エドワード・スペンサー (第8代スペンサー伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
第8代スペンサー伯爵
エドワード・ジョン・スペンサー
Edward John Spencer,
8th Earl Spencer
生年月日 1924年1月24日
出生地 イギリスの旗 イギリス ロンドン
没年月日 1992年3月29日(満68歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリス ロンドン
出身校 サンドハースト王立陸軍士官学校
王立農業大学英語版
称号 第8代スペンサー伯爵ロイヤル・ヴィクトリア勲章メンバー(MVO)
親族 第7代スペンサー伯爵アルバート(父)
第9代スペンサー伯爵チャールズ(次男)
配偶者 フランセス1954年-1969年
レイン英語版1977年-1992年

イギリスの旗 貴族院議員
任期 1975年6月9日 - 1992年3月29日[1]
テンプレートを表示

第8代スペンサー伯爵、エドワード・ジョン・スペンサー: Edward John Spencer, 8th Earl Spencer, MVO1924年1月24日 - 1992年3月29日)は、イギリスの貴族、政治家。

爵位を継承する1975年以前はオールトラップ子爵(Viscount Althorp)の儀礼称号を使用した。愛称はジョニー(Johnnie)。ダイアナ元皇太子妃の父親にあたる。

経歴[編集]

1924年1月24日に第7代スペンサー伯爵アルバート・エドワード・ジョン・スペンサーの長男として生まれる。母はその夫人シンティア英語版第3代アバコーン公爵ジェームス・ハミルトンの娘)。代父母は国王ジョージ5世の王妃メアリーと皇太子エドワード(後の国王エドワード8世)だった[2]

イートン校からサンドハースト王立陸軍士官学校に進学した[3]第二次世界大戦には竜騎兵第2連隊の大尉として従軍した[4]。戦後は1950年まで南オーストラリア総督英語版の補佐官を務めた[3][5]

その後、1954年まで国王ジョージ6世や女王エリザベス2世侍従として仕えた[3][5]。女王と王配フィリップオーストラリア訪問にも同行した[4]1954年ロイヤル・ヴィクトリア勲章メンバー(MVO)を受勲[6]

1954年にフランセス・バーク・ロッシュと最初の結婚をし、ノーフォークサンドリンガム英語版のパーク・ハウスで新婚生活を開始した[4]。彼女との結婚を機に軍を退役し、王立農業大学英語版に1年ほど入学して農場経営を学んだ[7]。フランセスとの間に5子を儲けるが、1969年に離婚した。

1970年にはノーフォーク治安判事に就任した[5]

スペンサー伯爵家本邸のオルソープ邸英語版

1975年6月に父の死によりスペンサー伯爵位を継承し[8]貴族院議員に列する[1]。またスペンサー伯爵家の本邸であるオルソープ邸英語版へ移住する[8]。スペンサー家はノーサンプトンシャーに1万3000エーカーもの土地を所有する大地主であり、オルソープ邸は多くの美術品が飾られて博物館のようになっていた。立太子前の浩宮徳仁親王もここを訪れ、訪問帳にサインしている[9]

1977年にはレイン・レッグ英語版と再婚した[10]

1978年11月に脳溢血で倒れ、病院に担ぎ込まれ、生死の境をさまよったが、なんとか蘇生した[11]

1981年7月29日に先妻との間の三女ダイアナチャールズ皇太子セントポール大聖堂で結婚した。スペンサー卿は、ダイアナが乗るクラレンス邸英語版から大聖堂に向かう馬車に同乗していたが、この際にダイアナに「私は本当にお前のことを誇りに思うよ」と述べたという。また馬車のパレードを気に入り、群衆に盛んに手を振った[12]。倒れて以来健康状態がよくなかったスペンサー卿だが、大聖堂のバージンロードをダイアナとともに歩く役割を無事に果たした。彼はこの日のために何度もセントポール大聖堂に通って長い通路を歩く練習をして式に臨んだのだった。彼は後に「たとえ命を縮めてでも、ダイアナに付き添う覚悟だった。父親の義務だからな。例え死んだとしても辞める気はなかった。しかし本当のことを言うと、あの日、私がダイアナを支えていたのではなく、ダイアナが私を支えていたのだよ。優しい娘だ」と述懐している[13]

