトビネ 「ティータイム公園黒」に住んでいることになっている。が、ホテルワイズウッドに宿泊中。帽子と仮面をかぶり、マントをつけている。なぜか生まれたときからレベルが1000あった。
レビル エドワード デビルピグミー 「G.L.L中央広場」に住んでいる。2011年11~12月にかけて行われたモンスターパニックイベント時、アリの巣を守るためにエドワード・ミュラーが実験で生み出した。だが産まれたばかりのために、目的を分かっていない。その後イベントが終わり、そのままG.L.L中央広場に住み着いたため、管理リヴリー化した。
ジャックポット 不明 ネタツザル 「景品交換所」に居る管理リヴリー。長い間名前がなかったが、2012年2月に公式Twitterで名前を募集して名付けられた。普通のネタツザルとは容姿が異なり、首にフリルが付いた蝶ネクタイをしている。バイオレコードはなく、背景扱い。
バラッタ アンナベッラ ユキワラベ? 「交換パーク」に居る管理リヴリー。普通のユキワラベとは容姿が異なり、耳にリボンを巻いて服を着ている。バイオレコードはなく、背景扱い。
カルティーナ アルバ イッカクフェレル 「レイアウト展示パーク」に居る管理リヴリー。飼い主のアルバはフォトグラファーで、火曜日のおしゃれリヴリー撮影会の撮影を担当することもある。
デデノスケ スタッフ山田 ミドリメトビネ 「温泉パーク」に居る管理リヴリー。G.L.L中央広場でリヴリータイムズの受付をしていたが、リヴリータイムズ社の一般パーク移転とともに姿を消した。その後、温泉パークが建設され再び管理リヴリーに就任した。

[編集]

餌を食べることによってリヴリーは経験値を獲得し、色やサイズが変化する。餌にはいろいろな種類があり、それぞれに異なる特性を持つ。 色変化は加法で、食べた餌の種類によってRGBの値に加算、減算処理が行われる。例えばテントウムシの色変化値はR+2 G-1 B-1で、リヴリーは少し赤くなる。ユーザーはどの餌を与えるか考え与えることで、リヴリーを自分好みの色にすることができる。餌の種類と十匹あたりの値段は以下のとおり。 またリヴリーが自分でえさを拾うこともある。


やどかり亭
  • テントウムシ            18doodoo
  • オンブバッタ             30doodoo
  • ツマグロヒョウモンの幼虫 60doodoo
  • アオムシ               60doodoo
  • セシスズメの幼虫        65doodoo
  • クロヤマアリ             20doodoo
  • カブトムシの幼虫         84doodoo
  • ウズバカゲロウ          52doodoo
パキケフーズ
  • フサムシ          89doodoo
  • マタタビムシ       77doodoo
  • ニガアリ           77doodoo
  • ミツアリ           77doodoo
  • マメムシ           77doodoo
  • コガネグモ         70doodoo
  • クロムシ           65doodoo
  • ケセランパサラン   95doodoo
  • フウセンコガネ     62doodoo
  • アカジマトラカミキリ 68doodoo
  • ムラサキシジミ     72doodoo
  • シマミミズ         40doodoo
カフェワイズウッド
  • ニガアリゼリー    200dd
  • マタタビティー    180dd
  • マメムシコーヒー 180dd
  • ミツアリプリン     200dd
ヤミーショップ
  • ヤミカプセル赤(+) 550YM
  • ヤミカプセル赤(-) 550YM
  • ヤミカプセル緑(+) 550YM
  • ヤミカプセル緑(-) 550YM
  • ヤミカプセル青(+) 550YM
  • ヤミカプセル青(-) 550YM
  • スーパーヤミカプセル赤・緑・青(+・-) 950YM
  • デフォルトリンC・S・P 5000YM(ただし1個売り)
  • トレバン 400YM(ただし1個売り)
  • ヤミパワードリンク ×1 300YM、×5 1500YM、×11 3000YM
限定エサ
  • クロオビアオゾウムシ(「リヴリー★メール素材」正解者限定) 非売品
  • チョコガネムシ(2010年、2011年バレンタインイベント限定) 非売品
  • マシュマロコガネ(2010年、2011年ホワイトデーイベント限定) ちなみに、2011年は拾ってくることがあった  非売品
  • ハチノコ(2010年モンスター大量発生イベント限定)  非売品
  • イチゴムシケーキ(G.L.L9周年限定)      350dd
  • ケセパムシタルト(G.L.L9周年限定)      550dd
  • チョコムシケーキ(G.L.L9周年限定)      450dd
  • テントウムシのムース(G.L.L9周年限定)   400dd
  • ルリセンチコガネケーキ(G.L.L9周年限定)  400dd
  • 野生のミツアリ 拾ってくるのみ
  • 野生のニガアリ 拾ってくるのみ
  • 飲むネオベルミン・ホワイトドッグ(お花見イベント2013限定) 非売品
  • 飲むネオベルミン・ピグミークローン(2013年4月5日~4月29日の期間中に条件を満たすと取得) 非売品

アイテム[編集]

リヴリーの暮らす島には様々なアイテムを配置することができる。 同時設置可能数は5個までだが、G.L.L会員はG.L.L内パークでスタンプを押す(1回/月)ことにより、その保持数に準じて設置上限数を増加させられる。 アイテムはG.L.Lマハラショップ、グリンの丘(イベント時)、パーク及びG.L.L内宝箱(イベント時)、リヴリー死亡時、ヤミショップ、携帯リヴリーサイトなどで手に入れられる。また、コルからリヴリーがログアウト中に自分でアイテムを拾うようになった。拾ってくるアイテムには、通常は手に入らない物も有る。 リヴリーの技に反応して状態が変化するアイテムや、アイテムそのものに特殊効果(餌を食べるなど)を持つアイテムがある。

  • ムシクイ(アカムシクイ) : 全ての餌を食べる
  • キイロムシクイ : フサムシ以外の餌を食べる
  • シロムシクイ : ケセランパサラン以外の餌を食べる
  • クロムシクイ : クロムシ以外の餌を食べる
  • ウサムシクイ(ラッキーリヴリーくじ2012の中身) : シマミミズとフサムシ以外の餌を食べる

などは、アイランドに設置するとリヴリーにあげた餌を代わりに食べてしまうので、他ユーザーからの餌やりを防止してくれる。 SWFの表示をブロックする等の方法で、ムシクイを設置していながらも餌をやる「ムシクイ突破」が存在したが、2013年にムシクイの仕様変更が行われてムシクイ突破はほぼ不可能となった。

2006年7月、ユーザーがアイテム(前景・背景を除く)の配置場所を自由に変更できるようになり、レイアウトコンテストが開催されるようになった。入賞者には帽子、最多投票数を得た大賞受賞者には王冠と自分が飼っているリヴリーのぬいぐるみが授与される。 ユーザーの考案したアイテムおよびアイランドを実際に登場させるというコンテストが不定期で行われている。

ミニリヴリーの種類[編集]

ミニリヴリーとは、リヴリーのようにプレイヤーが操作や飼育することは出来ないが、アイテムとして島に設置することができる生物のこと。下記の他にも、カタツムリ、毒マイマイ、黒巻き貝(ヤドカリ)など動くアイテムがあるが、これらはミニリヴリーには分類されない。

