ケイコ・オブライエン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ケイコ・イシカワ・オブライエン(Keiko.Ishikawa.O'Brien)は、SFテレビドラマスタートレック』シリーズに登場する人物の一人。俳優はロザリンド・チャオ、日本語版の声優TNG深見梨加DS9吉田美保

プロフィール[編集]

家族[編集]

マイルズ・オブライエン[編集]

モリー・オブライエン[編集]

ケイコの第一子で長女。『新スタートレック』の「エンタープライズ・パニック」による事故で産気づき、ウォーフの手により出産。

DS9の第 6 シーズン「時の迷い子」では、当時 8 歳だったモリーが家族でピクニックに出かけた時に時間フィールドに迷い込み 300 年前に送られてしまう。父親のオブライエン達の努力により救助されるが、過去の世界では 10 年間が経過しモリーは 18 歳になっていた(ハナ・ハタエ(Hana Hatae)が演じた。日本語版の吹替えは棚田恵美子)。過去の世界で一人で生き抜いてきたモリーは野生児となっていたため、現在の生活になじめず再度 300 年前に送り返されることになった。その際に時間がずれ、最初に送られた時間の直後に送り込まれる事になった。そこで最初に迷い込んだモリーと遭遇、成長したモリーは子供のモリーを元の世界へ戻したため、タイムパラドックスにより 18 歳のモリーは消滅した。

キラヨシ・オブライエン[編集]

ケイコの第二子で長男。

妊娠中だったケイコがのったシャトルが事故に遭遇し、ケイコが負傷する。そのままでは母子共に危険になるため、ドクターであるジュリアン・ベシアの手により胎児は同乗していたキラ・ネリスの胎内に移され、出産まで育てられた。そのため、生まれた子どもはキラの名前をとってキラヨシと命名された。

なおキラの妊娠は実際には、キラ役のナナ・ヴィジターがベシア役のアレクサンダー・シディグと結婚、妊娠したため、実際の妊婦腹をやりくりするために作られた設定である(ただし実生活の二人はその後離婚している)。こうしての妊婦腹をやりくりしながら出演した俳優は、他にも『新スタートレック』でドクター・ビバリー・クラッシャー役のゲイツ・マクファデン、『スタートレック:ヴォイジャー』でベラナ・トレス役のロクサン・ドースン(こちらも妊婦腹を劇中設定でごまかした事がある)がいる。