アルバート・スペンサー (第7代スペンサー伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
第7代スペンサー伯爵
アルバート・スペンサー
Albert Spencer, 7th Earl Spencer
AlbertSpencer.jpg
第一次世界大戦中にジョン・シンガー・サージェントが描いたスケッチ
生年月日 1892年5月23日
出生地 イギリスの旗 イギリスロンドン
没年月日 1975年6月9日(満83歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリスノーサンプトンシャー州、ノーザンプトン
出身校 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ
称号 国防義勇軍勲章英語版王立芸術協会英語版フェロー、第7代スペンサー伯爵
親族 第6代スペンサー伯爵チャールズ(父)
第8代スペンサー伯爵エドワード(長男)
配偶者 シンシア英語版

イギリスの旗 貴族院議員
任期 1922年9月26日 - 1975年6月9日[1]
テンプレートを表示

第7代スペンサー伯爵、アルバート・エドワード・ジョン・スペンサー: Albert Edward John Spencer, 7th Earl Spencer, TD, FRSA1892年5月23日 - 1975年6月9日)は、イギリスの貴族、政治家。

父がスペンサー伯爵位を継承した1910年から自身が爵位を継承する1922年までオールトラップ子爵(Viscount Althorp)の儀礼称号を使用した。ダイアナ元皇太子妃の祖父にあたる。愛称はジャック[2]

経歴[編集]

第6代スペンサー伯爵チャールズ・スペンサーの長男としてロンドンに生まれる。母はマーガレット英語版初代レブルストーク男爵英語版の次女)[3]。国王エドワード7世代父の一人であった[4]

ハーロー校を経てケンブリッジ大学トリニティ・カレッジへ進学する[3]。1916年には ノーザンプトンシャー治安判事に就任する[3]。1917年から1918年にかけてはライフガーズの大尉として第一次世界大戦に従軍したが、負傷して前線から下げられた[3][5]

1922年9月26日にスペンサー伯爵位を継承して貴族院議員に列する[1]

その後、ノーザンプトンシャーの地方政治家になり、鑑定家としても活躍。ウォレス・コレクションの保管委員や王立裁縫学校英語版の校長[6][5]、またロンドン考古学協会英語版王立芸術協会英語版フェローヴィクトリア&アルバート博物館の顧問会議の議員等を歴任。また1924年から43年間に渡って国防義勇軍に所属した[7][5]

1924年にノーザンプトン連帯第4大隊(4th Battalion, the Northampton Regiment)から大佐(Hon. Colonel)の階級を贈られる。また1937年にロイヤル・エンジニアーズの第50A.A大隊からも大佐の階級を贈られる[3]

1952年から1967年までノーザンプトンシャー州統監英語版を務める[3]

1975年6月9日にノーザンプトンで死去した[3]。爵位と家督は長男のエドワードが継いだ[8]

人物[編集]

気難しくてぶっきらぼうな人物だったと言い、息子エドワードとの交流もほとんどなかった。ダイアナも幼いころ、祖父が怖かったという[9]。しかし晩年には息子エドワードの愛人(後に後妻)であるレイン英語版が仲介役になって親子関係を修復した。ステッキの蒐集をしていたスペンサー卿は、頻繁にステッキを贈ってくれるレインが大好きだったという[10]

自分の屋敷への思い入れが強く、邸宅に飾られている全ての絵画や家具の由来を説明できたので「館長伯爵」と呼ばれていた。屋敷内を見学する訪問客が屋敷を汚さないよう、はたきをもって付いていくことが多かったという。首相ウィンストン・チャーチルが訪問した際には口にくわえた葉巻を没収したこともあったという[11]

栄典[編集]

爵位[編集]

勲章[編集]

その他[編集]

家族[編集]

1919年に第3代アバコーン公爵の次女シンシア・ハミルトン英語版と結婚した。彼女との間に2人の子供を儲けた[3]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b HANSARD 1803–2005
  2. ^ キャンベル(1998) p.14
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Lundy, Darryl. “Albert Edward John Spencer, 7th Earl Spencer” (英語). thepeerage.com. 2013年11月9日閲覧。
  4. ^ Mosley, C (ed.) Burke’s Peerage, Baronetage & Knightage, 107th edition (Burke’s Peerage & Gentry (UK) Ltd., Stokesley, North Yorkshire), 2003; vol. 3 p. 3695
  5. ^ a b c Albert Edward John Seventh Earl Spencer” (英語). Spencer of Althorp. 2013年11月9日閲覧。
  6. ^ The Times, Thursday, 12 June 1975; p. 20 col. F
  7. ^ Who was Who, 1971–1980 (Adam & Charles Black, London, 1981) p. 746
  8. ^ モートン(1992) p.68
  9. ^ モートン(1992) p.40-41
  10. ^ モートン(1992) p.71
  11. ^ モートン(1992) p.41

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

名誉職
先代:
第5代エクセター侯爵英語版
County Flag of Northamptonshire.png ノーザンプトンシャー州総督英語版
1952年-1967年
次代:
ジョン・ウォーケリン・チャンドス・ポーラ
グレートブリテンの爵位
先代:
チャールズ・スペンサー
Spencer Arms.svg 第7代スペンサー伯爵
1922年-1975年
次代:
エドワード・スペンサー