アイテムとして頒布されたミニリヴリー
  • ムシクイ(G.L.L マハラショップで購入可能)
  • キイロムシクイ(G.L.L マハラショップで購入可能)
  • シロムシクイ(G.L.L マハラショップで購入可能)
  • バナナピール(2005年11月「グリンジャンボddくじ」1等の副賞)
  • モチダルマ(2005年12月「年末ビッグddくじ」1等の副賞、2007年11月「アイテムくじ」1等の賞品)
  • プカポン(2006年7月「ラッキージャンボくじ」1等の副賞、2009年4月「アイテムくじ」1等の賞品)
  • クロバナナピール(2006年7月、12月(再版)「ヤミショップ」商品)
  • トープス(2006年9月「G.L.L宝探しイベント」の宝箱の中身)
  • ニトロ(2006年10月「ヤミショップ」商品)
  • モチガメ(2006年12月「年末ビッグddくじ」1等の副賞)
  • ヒドロ(2007年3月「ヤミショップ」商品)
  • パラフィン(2007年5月「ヤミショップ」商品)
  • タルク(2007年7月「ヤミショップ」商品)
  • スパイクボール(2007年7月「ラッキージャンボくじ」1等の副賞)
  • グリセリン(2007年9月「ヤミショップ」商品)
  • クーストース(2007年9月「G.L.L宝探しイベント」の宝の1つ)
  • クロモリ(2007年10月「ヤミショップ」商品)
  • アカモリ(2007年10月「ヤミショップ」商品)
  • クロロ(2007年11月「ヤミショップ」商品)
  • モチコマ(2007年12月「年末ビッグddくじ」1等の副賞)
  • ポフ(2008年6月20日以降新規飼いで入手可能)
  • ポフ(イエロー)(ビギナーズパークで購入可能)
  • ポフ(ブルー)(ビギナーズパークで購入可能)
  • ポフ(レッド)(ビギナーズパークで購入可能)
  • ポフ(パープル)(ビギナーズパークで購入可能)
  • ポフ(ブラック)(ビギナーズパークで購入可能)
  • ポフ(ピンク)(G.L.L マハラショップで購入可能)
  • ギフトポフ(2008年7月26日~2009年7月29日ミュラー博士の準備室で入手可能。2009年7月30日以降は別のアイテムに変わるため消滅)
  • ボブ(Dr.ミュラー研究所 研究発表会2008 アイテムカード限定)
  • ムラスジナメウシ(2008年8月「ヤミショップ」商品)
  • イチゴナメウシ(2008年9月「ヤミーSHOP」商品)
  • シロモリ(2008年10月「ヤミーSHOP」商品)
  • ダイダイモリ(2008年10月「ヤミーSHOP」商品)
  • ムラサキモリ(2008年10月「ヤミーSHOP」商品)
  • チョンパ(2008年10月「ヤミーSHOP」商品)
  • チョロロギス(2008年12月「年末ビッグddくじ」1等の副賞)
  • チョカスラッグ(2009年2月「ヤミーSHOP」商品)
  • フライフロート(2009年7月「ラッキージャンボくじ」1等の副賞)
  • ギフトポフポフ(2009年7月30日にギフトポフから変わったアイテムの1つ)
  • サルタ(Dr.ミュラー研究所 研究発表会2009「Livly Island ラッキーリヴリーくじ2009」1等の賞品)
  • クロムシクイ(Dr.ミュラー研究所 研究発表会2009「Livly Island ラッキーリヴリーくじ2009」2等の賞品)
  • ストーク(2009年9月「G.L.L宝探しイベント」の宝箱の中身)
  • スプート(2009年9月「G.L.L宝探しイベント」の宝箱の中身)
  • アオモリ(2009年10月「ヤミーSHOP」商品)
  • キモリ(2009年10月「ヤミーSHOP」商品)
  • ピンクモリ(2009年10月「ヤミーSHOP」商品)
  • クサモドキ・赤(2009年11月「ヤミーSHOP」商品)
  • クサモドキ・緑(2009年11月「ヤミーSHOP」商品)
  • モチツル(2009年12月「年末ビッグddくじ」1等の副賞)
  • タンタル(2010年5月「ヤミーSHOP」商品)
  • アンモヤグラ(2010年7月「ラッキージャンボくじ」1等の副賞)
  • クリオ・オス(Dr.ミュラー研究所 研究発表会2010「Livly Island ラッキーリヴリーくじ2010」1等の賞品)
  • クリオ・メス(Dr.ミュラー研究所 研究発表会2010「Livly Island ラッキーリヴリーくじ2010」1等の賞品)
  • タンタル・緑(2010年10月「ヤミーSHOP」商品)
  • コウハク(2010年11月「ヤミーSHOP」商品)
  • ゴールデンモチハム(2010年12月「年末ビッグddくじ」1等の副賞)
  • モチハム・茶(2010年12月「年末ビッグddくじ」2等の副賞)
  • モチハム・ピンク(2010年12月「年末ビッグddくじ」3等の副賞)
  • モチハム・水色(2010年12月「年末ビッグddくじ」4等の副賞)
  • みずいろ雪虫(2011年1月「ヤミ箱屋」商品「星箱」の中身の1つ)
  • ももいろ雪虫(2011年1月「ヤミ箱屋」商品「星箱」の中身の1つ)
  • コバルト(2011年4月「ヤミ箱屋」商品「魔法学校箱」の中身の1つ)
  • フルボックル(2011年5月「ヤミ箱屋」商品「遺跡箱」の中身の1つ)
  • キャプテン・ボブ(2011年7月「ラッキージャンボくじ」1等の副賞)
  • 船員・ポフ(2011年7月「ラッキージャンボくじ」2等の副賞)
  • 水兵・ポフ(2011年7月「ラッキージャンボくじ」3等の副賞)
  • バグポフ(2011年8月イベント「INVADER BUSTERS」限定、G.L.L限定。)
  • バブポフ(2011年8月イベント「INVADER BUSTERS」限定、G.L.L限定。)
  • ミミズクイ(Dr.ミュラー研究所 研究発表会2011「Livly Island ラッキーリヴリーくじ2011」の景品の1種)
  • ツリウム(2011年10月「ヤミ箱屋」商品「ハロウィン2011箱C」の中身の1つ)
  • キンイロアワノオトシゴ(2011年12月「年末ビッグddくじ」1等の副賞)
  • アワノオトシゴ・白(2011年12月「年末ビッグddくじ」2等の副賞)
  • アワノオトシゴ・水色(2011年12月「年末ビッグddくじ」3等の副賞)
  • アワノオトシゴ・ピンク(2011年12月「年末ビッグddくじ」4等の副賞)

ムシクイとポフ以外は常時購入不可。 一部ミニリヴリーはマイショップにて入手可能。 また販売終了したヤミショップ販売品は再発売されるまで入手不可。 クロバナナピールは、ヤミショップでの再発売時にファイルIDが変えられた為、初版と再版の2種類があるが、外観及び動作はまったく変わらない。 プカポン、スパイクボール、モチコマはマウスでクリックすることができない。

