オグロスナギツネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オグオスナギツネ
Keulemans pale fox.png
オグロスナギツネ Vulpes pallida
保全状況評価[a 1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目 Carnivora
: イヌ科 Canidae
: キツネ属 Vulpes
: オグロスナギツネ V. pallida
学名
Vulpes pallida
(Cretzschmar, 1826)
和名
オグロスナギツネ
英名
Pale fox

Pale Fox area.png

オグロスナギツネVulpes pallida)は、哺乳綱ネコ目(食肉目)キツネ属に分類される食肉類。

分布[編集]

エチオピアエリトリアカメルーンガンビアスーダンセネガルチャドナイジェリアニジェールブルキナファソベニンマリ共和国モーリタニアリビア[1][2][a 1]

形態[編集]

体長40-47センチメートル[2]。尾長27-35センチメートル[2]。体高25センチメートル[2]体重1.5-3.6キログラム[2]。口吻は短い[2]。全身は短い体毛で被われる[1][2]。背面の毛衣は淡黄褐色や淡橙褐色で[1]、黒い体毛が混じる個体もいる[2]。耳介の内側は白い体毛で被われる[2]。尾基部や先端の毛衣は黒い[2]

生態[編集]

荒地やサバンナ森林の移行帯などに生息する[2]夜行性[2]。家族群を形成して生活すると考えられている[2]。10-15メートルに達する巣穴を掘って生活し、巣穴の中には乾燥した植物などを敷く[2]

食性は雑食で、小型哺乳類、鳥類爬虫類昆虫などを食べる[2]

繁殖形態は胎生。6月に4頭の幼獣を産んだ例がある[2]。生後1年で性成熟すると考えられている[2]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科1 食肉類』、平凡社1986年、84頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 今泉吉典監修 『世界の動物 分類と飼育2(食肉目)』、東京動物園協会、1991年、133-134頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ a b The IUCN Red List of Threatened Species
    • Sillero-Zubiri, C. & Wacher, T. 2012. Vulpes pallida. In: IUCN 2013. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2013.1.