シドニー (軽巡洋艦・初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
StateLibQld 1 120860 Sydney (ship).jpg
写真は竣工当時の「シドニー(HMAS Sydney)」
艦歴
発注 ロンドン&グラスゴー社ゴーヴァン造船所
起工 1911年2月11日
進水 1912年8月29日
就役 1913年6月26日
退役
その後 1928年に解体業者に売却後、1929年~1930年に解体処分。
除籍 1928年
性能諸元
排水量 常備5,400トン
全長 139.6 m
全幅 14.9 m
吃水 4.9 m
機関 パーソンズ直結タービン(高速・低速)2組4軸推進
最大出力 25,000hp
最大速力 25.5ノット
航続距離 16ノットで4,500海里
燃料 石炭:1,240トン
重油:260トン
乗員 475 名
兵装 15.2cm(45口径)単装速射砲8基
(1916年:7.6cm(40口径)単装高角砲1基追加)
4.7cm(50口径)単装速射砲4基
53.3cm水中魚雷発射管単装2門
装甲 舷側:76mm(水線部)
甲板:10mm(平坦部)、38mm(傾斜部)
司令塔:102mm(最厚部)

シドニー (HMAS Sydney) は、オーストラリア海軍軽巡洋艦チャタム級の1隻。

艦歴[編集]

シドニーは1911年2月11日イギリス、ロンドン・アンド・グラスゴー社で起工。1912年8月29日進水。1913年6月26日竣工。

ココス諸島での戦闘[編集]

1914年の「シドニー」。

第一次世界大戦開戦後、1914年11月1日シドニーは軽巡洋艦メルボルンイギリス装甲巡洋艦マイノーターと共にANZAC遠征軍を乗せた船団を護衛してオールバニを出港した。11月3日、船団に日本の巡洋戦艦伊吹が合流した。11月6日マイノーターは船団から離れ喜望峰方面へ向かった。11月8日6時30分ココス諸島ディレクション島から怪しい船が接近しているとの緊急電が発せられた。この船とはインド洋で通商破壊を行っていたドイツの軽巡洋艦エムデンであり、ディレクション島の海底電線の中継所の破壊を目的としていた。この時船団はココス諸島の北55海里にいた。シドニーは急行を命じられココス諸島へ向かった。

9時15分にエムデンはシドニーを発見、40分に射距離9400mでエムデンがシドニーに対し砲撃を開始、これにシドニーも反撃した。最初はエムデンのほうが優勢であったが10時以降はシドニー優勢となり、大破したエムデンは11時15分ノースキーリング島に座礁した。この戦闘でのシドニーの死者は3名、負傷者は12名であった。

その後[編集]

ポーツマスで、1919年1月

1915年以降はヨーロッパ方面で活動し1916年にはグランド・フリート所属となった。

1919年オーストラリアに戻り1928年売却、1929年1月10日解体。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]