無腸動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
無腸動物
Waminoa on Plerogyra.jpg
Waminoa sp. on Plerogyra sp..
分類
: 動物界 Animalia
亜界 : 真正後生動物 Eumatazoa
階級なし : 左右相称動物 Bilateria
: 無腸動物門 Acoelomorpha
Ehlers 1985

無腸動物(むちょうどうぶつ、Acoelomorpha)は、プラヌラに似た特徴を持つ動物の分類群で、従来は扁形動物門に分類されていたが、 Jaume BagunaとMarta Riutortによって左右相称動物の新しい門として分離された[1]。2007年の研究によって、側系統群無腸目(Acoela)と皮中神経目(Nemertodermatida)に分割された[2]。さらに珍渦虫と近縁とする説も有力である[3][4][5]

ほぼ全て海産で、堆積物の粒の間に住む間隙性のもの、プランクトンのように泳ぐもの、藻類の上を這い回るものなどがある。無腸目は平衡胞を持つ。これは恐らく重力の方向に対して体を定位するのに役立っている。その体が柔らかいことによって、分類が困難となっている[6]

生体構造[編集]

非常に小さく平たい生物で、通常は2mm以下の長さである(Symsagittifera roscoffensisは15mm程度である)。は持たない[7]消化は、合胞体によって行われ、そこでは取りこまれた食物の周りに小胞が形成される。消化のための腔所を裏打ちする上皮細胞はないが、口から合胞体に導く短い咽喉を持つものはある。サナダムシなど、少数の例外を除いて、全ての左右相称動物は上皮細胞に裏打ちされた腸を持っている。

無腸動物は多くの点で扁形動物に似ているが、腸がない以外にもより単純な構造を持っている。扁形動物と同様に循環器呼吸器を持たないが、無腸動物はさらに排出器も欠いている。真の神経節もなく、表皮の下に神経の単純なネットワークがあるだけであるが、神経の密度は動物体の後方から前方に向かって、より集中的になっている。感覚器としては平行胞があり、一部の例では非常に原始的な色素の斑点からなる単眼を持ち、光を検出することができる[8]

無腸動物は雌雄同体であるが、生殖腺は持たず、メスの生殖器に繋がる管もない。その代わり、間充織細胞から配偶子が生産される[8]

人間との関わり[編集]

海水魚を飼育する際に、珊瑚や、石(リビングブロック)、海藻などに紛れ込んでいる場合があり、水槽内で度々大発生する。地道にスポイトで吸い取るか、淡水浴を行うか、捕食する生物を入れる方法で駆除を行う。ネズッポ科の魚類やニセモチノウオ、ほかニシキツバメガイや、ベルベットウミウシなどが有効であるが、個体差があり一概には言えない。淡水浴は最も有効であるが、サンゴなども死滅する恐れがある。他の海水中からリビングブロックや砂利などを持ってくる場合は、淡水中にしばらく浸し、薬剤などで消毒すれば良い。

出典[編集]

  1. ^ Baguñà J, Riutort M (2004) Molecular phylogeny of the Platyhelminthes. Can J Zool 82:168-193.
  2. ^ A Wallberg, M Curini-Galletti, A Ahmadzadeh, U Jondelius (September 2007) Dismissal of Acoelomorpha: Acoela and Nemertodermatida are separate early bilaterian clades. Zoologica Scripta Vol. 36, Issue 5, pages 509–523.
  3. ^ Lundin, K. (1998). The epidermal ciliary rootlets of Xenoturbella bocki (Xenoturbellida) revisited: new support for a possible kinship with the Acoelomorpha (Platyhelminthes). Zoologica Scripta, 27, 263–270.
  4. ^ Raikova, O. I., Reuter, M., Jondelius, U., & Gustafsson, M. K. S. (2000). An immunocytochemical and ultrastructural study of the nervous and muscular systems of Xenoturbella westbladi (Bilateria inc. sed.). Zoomorphology, 120, 107–118.
  5. ^ Hejnol, A., Obst, M., Stamatakis, A., Ott, M., Rouse, G. W., Edgecombe, G. D., et al. (2009). Assessing the root of bilaterian animals with scalable phylogenomic methods. Proceedings of the Royal Society, Series B, 276, 4261–4270.
  6. ^ Petrov A, Hooge M, Tyler S (May 2006). “Comparative morphology of the bursal nozzles in acoels (Acoela, Acoelomorpha)”. J. Morphol. 267 (5): 634–48. doi:10.1002/jmor.10428. PMID 16485278. 
  7. ^ The Platyhelminthes and the Acoela”. 2009年3月21日閲覧。
  8. ^ a b Barnes, Robert D. (1982). Invertebrate Zoology. Philadelphia, PA: Holt-Saunders International. p. 229. ISBN 0-03-056747-5. 

外部リンク[編集]