パーク、アイランドに棲むミニリヴリー
  • ピギート(2007年1月に島屋で期間限定販売されたアイランド「金魚鉢の島」、2008年11月にアナグラ亭で販売されたアイランド「冬の金魚鉢の島」に棲む。)
  • チョンパ(2007年10月のハロウィンイベントで登場した黒いミニリヴリー。箱を持ったおばけの発生するパークに出現していた。)
ミニリヴリーゲーム

G.L.L城内のミニリヴリーゲームでは7種類のミニリヴリーを見ることが出来る。城内のミニリヴリーは所持している賞金ddの額によって種類が分かれており、動きに、マウスに反応して逃げる、無作為に動く、等、それぞれ特徴がある。高額なddを持つミニリヴリーほど高速で移動する為、捕獲しにくい。首尾よくミニリヴリーをクリックすると、そのミニリヴリーが持つddを獲得することができ、獲得した賞金額がG.L.L城内お知らせ板に掲示される。

モンスター[編集]

リヴリーアイランドの世界には、モンスターと呼ばれる生物が存在する。省略して「モン」とも呼ばれる。 モンスターは、投石や竜巻などの攻撃技を使ったリヴリーに対し攻撃を加える。リヴリーは4回攻撃されると力尽きるが、モンスターの攻撃は50%の確率で空振りする仕様となっている為、攻撃されても怪我をしない場合もある。

また、モンスターはリヴリーが覚えている攻撃技(投石・ハンマー・雷・竜巻・ブーメラン・氷の息吹(限定技)・恋の矢(限定技)・弾け花火(限定技)・波紋(限定技))で攻撃でき、倒すとddを吐き出す。ddが出るのは、モンスターがリヴリーを食べた後にddだけが消化されなかったため。モンスターを倒すと、モンスターのレベルに応じたddを吐き出す。

モンスターが攻撃されて受けたダメージはバイオレコードのストレスで表示され、これが100%に達するとモンスターを倒すことができる。

CORになってからモンスターは姿を消していたが2010年の雪どけの直後に復活した。

モンスターの種類
移動モンスター

個人の島(アオイトトンボ、ミツバチは一部のパークも)を徘徊している。こちらから攻撃しなければ、襲ってくることはない。しばらくすると別の島へ移動していくが、追い出しも可能。

  • スズメバチ(Lv.8、12)
  • オオカマキリ(Lv.12)
  • ジョロウグモ(Lv.10、11、14)
  • アオイトトンボ(Lv.1)2007年8月23日、怪物大量発生警報解除となりそれ以降は姿を消した。(/transform は可能)
  • オニヤンマ(Lv.14)
  • ミツバチ(Lv.1)2008年5月14日~2008年5月21日及び2009年5月13日~2009年6月1日の怪物大量発生警報中のみ登場。それ以降は姿を消した。(/transform は可能)
  • アリ(Lv.1)2011年11月29日~12月8日イベント「モンスターパニック」のみ登場。

Lv.が高いもので、名前や色のついたモンスターもいる。 出会う事が少ないため「レアモン」とも。

《スズメバチ》

  • クイン(白)Lv.88
  • カーキス(紫)Lv.39
  • ゾッド(黄土)Lv.35
  • デイモス(白)Lv.23
  • ノイズ(赤)Lv.23
  • アパッチ(橙)Lv.22
  • ブラックホーク(紺)Lv.22
  • コブラ(明黄)Lv.22
  • ハインド(濃紫)Lv.22

《ジョロウグモ》

  • アルゴル(濃ピンク)Lv.44
  • ラッドラック(白)Lv.41
  • ジャワ(緑)Lv.39
  • アセンブル(黄)Lv.25
  • コンパイル(橙)Lv.25
  • ベルガ(薄黄)Lv.24
固定モンスター

特定のパークに出現する。倒すと一時的に気絶しddを排出するが、約1時間で再び目覚める。 こちらが何もしていなくても、無差別にその場にいるリヴリーを襲う。ベビーグリフォンが反撃してくることはない。 パークに生きているリヴリーが一匹もいなくなると、次の起床時間まで姿を消してしまう。

  • セントアルテミスパーク
ローズウッド(オオカマキリ)Lv.76 別名:マダム
  • ウォーターグリフォンパーク
ウォーターグリフォン(タガメ)Lv.61別名:社長
ベビーグリフォン(タガメ)Lv.1:若
  • WGPクラシック(G.L.L内)
オニヤンマ(オニヤンマ)Lv.80 … 2008年10月22日(水)18:00~19:20のメンテナンス以降G.L.L大公園3に駆除対応中
  • ブロッサムパーク
821(ミツバチ)Lv.1 … 2009年5月13日~2009年6月1日の怪物大量発生警報中のみ登場。
  • イベント限定モンスター
アストリッド(女王アリ)Lv.1000 … 2011年11月29日~12月8日イベント「モンスターパニック」(G.L.Lイベント広場)及び2012年5月11日~5月24日遺跡発掘イベント(遺跡010)に登場。圧倒的にレベルが高いボスモンスターだが、攻撃はしてこない。

以前ローズウッドはパーク建設予定地ブルーに住み着いていたが、パーク建設予定地ブルーはブロッサムパークへと変わり、ローズウッドはそこから姿を消してセントアルテミスパークに住み着いたという。

怪物の森

怪物の森に様々なレベルのモンスターが出現する。Lv.9までのモンスターは攻撃してこない。Lv.10以上のモンスターは、リヴリー側から攻撃をしなくても無差別に攻撃してくる。

これらのモンスターに対処するために怪物危険対策パークというパークが作られている。

[編集]

リヴリーはレベルアップすることによって、レベルに合わせて技を覚える。また、イベントなどで期間限定で技を習得出来る場合や、GLLに入っている期間中だけ使える技もある。技を発動する場合は、技メニューの中のボタンを押すか、リヴリー飼育コントローラの入力ボックスに/技名を入力する。 覚えた技は技メニューにボタンが表示されるが、/home(帰宅), /move 島名(指定した島に移動), /random(ランダム放浪), /shop(マイショップのある島に移動) 等、記載されない隠し技も存在する。技の中にはモンスターに対する攻撃技として使える技、使用するたびにリヴリーの疲労度(隠しパラメータ)が上昇する技がある。

