ファルマス (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Falmouth (1910).jpg
艦歴
発注
起工 1909年11月
進水 1910年9月20日
就役 1911年9月
退役
その後 1916年8月20日に戦没
除籍
性能諸元
排水量 5,200トン
全長 453 ft
全幅 48.5 ft
吃水 15 ft
機関 パーソンズ蒸気タービン、4軸推進、
ヤーロウ缶12基、22,000hp
最大速 25ノット (46 km/h)
乗員 433名
兵装 6インチ砲8門、
3インチ砲1門、
3ポンド砲4門、
機銃4基、
18インチ魚雷発射管2門

ファルマス (HMS Falmouth) は、イギリス海軍軽巡洋艦タウン級軽巡洋艦の一隻。艦名はコーンウォール州ファルマスに因む。その名を持つ艦としては9隻目。

艦歴[編集]

ファルマスは1909年11月にウィリアム・ビアードモア社で起工し、1910年9月20日に進水した。

第一次世界大戦が勃発したとき、ファルマスは大西洋中部で第5巡洋戦隊に所属し活動中であった。1914年8月にファルマスはドイツ商船4隻を撃沈し、同月末にグランド・フリートの第1軽巡洋戦隊に配属される。8月28日にはヘルゴラント・バイト海戦に参加し、1915年1月24日にはドッガー・バンク海戦に参加した。

ファルマスは1916年5月31日、6月1日のユトランド沖海戦に参加した。

1916年8月19日午後、ファルマスはドイツ潜水艦U66の攻撃を受け2本の魚雷が命中した。ただ、自力航行は可能であった。その後も雷撃を受けたが命中せず、攻撃していた潜水艦は護衛の駆逐艦によって追い払われた。翌日正午、今度は潜水艦U63の雷撃を受け、発射された2本の魚雷が命中した。その8時間後ファルマスは沈没した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]