グラフィック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グラフィックgraphic)とは、出版広告印刷映像ゲームなどの媒体コンテンツにおける視覚表現のこと。主に情報伝達を目的とし、デザインレイアウトが計画・検討され、特定のコンセプトトーン&マナー表現されたもの。文字写真イラスト記号などのあらゆる視覚要素により構成、あるいは時としてそれぞれ単体で用いられる場合もある。

コンピュータを用いてグラフィックを制作することを特にコンピュータグラフィックスと呼ぶが、表現技法としての意味合いが強く、グラフィックデザインにおけるフィニッシュワークとしてのコンピュータの使用はDTPと呼び、区別される。

出版広告分野においてグラフィックによる表現を考案する職業はグラフィックデザイナーと呼ばれるが、コンピュータグラフィックス映像分野ではグラフィッカーCGクリエイターと呼ばれる。

また、パーソナルコンピュータゲーム機画像処理能力のことを指す場合もある。

グラフィックスとグラフィックの混同[編集]

グラフィックは和製英語である。グラフィックスがグラフィックと表記される場面が多く、ほとんどは双方の違いを理解していない。グラフィックはグラフィックスの単数形ではない。グラフィックはグラフ(graph)に -ic を、グラフィックスは -ics を付けた単語であり、双方の意味は似ていない。

-ics は「〜学、術」の意味を持たせる接尾辞で、グラフィックスは製図法、製図学を意味する。対して、-ic は「〜の、に関する、的な」の意味を持った形容詞を作る接尾辞であり、グラフィック単体では意味をなさない。おそらくグラフィックは、グラフィックアートやグラフィックデザインの誤った省略であろう。

このような混同は、コミックスをコミックと表記するなど他にも見られる。

関連項目[編集]