緑藻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
緑藻
Haeckel Melethallia.jpg
"Melethallia" from Ernst Haeckel's
Kunstformen der Natur, 1904
分類
ドメイン : 真核生物 Eukaryota
: アーケプラスチダ Archaeplastida
植物界 Plantae
亜界 : 緑色植物亜界 Viridiplantae
: 緑藻植物門 Chlorophyta
: 緑藻綱 Chlorophyceae
Stewart and Mattox, 1984
和名
緑藻
英名
green algae
下位分類
Melkonian (1990)
  1. 緑色の光合成色素を持つ藻類。非常に多彩な生物をその中に含んでいる。
  2. 緑色植物亜界緑藻植物門緑藻綱のこと。

概要[編集]

緑藻(りょくそう)とは、伝統的には、藻類全体を褐藻紅藻、緑藻等に分けた場合のひとつを意味していたが、現在では、緑色植物亜界緑藻植物門緑藻綱のタクソンを意味することも多い。すなわち、広義と狭義があり注意を要する。狭義緑藻以外の緑色植物亜界の藻類は、緑色藻類などと言って言い分ける場合もある。

広義には光合成色素としてクロロフィルaとbを含んでいる藻類を指す。海藻として出現するものもあれば、単細胞生物となっているものもある。また、淡水産のものも多く、陸上生活のものもある。大きいものではミルのように 1メートルにも達する樹状のもの、アオサのように葉状のもの、アオミドロのような糸状のもの、ミカヅキモのような単細胞のものまでがある。また、体制としてもアオサは平面的な多細胞体、アオミドロは糸状の細胞列からなり、ミカヅキモのような単細胞体、クンショウモのような細胞群体、ミルやカサノリのような多核体までを含む。車軸藻類も含めれば、立体的な多細胞体までが含まれることになる。光合成色素の他に、遊走細胞が鞭状鞭毛を複数持つことが特徴としてあげられる。

近年の研究では、種子植物を始めとする陸上植物は、緑藻と共通の祖先を持つか、或いは緑藻の直系の子孫にあたる、とする説が有力になっている。これにより、コケ植物維管束植物単系統を構成することから、これらを合わせて植物界に含めることも多いが、高校生物などでよく知られるマーグリス五界説にて、緑藻を原生生物界に所属させることもある。

下位分類群[編集]

以下は狭義緑藻の下位分類について記載する。広義緑藻に関しては、緑藻植物門等を参照のこと。

鞭毛基部の構造をはじめとする微細構造および分子系統学から、緑藻綱は5群に分類されることが分かっている。すなわち、サヤミドロ目ヨコワミドロ目カエトフォラ目カエトペルチス目、およびその他の緑藻類である。

上記下方4目以外の、クロロコックム目などのいくつかの目は、クラミドモナス目(もしくはオオヒゲマワリ目)として、ひとつの目にまとめるよう提言がなされている。