  • 以下はレベルアップで覚える技

覚えるレベル 技名 説明

2 ハート リヴリーがハートを出す。コマンド入力の後にリヴリー名を入れると指定したリヴリーに向かってハートを投げられる。

3 身震い リヴリーが震える。

4 おなら リヴリーがおならを出す。コマンド入力の後に階名をいれるとその階名のおならが出る。1発に付きストレス値が1減る。

5 暗闇 暗闇を呼び出す。

6 クラッカー クラッカーを出して祝福する。

7 灼熱の怒り リヴリーが真っ赤におこる。

8 笑い リヴリーの上に笑った顔が出る。連続でやると顔が変わる。

9 涙 リヴリーの上に泣いた顔が出る。連続でやると顔が変わる。

10 帽子 リヴリーが帽子をかぶる。チームに入るといつも決まった帽子が出るようになる。

11 言葉の爆弾 言葉の爆弾を仕掛ける。

12 宝石落とし doodooを落とす。

13 痛みの矢 リヴリーに矢が飛んできて刺さる。レベルによって刺さる本数が変わる。

14 フリーズ リヴリーが凍りつく。連続でやると氷が厚くなる。

15 リヴリーの結束 チームに入ったり作ったりする。コマンド入力/teamで抜けられる。

16 連絡 ログイン中のチームメンバーに手紙を送る。

17 焚き火 リヴリーがたいまつを投げる。複数ですると火が大きくなる。

18 投石 他のリヴリーに石を投げる。モンスターへの攻撃技として使用できる。

19 ちぢこまり リヴリーを一時的に小さくする。

20 花 アイランドに花を咲かす。レベルによって花の数が変わる。

21 北風 アイランドに風を吹かす。

22 花火 リヴリーから花火が打ちあがる。

23 追跡 指定したリヴリーの元に移動する。

24 鐘の音 チャイムの音を鳴らす。

25 授業 文字の書いた黒板を出す。出した黒板は/teachとコマンドのみ入力することで消える。

26 追い出し 自分の島からリヴリーを追い出す。追い出されたリヴリーはすぐ自分の島に返される。

27 アジトの鍵 アジトへ行ける鍵を出す。一度出したアジトの鍵を再び出すことはできない。

28 巨大化 リヴリーを一時的に大きくする。

29 変化 指定したその場に居るリヴリーに変身する。

30 分身 数秒間、自身のリヴリーの分身が出る。

31 ハンマー 指定したリヴリーにハンマー攻撃をする。モンスターへの攻撃技として使用できる。

32 宝石変化 リヴリーがdoodooに変身する。コマンド入力/fakeの後に数字を入れるとその数字のdoodooに化ける。

34 流れ星 リヴリーから星がこぼれ落ちる。

35 心眼 指定したリヴリーのバイオレコードを見る。

37 導きの書 他サイトへのリンクを設置する。

38 雷 指定したリヴリーに雷を落とす。モンスターへの攻撃技として使用できる。

39 時の掲示 指定した秒数を計る。

40 催眠 自分とその周りのリヴリーが寝る。

41 クロムシ召喚 アイランドにクロムシを召喚する。リヴリーが疲れる。

44 雨乞い アイランドに雨を降らす。

46 変身 指定した種類のリヴリーに変身する。自分のリヴリーのRGBが反映される。

47 地震 アイランドに地震をおこす。

48 縮小 連続して使うとちぢこまりより小さくなる。そしてやがて消える。

55 拡大 連続して使うと巨大化より大きくなる。

57 竜巻 指定したリヴリーを竜巻に巻き込ませる。モンスターへの攻撃技として使用できる。

58 ケセランパセラン召喚 ケセランパセランをアイランドにまく。リヴリーが疲れる。

70 宝石の匂い リヴリーがdoodooのある場所に移動する。リヴリーが疲れる。

80 ビッグクラッカー クラッカーよりも大きなクラッカー。

99 大いなるおなら おならよりも大きなおなら。1発に付きストレス値が10減る。

110 雪 アイランドに雪を降らせる。

125 ブーメラン 指定したリヴリーにブーメランを投げる。モンスターへの攻撃技として使用できる。

182 歩く木 リヴリーが木に変身する。木に変身したリヴリーが死ぬと枯れ木になる。

  • 期間限定の技

技名 説明

治癒 指定したリヴリーの怪我を治す。リヴリーが疲れる。

プレゼント リヴリーがプレゼント箱に化ける。

結束の光 リヴリーが青白い光を出す。複数でこの技を使うと光がつながる。

羽毛 リヴリーが羽毛に化ける。

虹 リヴリーの上に虹が出来る。

弾け花火 弾け花火が出る。コマンド入力でリヴリーの名前を入れるとそのリヴリーに弾け花火が飛ぶ。モンスターへの攻撃技として使用できる。

氷の息吹 指定したリヴリーを凍りつかせる。モンスターへの攻撃技として使用できる。

恋の矢 指定したリヴリーにハートのついた矢を射る。モンスターへの攻撃技として使用できる。

波紋 指定したリヴリーに水を落とす、時々たらいが出る。モンスターへの攻撃技として使用できる。

稲妻 指定したリヴリーに激しい稲妻を落とす。モンスターへの攻撃技として使用できる。

炎の矢 指定したリヴリーに炎の矢を撃つ。モンスターへの攻撃技として使用できる。

いばらの鞭 指定したリヴリーにいばらの鞭を当てる。モンスターへの攻撃技として使用できる。

氷の矢 指定したリヴリーに氷の矢を撃つ。モンスターへの攻撃技として使用できる。

  • GLL入会中限定の技(スタンプパークのつぼで習得できる。)

集合 自分の飼っているリヴリーを通心中のリヴリーのいるところに集める。

静かなる足音 リヴリーが移動する時の音が消える。もう一度発動すると元に戻る。

散歩 通心中以外のリヴリーどれか一匹を30分間自動放浪させる。経験値は通常の半分で疲れは普通に溜まる。1度発動させるとキャンセルは出来ず、一匹のリヴリーに対し1日1回しか発動できない。

  • ラッキーリヴリーくじ(リアルイベント会場で販売されるシリアルナンバーつきカード)のシリアルナンバーを入力すると取得できる技

治癒最大 指定したリヴリーの怪我を1回で最大値まで回復させる。

黒翼 リヴリーが黒い羽毛に化ける。羽毛の黒バージョン。

メテオ 指定したリヴリーに小さな惑星を落とす。モンスターへの攻撃技として使用できる。

バラの園 リヴリーの頭上に薔薇が咲く。

ポーカー 指定したリヴリーに向かってトランプを投げる。モンスターへの攻撃技として使用できる。

シューティングスター 指定したリヴリーに小さな星や惑星を落とす。モンスターへの攻撃技として使用できる。

タイム 時空の力により時を止め、その場にいるリヴリーが静止状態になる。

クリーン アイランドに落ちているdoodooを一瞬で拾うことができる。リヴリーが疲れる。

doodoo[編集]

doodoo(ドゥードゥー)とは宝石の形をしたリヴリーのふんであり、リヴリーの世界では通貨として使用される。略してddとも呼ばれる(以下dd)。

宝石の種類は、1dd、5dd、10dd、50dd、100dd、500dd、1000ddがある。

ddは約1時間毎に1~100ddの宝石がランダムに1つずつ(確率は高額になるほど低い)体内で蓄積されていき、飼い主が飼育コントローラの「おまるボタン」を押すことにより排出される。前回の排出から約24時間以内におまるボタンを押さないと、リヴリーはddを漏らしてしまう。排出したddを拾うことで飼い主の所持金が増えて行くが、他の飼い主が拾うことも出来る。「宝石の匂い(70レベル)」という技を使うことで、排出されたまま拾われていないddを探すことが出来る。1回のサーチでランダムで100の島から探すが、ddが見つからない場合もある。またこの技はリヴリーの体力を消耗する為、1回につき疲労度が+10上昇する。

