クビレズタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クビレズタ
Umibudou Detail.JPG
海ぶどう
分類
ドメイン : 真核生物 Eukaryota
: アーケプラスチダ Archaeplastida
植物界 Plantae
亜界 : 緑色植物亜界 Viridiplantae
: 緑藻植物門 Chlorophyta
: アオサ藻綱 Ulvophyceae
: イワズタ目 Caulerpales
: イワズタ科 Caulerpaceae
: イワズタ属 Caulerpa
: クビレズタ
C. lentillifera
学名
Caulerpa lentillifera
J. Agardh
和名
クビレズタ
クビレヅタ
海ぶどう
グリーンキャビア
英名
Sea grape
Green caviar
沖縄料理の海ぶどう

クビレズタ(括れ蔦、学名:Caulerpa lentillifera)とは、イワズタ科イワズタ属に属する海藻沖縄県鹿児島県では、海ぶどうグリーンキャビアと呼ばれており、食用にする。

和名はもと、くびれのあるツタの意味で「クビレヅタ」であったが、2000年に改定された日本産海産目録[1]より「クビレズタ」に改められた。最新である2005年改訂版[2]でも「クビレズタ」になっている。(関連:現代仮名遣い

概要[編集]

日本では南西諸島に、日本国外では東南アジアオセアニア等の浅海域に分布する。主に、潮間帯の下部から漸深帯の砂地に生育する。

長さ2-5m程度まで成長する。匍匐茎(ランナー)を伸ばし、匍匐茎の途中から直立する茎が生える。この直立する茎が食用になる部位で、球状の小枝(葉のような形状)が密生しており、「海ぶどう」の由来にもなっている。また、和名のクビレズタは、直立する茎と小枝の間がくびれていることにちなむ。

海水水槽で観賞用に栽培されることもある。

食用[編集]

沖縄県では、昔から食べられており、その形状から海ぶどうグリーンキャビアと呼ばれている。生で、醤油三杯酢等をタレのように浸けながら食べる。刺身の付け合わせにもされる。ご飯の上にのせて三杯酢をかけた「海ぶどう丼」や、味付けせずに沖縄そばの上に乗せて「海ぶどうそば」として食べることもある。調味液に長く浸すと、プチプチとした食感をもたらす粒状の部分がしぼんでしまう。また低温に弱く、冷蔵庫で保存すると萎んでしまうので常温で保存する。3-4日間は常温で問題なく保存できる。

養殖[編集]

沖縄県や鹿児島県奄美地方では養殖が行われており、日本全国への発送も行われている。最近フィリピン産の養殖物も出回っており、水産庁西海区水産研究所沖縄県水産海洋研究センター等が沖縄県産とフィリピン産の遺伝的な違いがあるかどうかを研究している[3]

偽装[編集]

2008年8月には、沖縄県産品小売業社がフィリピン産を沖縄産と偽装して、JAS法(日本農林規格)違反を認識して、販売していたと認めた[4]

近縁種[編集]

イワズタ属の種は、日本に約20種生育している。その中でフサイワズタC. okamurai)は、長楕円状の小枝を密生しているが、クビレズタのような「くびれ」は無い。分布域は日本の太平洋沿岸や日本海沿岸の中南部以南で、南西諸島にも生育しており、これもしばしば「海ぶどう」と呼ばれる。 沖縄県の金武町では、これに似た種の海藻を「海ゴーヤ」と名付け、特産品として商品化している[5]

保護上の位置づけ[編集]

近年の沖縄食ブームもあり乱獲が続いている。しかし資源量について組織的な調査が行なわれたことがなく、枯渇の危険があるのかも含めて不明である。

情報不足(DD)環境省レッドリスト

Status jenv DD.png

脚注[編集]

  1. ^ 吉田忠生・吉永一男・中嶋泰(2000年)日本産海藻目録(2000改訂版)、藻類、48:113-166
  2. ^ 吉田忠生・嶌田智・吉永一男・中嶋泰(2005年)日本産海藻目録(2005年改訂版)、藻類、53:179-228
  3. ^ 平成18年度西海ブロック水産業関係研究開発推進会議 議事録
  4. ^ 「海ブドウ」偽装認識し、販売 にらい物産は解散へ [リンク切れ] 2008年8月15日付 琉球新報
  5. ^ 海ゴーヤー増産成功 福花養殖センター、近く商標登録 2009年6月2日 琉球新報

参考文献[編集]

  • 財団法人海中公園センター監修、宇井晋介・亀崎直樹著 『沖縄海中生物図鑑 第6巻 海藻・海浜植物』 新星図書出版、1988年。
  • 千原光雄著 『標準原色図鑑全集 第15巻 海藻・海浜植物』 保育社、1970年。

外部リンク[編集]