緑藻植物門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
緑藻植物門
Siphoneae
"Siphoneae" from Ernst Haeckel's
Kunstformen der Natur, 1904
分類
ドメイン : 真核生物 Eukaryota
: アーケプラスチダ Archaeplastida
植物界 Plantae
亜界 : 緑色植物亜界 Viridiplantae
: 緑藻植物門 Chlorophyta
学名
Chlorophyta Pascher, 1914,
emend. Lewis and Mc Court, 2004
英名
green algae

緑藻植物門(りょくそうしょくぶつもん、学名Chlorophyta)は、クロロフィル a, b による光合成を行う緑色植物亜界内の1群で、およそ50016,000の生物が含まれる。陸上植物とは対照的に水圏を中心に分布し、光合成を行って葉緑体内にデンプンを蓄積する生産者である。

緑藻植物門は Chlorophyta の訳語である。従来は緑色の藻類全体(もしくはそこから車軸藻類を除いた群)を指す語であったが、近年の系統学の進歩により、その中でも最大となるような単系統群を指す言葉となってきている。

形態・生態[編集]

緑藻植物門には単細胞生物多細胞生物の両方が含まれる。大部分は淡水環境に生息するが、海洋にも相当数が分布する。他にも様々な環境に適応した種が含まれ、夏季の高山でいわゆる彩雪現象(“Watermelon snow”)を引き起こす Chlamydomonas nivalis や、岩や木の表面に付着して生活するもの、菌類とともに地衣類を形成するものなどがある。地衣類以外にも他の生物と共生関係を築くものは多く、原生動物海綿などがその相手として知られている。

上位分類[編集]

ストレプト植物 Streptophyta と呼ばれる植物の仲間(陸上植物車軸藻接合藻など)と共に緑色植物亜界 Viridiplantae を形成する。

下位分類[編集]

緑藻植物門の下位分類には諸説あるが、比較的安定な群は下記の4である。

これらの他に、ペディノ藻綱やプレウラストルム藻綱を定義する。

またプラシノ藻綱を分割し、それぞれを綱レベルに引き上げる意見もある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]