パーク(公園)[編集]

リヴリーアイランドには、いくつかのパーク(公園)が存在する。 それぞれのパークへは、案内パーク⇒パーク入り口⇒目的のパークの手順で移動可能。

パークの一覧と簡単な説明

  • ウォーターグリフォンパーク

モンスター ウォーターグリフォンが出現するパーク。広いパーク全体を表示している為、リヴリーが他のパークより小さく表示される。2007年6月にパーク内の噴水が損壊し、大量の水を噴出した。それにより、以前は噴水内のみに1匹だけ住んでいたヤゴのような生物が増え、パーク全体に広がっていた。2007年8月にヤゴが羽化し、モンスター(アオイトトンボ、オニヤンマ)へと変化、個人のアイランドへも出没するようになった。2008年5月現在の出現モンスターはウォーターグリフォン、ベビーグリフォンの2体。  パーク説明書き:かつて大きなテーマパークだった箱庭。今は荒廃し、水路の中に何かの昆虫が住み着いているらしい。冒険心にあふれるリヴリーが集まる場所。

  • アクアマリンパーク
海をイメージした公園。

 パーク説明書き:海をイメージしてサンゴを並べた公園。落ち着いた色調で、リヴリーの心を静かに癒してくれる場所。

  • サンドワームパーク
砂漠をイメージして作られた公園。

 パーク説明書き:乾燥した砂だらけの公園。サボテンが自生している。昔ここには何かの虫が住み着いていたという噂がある。

  • セントアルテミスパーク
とても広い公園。モンスターのローズウッドが住み着いている。

 パーク説明書き:たくさんの丘で構成された公園。奥行きが感じられ、最も広い公園のひとつとされている。ここで遊ぶリヴリーはいつも以上に開放感をおぼえる。

  • サイレントミルクパーク
一面真っ白なちょっと変わった公園。リヴリーの写真撮影用に利用されている。

 パーク説明書き:リヴリーの写真撮影用に作られたスペース。リヴリーファンが訪れて、技などの写真を撮るために使われていた。今は集いの場所として提供されている。

  • CORパーク
Livly Island CORを記念して作られた公園。

 パーク説明書き:「Livly CORを記念して作られたパークです。」

  • セントミラノス霊園
墓のたくさんある公園。

 パーク説明書き:ハロウィンイベントを記念して作られた公園。死んでしまったリヴリーの魂を鎮めるためのお墓が並べられている。歴代の最長老だけがここに埋葬されるという。

  • セントクロスパーク
雪が積もっている公園。

 パーク説明書き:クリスマスイベントを記念して作られた公園。リヴリー用に作られた公園の中では格段の広さを誇り、静けさを求めるリヴリーがここに集まる。

  • キュラノスウッズ
ハロウィンをイメージして作られた公園。

 パーク説明書き:ハロウィンを記念して作られたパーク。カボチャのちょうちんが並べられた深い森です。

  • スノーマウンテンパーク
氷山をイメージして作られた公園。元は「パーク建設予定地イエロー」。

 パーク説明書き:2003年度クリスマスを記念して作られたパーク。凍りついた雪山です。遠くにオーロラが見えています。

  • ブロッサムパーク
リヴリーサイズの桜の木がたっている公園。元は「パーク建設予定地ブルー」。

 パーク説明書き:リヴリーサイズの桜の木がたっているパーク。お花見の季節に最適の環境です。

  • マイショップ宣伝パーク
マイショップの宣伝をする為に作られた公園。

 パーク説明書き:マイショップを宣伝するためのパーク宣伝、情報収集にご利用ください。

  • チーム結束パーク
チームを組む、あるいはチームの宣伝をする為に作られた公園。

 パーク説明書き:チームメンバーを探すための用途別公園。チーム結束に関する交流、情報収集にご利用下さい。 ここでは自分とその近くにいる一部のリヴリー以外を透明にする技がかかっています。

  • 怪物危険対策パーク
モンスターについての話をするための公園。元は「パーク建設予定地ピンク」。

 パーク説明書き:モンスターに関する情報交換をするための用途別公園。モンスターの生態、居場所についての情報交換などにご利用下さい。ここでは自分とその近くにいる一部のリヴリー以外を透明にする技がかかっています。

  • ビギナーズパーク
リヴリーを始めて幼い初心者のための公園。ポフが販売されている。元は「若葉パーク」。

 パーク説明書き:リヴリーを飼ってまもない初心者さんのための用途別公園。もちろんベテランさんも参加OKです。飼い主さん同士、リヴリーの飼育に関する情報交換などにご利用下さい。ここでは自分とその近くにいる一部のリヴリー以外を透明にする技がかかっています。

  • ブロックパーク入り口
様々なジャンルに分けられた公園。入り口にある大きな看板から個々のブロックパークに移動できる。

 パーク説明書き:どんどん増え続けるリヴリーに対応すべく作られた、量産型の公園の入り口。パークの一部はテーマ別パークとして開放しています。ここでは自分とその近くにいる一部のリヴリー以外を透明にする技をかけています。

それぞれのジャンルパークにはポップアップ型のBBS(掲示板)が置かれている。

Great Livly Land(グレートリヴリーランド・G.L.L)[編集]

グレートリヴリーランド(G.L.L)とは、無料会員では入ることが出来ない有料会員限定のテーマパークの名称であり、月額315円のG.L.Lパスポートを購入することで入場が可能となる。有料会員はG.L.L会員と呼ばれ、会員となることでさまざまなオプションも追加される。支払い方法はSo-netIDを使用したクレジットカードウェブマネー決済となっている。 2007年6月28日には、運営会社So-netの「ソネットポイント」での決済も可能になった。

