モーリス・バーク・ロッシュ (第4代ファーモイ男爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
第4代ファーモイ男爵
モーリス・バーク・ロッシュ
Maurice Burke Roche
4th Baron Fermoy
Maurice Roche 2163448066 13967c95e5 o EDIT.jpg
1910年から1915年頃
生年月日 1885年5月15日
没年月日 1955年7月8日(満70歳没)
出身校 ハーバード大学
所属政党 保守党
親族 第3代ファーモイ男爵英語版(父)
第9代スペンサー伯爵(孫)
配偶者 ルース英語版

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 キングス・リン選挙区英語版[1]
任期 1924年10月29日 - 1935年11月14日
1943年2月12日 - 1945年7月5日[1]
テンプレートを表示

第4代ファーモイ男爵、エドムンド・モーリス・バーク・ロッシュ: Edmund Maurice Burke Roche, 4th Baron Fermoy1885年5月15日 - 1955年7月8日)は、イギリス政治家貴族

ダイアナ元皇太子妃の母方の祖父にあたる。

経歴[編集]

1885年に後に第3代ファーモイ男爵英語版となるジェームズ・ロッシュ英語版とその妻フランセス・エレン・ワーク英語版(アメリカ人富豪フランク・ワークの娘)の間の長男として生まれる[2][3]

1891年に父と母が離婚し、母に連れられて弟とともにアメリカへ移住した。アメリカ人の祖父フランクは外国人嫌いであり、イギリス貴族に嫁いだ娘を勘当していたが、この離婚により勘当を解き、その代わりイギリス貴族の称号を継がないこと、二度とヨーロッパへ行かないこと、息子たちをアメリカ市民にすることを条件として娘に呑ませた[4]

アメリカで育ったモーリスはハーバード大学を卒業する[5][3]

祖父フランクの死後には裁判所にフランクの遺言の無効を認めさせ、1920年の父の死とともにアイルランド貴族爵位のファーモイ男爵位を継承した。それとともにイギリスへ帰国し、ヨーク公爵アルバート(後のジョージ6世)と親しくなった。その縁で国王ジョージ5世からサンドリンガム英語版のパーク・ハウスの借家権を与えられた[5]

王立空軍に勤務し、空軍大尉英語版まで昇進した[3]

1924年から1935年までと、1943年から1945年までキングス・リン選挙区英語版選出の庶民院議員を務めた[1]。所属政党は保守党だった[5]

1931年にはキングス・リン市長(mayor of king's lynn)に就任する[3]

1955年7月8日に死去。70歳だった[3]

家族[編集]

1931年スコットランド出身の軍人ウィリアム・スミス・ギル大佐(Colonel William Smith Gill)の娘ルース英語版と結婚した[3][6]。二人は25歳も年の差があったが、家庭生活は円満だった[7]。彼女との間に以下の3子を儲ける[3]

参考文献[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

アイルランドの爵位
先代:
ジェームズ・ロッシュ英語版
第4代ファーモイ男爵英語版
1920年-1955年
次代:
エドムンド・ロッシュ英語版