グラスゴー (軽巡洋艦・初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グラスゴー
HMS Glasgow (1909).jpg
経歴
運用者  イギリス海軍
建造所 フェアフィールド造船・造船技術会社
起工 1909年3月25日
進水 1909年9月30日
就役 1910年9月
最後 1927年4月29日にスクラップとして売却
要目
クラス タウン級
排水量 4,800トン
長さ 453 ft (138 m)
47 ft (14 m)
主機 パーソンズ式蒸気タービン、4軸推進
出力 22,000 hp
ボイラー ヤーロウ缶12基
最大速力 25ノット (46 km/h)
燃料 石炭600トン(最大1,353トン)
重油260トン
乗員 411名
兵装 6インチ砲2門
4インチ砲10門
3インチ砲1門
3ポンド砲4門
機銃4基
18インチ魚雷発射管2門
テンプレートを表示

グラスゴー (HMS Glasgow) は、イギリス海軍タウン級の1隻。艦名はスコットランド南西部の都市グラスゴーに因む。この名を持つ艦としては6隻目にあたる。

艦歴[編集]

グラスゴーは1909年3月25日にゴーヴァンフェアフィールド・シップビルディング・アンド・エンジニアリング・カンパニーで起工した[要出典]。1909年9月30日に進水し[要出典]、1910年9月に就役した[要出典]

第一次世界大戦の勃発時、グラスゴーは南アフリカ沿岸で活動していた。1914年8月16日にドイツ商船カタリナ (SS Catherina) を拿捕する[要出典]。1914年11月1日、チリ沖で発生したコロネル沖海戦に参加。海戦ではグラスゴーと装甲巡洋艦グッド・ホープ (HMS Good Hope) 、モンマス (HMS Monmouth)、仮装巡洋艦オトラントが、マクシミリアン・フォン・シュペー提督率いるドイツの装甲巡洋艦シャルンホルスト (SMS Scharnhorst) 、グナイゼナウ (SMS Gneisenau)、巡洋艦ライプツィヒドレスデンニュルンベルクと交戦した。グラスゴーはライプツィヒとドレスデンからの砲撃で5発の命中弾を受けた[1]。だたし、その内3発は爆発しなかった[1]。イギリス軍はモンマスとグッド・ホープが撃沈され敗北した。

逃走に成功したグラスゴーは11月6日にはマゼラン海峡東端に到達し[2]、まず修理のためリオデジャネイロに入港した[3]。それからアブロルホス礁 (Abrolhos) で巡洋戦艦インヴィンシブル (HMS Invincible) 、インフレキシブル (HMS Inflexible) などと合流した。11月28日にイギリス艦隊はアブロルホス礁から出航し、フォークランド諸島へと向かった[4]

艦隊は12月7日にフォークランド諸島に到着[5]。その翌日、シュペー艦隊がフォークランド諸島に現れフォークランド沖海戦が発生した。フォークランド攻撃を試みたドイツ艦隊は戦艦カノーパスからの砲撃を受けると攻撃を断念して逃走を開始した。フォークランドからは最初にグラスゴーが出撃し、続いて2隻の巡洋戦艦と装甲巡洋艦ケントカーナヴォンコーンウォールが出撃した[6]。イギリスの巡洋戦艦に追いつかれるとライプツィヒ、ドレスデン、ニュルンベルクの3隻がシャルンホルストとグナイゼナウから離れて逃走を始めた。それをグラスゴーはケントとコーンウォールと共に追跡した[7]。1時間の追跡の後グラスゴーはライプツィヒに追いつき戦闘を開始した[8]。続いてコーンウォールも戦闘に加わり、ライプツィヒは撃沈された。ライプツィヒとの交戦でグラスゴーは2発の命中弾を受け、死者1名負傷者4名を出した[9]。海戦はイギリスの勝利に終わり、ドイツ側はドレスデン以外すべて撃沈された。

逃走に成功したドレスデンをイギリス軍は捜索した。1915年3月7日にチリ沖でケントがドレスデンと遭遇。その報せを受けてグラスゴーはファン・フェルナンデス諸島マス島 (Más a Tierra) へ向かった[10]。1915年3月14日、グラスゴーはケントおよび仮装巡洋艦オラマと共にカンバーランド湾 (Cumberland Bay) に入り、そこに停泊していたグラスゴーを攻撃した[10]。攻撃を受けたドレスデンは白旗を揚げ、グラスゴーへ士官を派遣。そしてグラスゴーでの交渉中にドレスデンは自沈した。ドレスデン沈没後、グラスゴーの乗組員が溺れているブタを発見した[要出典]。乗組員はブタを「ティルピッツ Tirpitz」と名付け艦のマスコットとして1年間飼育した[要出典]。その後ティルピッツはポーツマスのホエール島砲術学校で飼育された[要出典]

ブタのティルピッツ

グラスゴーは1915年に地中海に配属され[要出典]、1917年にはアドリア海の第8軽巡洋艦戦隊に配属された[要出典]

戦後グラスゴーは短期間機関員の訓練艦任務に従事し[要出典]、1922年に退役[要出典]、1927年4月29日にスクラップとしてモーカムで売却された[要出典]

カナダアルバータ州にあるグラスゴー山は本艦に因んで命名された[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ a b Graf Spee's Raiders Challenge to the Royal Navy, 1914-1915, p.142
  2. ^ Graf Spee's Raiders Challenge to the Royal Navy, 1914-1915, p.173
  3. ^ Graf Spee's Raiders Challenge to the Royal Navy, 1914-1915, p.187
  4. ^ Graf Spee's Raiders Challenge to the Royal Navy, 1914-1915, p.192
  5. ^ Graf Spee's Raiders Challenge to the Royal Navy, 1914-1915, p.193
  6. ^ Graf Spee's Raiders Challenge to the Royal Navy, 1914-1915, p.200
  7. ^ Graf Spee's Raiders Challenge to the Royal Navy, 1914-1915, p.204
  8. ^ Graf Spee's Raiders Challenge to the Royal Navy, 1914-1915, p.213
  9. ^ Graf Spee's Raiders Challenge to the Royal Navy, 1914-1915, pp.215-216
  10. ^ a b Graf Spee's Raiders Challenge to the Royal Navy, 1914-1915, p.233

参考文献[編集]

  • Keith Yates, Graf Spee's Raiders Challenge to the Royal Navy, 1914-1915, Naval Institute Press, 1995, ISBN 1-55750-977-8

外部リンク[編集]