G.L.L会員の主な特典
  • G.L.L内に移動可能
GLLボタンから「GLL中央広場」に行くことができるようになり、G.L.L内の各種パークへ行くことができる。
  • バイオレコードの変化
バイオレコードに赤いリボンが付けられ、右下にスタンプが押される。この為、G.L.L会員を見分けることは容易である。
  • ddを使用してG.L.L限定の餌、アイランド、アイテムが買える。
無料エリアには売っていない餌やアイランド、アイテムを購入することができる。を参照。
  • ddを使用して薬品が使用可能
さまざまな効果を持つ薬品を使用することが出来る。常時使用出来るものは、現在飼っているリヴリーの一部を変化させる「プラステリン」と、違う種類のリヴリーに変身させることができる「ネオベルミン」。ネオベルミンで変身可能な種類(通常種)は日替わりで変更されるが、イベント期間中には期間限定の種類に変身出来る場合もある。2004年には、限定種も含めたいずれかのリヴリーにランダムで変身させる「トランシロン」が期間限定で登場した。
  • ddを使用して「ホテル・ワイズウッド」に宿泊可能
「ホテル・ワイズウッド」は、リヴリーのための宿泊施設。長期間リヴリーの世話が出来ない場合などに預けておくことが可能で、宿泊中は常に満腹度が最大のまま変動しないため、餓死することはない。ストレス0、満腹度100%で、大きさや色はそのままの状態で帰してもらえる。宿泊日数に関係なく、料金は1回200dd。G.L.L会員の期限が切れた際には、強制的にチェックアウトとなり島に強制送還される。
  • アイランドの最大所持数が増える
アイランドの最大所持数が5個から15個になる。G.L.L解約後も持ち続けていられるが、次に島を購入する場合は4個以下に減らす必要がある。
  • 「マイショップ」機能が追加
マイショップ登録所にて看板(100dd)を買い、島にアイテムとして設置することにより、自分の所持しているアイランドやアイテムを好きな値段をつけて出品することが出来る。また、設置したショップ看板をクリックすることにより、他のユーザーの出品物を購入することが出来る。
  • G.L.L限定のリヴリーが飼育可能
2008年5月現在、G.L.L限定で随時配布されているリヴリーは、「ムシチョウ」「スナイロユンク」の2種。また2月バレンタインイベント中には「ラヴォクス」が会員限定で配布されている。
  • その他特典として、メールマガジンLivlyTimes(毎月第1/3月曜日発行)の購読、クモリンク先への直接移動設定(2008年7月1日に廃止)、リヴリーモニター(携帯電話からのフサムシ給餌 2009年11月24日に廃止)、宝くじ購入時のdd割引などがある。
  • スタンプパークにて毎月スタンプを押すことが可能
2007年03月20日、G.L.Lにスタンプパークがオープンした。このパークでは月1回だけスタンプ帳にスタンプを押すことができる。(押し忘れた月の分は後でまとめ押しが可能)スタンプの累計数に準じてアイランドの最大所持数やアイテム設置可能数が増加するという特典がある(ただしG.L.Lをぬけるとアイランドが最新の5つ以外は使えなくなり、持ち上げて落とされる。)。G.L.Lパスポートが切れるとスタンプ帳は回収扱いとなり特典も消えるが、スタンプ数はリセットされない。

Kiss Livly スタジオ[編集]

Kiss-FM KOBEの開局15周年を記念して、コラボレーションで作られた特設ページ。

デビュー前のアーティストを紹介したり、Podcastingによる番組配信を行っていた。

ミニラジオ(ブラウン・ピンク・ライトブルー・ブルーの4種類)を販売しており、島に設置するとコラボレーションアーティストの楽曲が流れた。

また、時々Kiss Livly スタジオの管理リヴリーや、DJたちによるトークショーも開催された。

Kiss-FMのサウンドクルーや楽曲配信アーティストは「キッスリヴリー」(通称キスリヴ)と呼ばれる特殊なリヴリーを飼育しており、トークショーの際はそれぞれのリヴリーを使いチャット形式で行われた。

また、Kiss Livly スタジオのメインテーマはオオゼキタク「恋オーラ」だった。

選んだアニーナは、「数多くの曲を聴いた帰り道、口ずさんでいたのが恋オーラだった」と言っている。ミニラジオ(ブラウン・ピンク・ライトブルー・ブルーの4種類)を販売していた。


2010年4月16日に音楽の配信が終了し、翌月14日のメンテナンスでKissLivlyスタジオは閉鎖し、建設予定地となった。 コラボレーション終了後、ミニラジオではリヴリーガーデンのCMソングが流れるようになっている。

また、キッスリヴリーはいまでも存在し、現在では満腹度が50%以下にならない特殊リヴリーになっている。

2013年、KissLivlyスタジオから生まれた音楽ユニット「KI☆LA」がリヴリーアイランド10周年を記念したオリジナルソングを制作し、Dr.ミュラー研究所研究発表会2013の会場でCDが景品として配られた。

ヤミーSHOP[編集]

2008年8月26日のメンテナンス後、「ヤミショップ」と「ヤミ箱屋」を統合して公式化され登場したショップ。

2010年4月20日から帽子の試着が可能になった。 2010年7月2日から未ログインでも販売中商品の閲覧ができる機能が追加された。

ヤミショップ
2006年7月18日のメンテナンス後、登場したショップ。直接/move技で移動するか、バイオレコードにある闇印章(緑のシミ)をクリックすると移動できる。 他のショップのようにdoodooでの販売ではなく、So-netIDを使用したクレジットカードかウェブマネー決済でヤミー(YM)というポイントを購入して支払う。2010年3月利用規約が改正され、購入した月の末日から5ヶ月たったヤミーは失効するようになった。(例 2010年3月に買ったヤミーは2010年8月31日に失効する。) ヤミーの値段は以下のとおり。

  • 5,000YM ⇒500円
  • 10,000YM + ボーナス 500YM =合計10,500YM ⇒1,000円
  • 20,000YM + ボーナス1,000YM=合計21,000YM ⇒2,000円
  • 30,000YM + ボーナス2,000YM=合計32,000YM ⇒3,000円
  • 50,000YM + ボーナス4,000YM=合計54,000YM ⇒5,000円

毎週火曜日に商品(背景/前景/島設置アイテム、ミニリヴリー、帽子、アイランド、など)が入れ替わる。餌のヤミカプセルのように常時販売されているものもある。

価格設定はアイテム=1~9,696YM(平均1,500YM前後)、ミニリヴリー=2,000~5,350YM(平均3,400YM前後)、帽子=40~8,000YM(平均3,800YM前後)、アイランド=2,400~3,000YM(平均2,800YM前後)。

商品が再版される場合は初版より若干高めの設定となる。2007年12月時点での最高価格は、背景アイテムのグルグル壁紙で9,696YM。

ヤミショップで購入した商品は、マイショップによる他ユーザーへの二次売買ができない。また、ヤミーのポイント譲渡も行なえず、ユーザー登録を削除した場合はポイントが消滅する。

2007年2月27日から3月5日の一週間は、店主(管理リヴ)の旅行により休業していた。(帰国後販売されたアイテムとリヴリータイムズに掲載された写真から判断するに、恐らく行き先はメキシコと思われる)。2008年3月4日から、再び休業。張り紙には「家庭の事情で一週間ほどお休みします。ヤミショップ」。さらには、2008年8月20日から、またもや「休みます ヤミ」。2008年8月26日のメンテナンス後、「ヤミ箱屋」と統合され「ヤミーSHOP」としてリニューアルオープン。

ヤミ箱屋
2007年12月25日のメンテナンス後、登場したショップ。直接/move技で移動するか、ヤミショップの「and more...」と表示されている箇所に時おり表示される虹色の渦巻きをクリックすると移動できる。 ランダム(重複あり)に中身が変化するヤミ箱(過去のヤミショップ商品、ヤミ箱オリジナル商品など)を購入する。出てくる商品はヤミ箱中身一覧で参照が可能。毎月第4木曜日に中身の商品が入れ替えられる。ヤミ箱屋の主は、気まぐれでよく休暇をとっている。2008年8月26日のメンテナンス後、「ヤミショップ」と統合され「ヤミーSHOP」としてリニューアルオープン。

2010年7月20日のメンテナンス後、こっそりと再オープン。

ヤミーセレクトSHOP
2009年11月24日より開店。店長は元ヤミ箱屋のロイキー。ヤミーSHOPのピンクの服の看板から移動可能。 リヴリーの種類ごとに作られた服やアクセサリーを販売している。 値段は種類ごとに関係なく4500YM

