対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

対象(たいしょう、object)とは、認識意志欲求のような意識行為が向けられるもののことである。由来はラテン語のobjectum。広義には客体と同一視することもあり、一般には狭義である目標物または相手の意味でも用いられる。尚、主題に対立し、物的なものから心的なものまでありとあらゆるものが対象となる。

哲学における対象[編集]

対象論を提唱したアレクシウス・マイノング

哲学ではこの対象の概念には様々なものがあり、特に対象とその相関者としての主観との関係により、様々な学説が存在するため、一義的に定義され得ない。この中でも顕著なものとしてはマイノング対象論 (Gegenstandstheorie) で、ここでは対象の存在、非存在に関わらず考察することを重要視する。

関連項目[編集]

参考資料[編集]