1982年6月21日にダイアナが西ロンドンのセント・メアリー病院英語版ウィリアム王子を出産した。未来の国王にスペンサー伯爵家の血が流れることを喜んだスペンサー卿は所有するロールス・ロイスでただちに病院に駆けつけ、孫の顔を見た。その帰途、病院の外で待ち構えていた記者団に対して王子の顔立ちの美しさを嬉しそうに語った[14]

ダイアナが我がままを押し通して王室に仕える使用人を次々に辞職させているとの批判が高まった際、スペンサー卿はマスコミの取材に対して「ダイアナはいつも自分の思い通りにするのです。殿下も今頃それがお分かりになったと思います」と語った[15]

1985年にはロンドンの邸宅スペンサー・ハウス英語版を96年契約でロスチャイルド卿RIT・キャピタル・パートナーズ英語版に賃貸した。ロスチャイルド卿は2000万ポンドもの巨費を投じてその内装を18世紀の状態に復元している[16]

1992年3月21日肺炎のためロンドンのヒューマナ・ウェリントン病院(Humana Wellington Hospital)に入院したが、3月29日心臓発作により死去した。息子のチャールズによれば肺炎は快方に向かっており、2、3日後に退院する予定だったが、以前倒れた時に弱っていた心臓が発作を起こして急死したという。この時ダイアナは皇太子や二人の王子とともにオーストリアでスキー旅行中だったが、姉からの電話で父の死を知らされ、泣き崩れたという。地元の教会で行われた葬儀においてダイアナは「亡くなられてとても寂しく思っています。私はお父様を永遠に愛し続けます。ダイアナ」というメッセージを添えた白百合スイートピーの花を霊前にささげた[17]

爵位と家督は息子のチャールズが継承した[18]

逸話[編集]

栄典[編集]

爵位[編集]

勲章[編集]

名誉職その他[編集]

家族[編集]

社交界で知り合った第4代ファーモイ男爵英語版モーリス・バーク・ロッシュの娘フランセス1954年に結婚した[4]。結婚式はウェストミンスター寺院で行われ、女王エリザベス2世や皇太后エリザベスも出席した[20]。フランセスとの間に以下の5子を儲ける。

しかしやがてフランセスとの夫婦仲は険悪になり(ダイアナは客間のドアの後ろに隠れていた時、両親が激しく口論していたのを記憶している)、フランセスは裕福な実業家ピーター・シャンド・キッドと浮気するようになった。1969年4月にエドワードとフランセスは正式に離婚した。妻の浮気の事実や貴族の地位が有利に働き、親権はエドワードが得た[22]。子供たちはエドワードの下で暮らし続けたが、毎週末にはロンドンにいるフランセスの下に通ったという。フランセスはエドワードとの離婚後すぐにピーターと再婚したが、ピーターは陽気な男だったのでダイアナら義理の子供たちとの関係も良かったという[23]

一方エドワードの方は、スペンサー伯爵爵位を継いだ後の1977年ダートマス伯爵英語版夫人レイン英語版と再婚した。彼女はロマンス小説家バーバラ・カートランド英語版の娘で、1962年に第9代ダートマス伯爵ジェラルド・レッグ英語版と結婚し、彼との間に子供を4人儲けていた。また派手な言動で知られるロンドン市議会女性議員でもあり、1975年にはスペンサー卿との共著でロンドン市議会に関する『英国の伝統とは』を出版した。そして1977年に至ってダートマス卿と離婚してスペンサー卿と再婚したという経緯であった。彼女は仕切り屋で博物館のようなスペンサー家の邸宅を実際に有料博物館にして事業化し、飾られている美術品を多数売却した。また屋敷を変な風に修繕をする癖があった。ダイアナら義理の子供たちはこうした「屋敷破壊行為」を嫌悪感を持って見ていたため、継母との関係がよくなかった[24]

出典[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

名誉職
先代:
サー・ガイラス・アイシャム准男爵英語版
County Flag of Northamptonshire.png ノーサンプトンシャー州長官英語版
1959年
次代:
エヴェリン・ファンシャーウ英語版
グレートブリテンの爵位
先代:
アルバート・スペンサー
Spencer Arms.svg 第8代スペンサー伯爵
1975年-1992年
次代:
チャールズ・スペンサー