部屋カタログショップ
2010年4月14日に開店した。ルームの壁紙やアイテムを買える。管理リヴリーはいない。案内パークの看板から移動できる。

doodooくじ[編集]

doodooくじとは、ddで購入できる宝くじの事を意味する。ddくじと省略して表すことが多い。不定期に販売される。

ddくじは「宝くじ販売所」で購入でき、購入後、マイアイランドに自動的にくじが表示され、そのくじをクリックすると自分の購入したくじの組及び、番号を確認できる。また、他人のアイランドに設置されているくじは見えない。

後日、発表される当選番号が自分の購入した番号と一致すれば、「宝くじ販売所」にて該当の賞品と交換できる。

通常、1等から5等まであり、1等の賞品はミニリヴリー+dd、2等から4等の賞品はddのみ、5等の賞品はddまたはdd+アイテム。 非常に人気が高く、1日で売切れてしまうこともある。

これまでに販売されたddくじは以下の通り

  • 2005年11月、グリンジャンボddくじ(1等賞品=バナナピール)
  • 2005年12月、年末ビッグddくじ(1等賞品=モチダルマ、5等賞品=しめ飾り2006)
  • 2006年7月、ラッキージャンボくじ(1等賞品=プカポン、5等賞品=3色風船)
  • 2006年12月、年末ビッグddくじ(1等賞品=モチガメ)
  • 2007年7月、ラッキージャンボくじ(1等賞品=スパイクボール、5等賞品=玉飾り)
  • 2007年11月、アイテムくじ(1等賞品=モチダルマ、2等賞品=星空、3等賞品=雪、4等賞品=ラッパのおもちゃ、5等賞品=門松B)
  • 2007年12月、年末ビッグddくじ(1等賞品=モチコマ、5等賞品=豆つぶ盆栽・松)
  • 2008年6月、ラッキージャンボドリームくじ(5等賞品=かたつむり)
  • 2008年7月、ラッキージャンボくじ(1等賞品=ミューミュー指人形、5等賞品=泡クッション)
  • 2008年12月、年末ビッグddくじ(1等賞品=チョロロギス、5等賞品=豆つぶ盆栽・梅)
  • 2009年4月、アイテムくじ(1等賞品=プカポン、2等賞品=バンドビーシュリンプ、3等賞品=リヴリータイムズ紙、4等賞品=3色風船、5等賞品=ビー玉・赤)
  • 2009年7月、ラッキージャンボくじ(1等賞品=フライフロート、5等賞品=えさ入れ)
  • 2009年12月、年末ビッグddくじ(1等賞品=モチツル、5等賞品=豆つぶ盆栽・竹)
  • 2010年7月、ラッキージャンボくじ(1等賞品=アンモヤグラ、5等賞品=アンモヤグラの抜け殻)
  • 2010年12月、年末ビッグddくじ(1等賞品=ゴールデンモチハム、2等賞品=モチハム・茶、3等賞品=モチハム・ピンク、4等賞品=モチハム・水色、5等賞品=モチハム盆栽)
  • 2011年7月、ラッキージャンボくじ(1等賞品=キャプテン・ボブ、2等賞品=船員・ポフ、3等賞品=水兵・ポフ、5等賞品=8周年記念剣)
  • 2011年12月、年末ビッグddくじ(1等賞品=キンイロアワノオトシゴ、2等賞品=アワノオトシゴ・白、3等賞品=アワノオトシゴ・水色、4等賞品=アワノオトシゴ・ピンク、5等賞品=豆つぶ盆栽・ヤブコウジ)

事件・問題点[編集]

リヴリーアイランドでは、しばしばアクセス集中によるサーバ障害やシステムトラブルが発生する。 下記に述べる事件のいくつかは、運用ミス、システム不具合等、システム側の原因によるものと考えられる。

1サーバ所持金0事件

  • 2003年12月頃に7時間に及ぶメンテナンスがあり、メンテ後1サーバに登録されているユーザーの所持金が0ddになった。その後、所持金は復活し、お詫びとして全ユーザーに一律2,000ddが配布された。

アナグラ亭事件

  • 2005年7月、LivlyIsland2周年記念イベントにて発生。限定技を使用してアナグラ亭(過去配布された全ての島を数量限定で販売)に行ける、というものだったが、アクセスが集中して操作困難になり、一部ユーザーがログイン不能、移動不能の状態になった。また、限定技の習得場所だったウォータグリフォンパークで、モンスターの出現イベントが回避されていなかった為、パーク内で大量のリヴリーが死亡するという事態になった。限定数販売された島は人気の島が約2時間程度で、他の島もほとんどが7時間後には完売し、ログインできなかった飼い主やリヴリーを失った飼い主から公式ブログに大量の苦情が書き込まれた。操作不能により死亡したリヴリーについては、ユーザー側からの申請に応じてLivlyIsland事務局側が復活させるという措置が取られたが、LivlyIsland公式ニュースでは告知がされなかった為、申請できる事を知らずに泣き寝入りしたユーザーも多かった。また、申請に対し内容をチェックすることなくリヴを復活させた為、一部のユーザーが虚偽の申請によりピグミークローンやトウナスモドキといった限定種リヴで復活させ、問題となった。2ちゃんねるのリヴリースレッドで告発された殆どの偽申請リヴリーは、スレ住民の大量の告発により、システム側に対処されている。

強制○○事件

  • G.L.L会員が設定できる島移動の直リンク先に、自分のリヴリーが勝手にネオベルミンに漬けられたり、リヴリーが引き渡されたり、島が削除されるといったURLが設定される事件が多発した。非G.L.L会員の飼い主でも、島のクモリンクにそのURLを設定し、dd等を餌に他の飼い主を言葉巧みに誘導するなどの迷惑行為が横行した。

マイショップ事件

  • 2006年8月10日のメンテナンス後に、マイショップ(G.L.Lユーザー間での島、アイテム売買機能)のアイテムが0ddで買えてしまうというシステムトラブルが発生した。0ddで入手したアイテムは買った後もマイショップに残るためレアアイテムなどが大量に増殖された。これに気づいたSo-netは18時から5時間近くに及ぶメンテナンスを行い不具合を修正した。なお、システムトラブルにより増殖したアイテムなどはその後も削除されなかった為、マイショップでの相場が大幅に変動した。

So-netキャラクター夏祭り祭事件

  • 2006年8月に東京の青山で開催されLivlyIslandのリアルイベントとしては3年目のイベント会場限定でトランシロンカードが販売された為、カード購入目的の飼い主たちで朝から行列ができた。販売方法の度重なる変更や行列の整理などに問題があり、一部来場者とイベントスタッフの間でトラブルが発生した。中年の女性がスタッフを傘で殴ったという報告もあるが、傷害事件には至っていない。また、一部のトランシロンカードで記載されたリヴリーに変身できない等の不具合も発生した為、イベントの公式ブログには大量の批判や苦情などが書き込まれた。後日、「So-netキャラクター夏祭り」公式ブログにて運営側からの謝罪あり。イベント後、トランシロンカードがインターネットオークションに出品され、一番人気のピグミークローンのカードが11万円で落札され話題を呼んだ。またこのイベントはYahoo!ニュース等でも取り上げられた。

スタッフD個人ブログ晒し事件

  • 2007年2月、LivlyIslandの公式ブログを担当している「新米スタッフD」の個人ブログと思われるURLが、2ちゃんねるに晒された。規約違反である多頭飼いが公言されていたり、他スタッフや開発会社に対する不満が赤裸々に公開されていたり、金儲け主義的な将来展開が語られていたりと、ユーザーの気持ちを逆なでする内容が含まれていたため、2ちゃんねるのリヴリー関連スレッド内に波紋を呼ぶ。現在も当該ブログは存在するが、問題箇所の記述は削除され、2007年3月14日以降更新されていない。

アイテム強制撤去事件

  • 2007年9月、アイテムのシリアルIDを指定すると、飼い主以外の他のユーザーにでも設置アイテムをはずすことができる、というシステムバグを利用したいたずらが発生。これによって個人島のアイテムやパークの掲示板、トップページのpost boxまでもが撤去された。システムメンテナンスによりパークのアイテムは復活した。LivlyIsland事務局からのニュースでは「システム障害」との表現のみ。

強制dd出資事件

  • 2007年9月、G.L.L城のミニリヴリーのゲームに強制投資させるURLが大掲示板の書き込み等により広がり、クモリンクの移動先にそのURLを設定したり、豆リンク(/link)を使って強制出資させる迷惑行為が横行。同時期にG.L.Lの宝探しイベントが行われていたため、それを狙って宝箱の場所や出入口の位置に豆リンクが置かれるケースも多く、被害が広がった。何らかのシステム対応は行われたらしく、現在では被害は発生していない。

強制ログアウト事件

  • 2007年12月、リヴリーが強制ログアウトされるという被害がパーク建設予定地ブルー、ウォーターグリフォンパーク等モンスターが出現するパークで多発。リンクを悪用した他の事件とは異なり、天見(リヴリーを連れて行かずに島やパークを表示する)しているだけでも、そこに居合わせた人と同じく強制ログアウトされたという報告もある。また同時期に、ブロックパークにいただけで自島の掲示板の書き込みを全消去されるという被害も発生していた。LivlyIsland事務局からのニュース及びユーザーからの問い合わせに対しては一切明言されなかったものの、メンテナンス以降新たな被害報告がなかった為、システム対応済みと考えられていた。しかし2008年1月に同様の現象が発生。いまだ完全な対策は成されていないと推察される。

中秋連続メンテナンス

  • 2008年10月15日(水)午前11時開始 10月16日(木)午前11時終了予定のメンテナンスが2時間延長されて26時間という過去最長のメンテナンスが行われた。内容は/biggasの追加、ランキング仕様の変更、推奨環境の変更に伴うシステムの向上を目的としていたが、メンテナンス後サーバーの不調などによって、11月4日(火)まで毎日2回のメンテナンスが行われた。これにより、doodoo、経験値、ヤミー等の巻き戻り現象や、サーバーの不調により移動の障害、突然ログアウトしてしまう、リヴリーが帰って来ない、画面が表示されない…など著しくプレイに支障をきたす状態が長期間続き、大部分のユーザーの混乱を招いた。また、同時期に行われたハロウィンイベントでのアイテム取得場所にモンスターが出現するパークが含まれていたため、障害のためパーク内に取り残されたリヴリーが大量に死亡することとなった。これらについて、G.L.L大掲示板にユーザからの苦情が殺到した。長期間のメンテナンスのお詫びとして、11月11日(火)12時の時点でLivly Islandに登録しているユーザーに2,000dd(G.L.Lパスポート所有者には更に2,000dd追加&ドリームアイル不動産にてお茶会の島0dd)の配布が行われた。

ミニリヴリーゲームdoodooマイナス投資事件

  • 2010年1月9日(土)13:30頃から、GLL城内のミニリヴリーゲームで、マイナス額の投資が出来るバグが発生。投資をした時点でdoodooが増えたので流通するdoodooが急増した。この不都合の影響で、ddのばらまきや、マイショップの商品が買い占められる事例が起こり、商品の価格がつりあげられるなどLivly Islandが正常に利用できない状態になった。そこで、10日(日)13:00~14:20と、11日(月)18:00~22:00の2回にわたりメンテナンスが実施され、アイランド・アイテム・doodooの所有状態を不具合発生前の1月9日(土)13:00時点の状態まで巻き戻しが行われた。この影響で、1月9日(土)13:30~1月11日(月)18:00の間に年末ビッグddくじの引き換えを行ったユーザーは、もう一度引き換えなければならず、アイテムカード、アイランドカードのアイテムも再度取得しなければならなくなった。さらに、お正月限定アイランド「枡の島」販売が1月14日まで延長された。また、G.L.L中央広場の大掲示板には大量の苦情が書き込まれ、お詫びとして利用者全員に3000ddが配られた。この不具合を悪用したユーザーは警告の後、5日間のID停止の措置が行われた。また、その解除後には、停止措置を受けたユーザーが取得済だった限定技(2009年11月再配布)が使えなくなる不具合が発生した(1月26日に修正済)。

9サーバー巻き戻り事件

  • 2010年6月2日(水)19:30頃から9サーバーにおいて経験値、色、サイズ、性格の情報が最大で15時間の巻き戻りをしたり、正常にログインできないなどの不具合が起きた。巻きもどったリヴリーは、その間にヤミカプセル・トレバン・デフォルトリンを消費していた場合、効果がないまま消費された状態になった。そのため緊急メンテナンスにおいて9サーバーは使用が停止されたため、9サーバーのリヴたちは全て他のサーバーへと振り分けられた。その後、6月3日に巻き戻りが起きたリヴリーが使用したヤミカプセル・トレバン・デフォルトリンは再発行し、お詫びとして全飼い主に6月7日(月)のメンテナンスにて2000ddが配布された。その影響で9サーバーのレアモンスターのクインは見られなくなった。

ヤミパワードリンク事件

  • 2013年2月1日(金)開始のバレンタインイベントより、宝箱を開ける回数に上限=体力(一般会員1日5回、GLL会員1日7回)が設けられた。併せて、体力が回復するヤミパワードリンクをヤミーSHOPで販売(300YM=30円で体力+1)。先行ボーナスを得るためにドリンクを購入しても、箱の当たり確率は依然低く、さらに合成で失敗すると無意味。厳しい状況下、同9日にゲーム外部の掲示板へ「ドリンクは自島サーバー以外で使うと体力+2」と情報が寄せられた。同20日、運営側がこの不具合を修正、その際「繰り返し不具合を悪用したアカウントを削除」と発表。また、購入分ドリンクを一度でも他サーバーで利用したユーザー全員に対し、これを一方的に「不正な利用」と判断、ルーム画面に警告文が発せられた。ドリンクをたまたま他サーバーで飲んだ、不具合を把握していなかった善良な課金者にとっては身に覚えのないことであり、そもそもの起因はプログラミングミス。このあまりに不躾な仕打ちに怒りの声が続出、運営陣への不信感をさらに募らせる結果となった。

外部リンク[編集]