インラック・シナワトラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インラック・シナワトラ
ยิ่งลักษณ์ ชินวัตร
Yingluck Shinawatra at US Embassy, Bangkok, July 2011.jpg

任期 2011年8月8日 – 現職
元首 ラーマ9世

出生 1967年6月21日(46歳)
サンカムペーン
政党 タイ貢献党
配偶者 アヌソーン・アモーンチャット(事実婚
署名 Yingluck Shinawatra's Hand.jpg

インラック・シナワトラタイ語: ยิ่งลักษณ์ ชินวัตร, ラテン文字転写: Yingluck Shinawatra1967年6月21日 - )は、タイ王国政治家。第36代首相(現職)。タイ史上初の女性の首相でもある。日本ではインラック・チナワットまたはインラック・シナワット[1]と呼称・表記されることもある。

経歴[編集]

1967年6月21日チナワット家当主で元下院議員のルート・チナワットの娘として、タイ王国サンカムペーンで出生[2]

チェンマイ大学政治学部卒業後、アメリカに留学し教育を受け、ケンタッキー州立大学にて行政学修士を取得。帰国後にチナワット一族同族企業のチナワット・ダイレクトリー社に入社。その後、アドバンスト・インフォ・サービスの社長やマンチェスター・シティFCの専務取締役などを務めた。

名門のチナワット家の出身であり、経営者としての経験をかわれ、2011年7月3日に施行されたタイ王国国民議会人民代表院総選挙にて、タイ貢献党首相候補として選挙戦を戦った。タイ貢献党は、選挙前より79議席も増やして500議席中265議席を獲得、過半数を制して勝利し、他の5つの党との連立で300議席という安定政権を作ることにも成功した。8月5日に下院で第36代タイ王国首相に選出され、8日に正式就任した[3][4]

人物[編集]

9人兄妹の末っ子であり、兄はタイ王国第31代首相のタクシン・チナワットで、義兄のソムチャーイ・ウォンサワットが第34代首相という政治一家に育つ。

趣味は、水泳音楽鑑賞

タイ初の女性首相として積極的に内政に携わり、国民融和や貧困対策を推進し、国家の安定に貢献している。また、2011年タイ大洪水の際には、洪水対策の陣頭指揮に当たり、バンコク中心部の浸水防止を担った。

2011年の就任時は、「タクシン元首相の操り人形」と皮肉られ、直後の洪水危機への対応では、後手に回ったとの批判も浴びた。しかし、経済の好調もあり、支持率は高い水準を維持。政権運営にも慣れ、女性らしいソフトさと、安定した手腕で評価を高めつつある。女性の社会進出が進むタイで「女性が収入を得ることは、国の経済と家計に重要な意味があり、男性にも良い影響を与える」と自負し、1男の面倒を見ながら激務をこなしている[5]

記者会見などで、しばしば原稿を読み間違えてしまい、後ろに控えているスタッフから訂正を囁かれる場面が散見されている。[要出典]

訪日歴[編集]

訪日歴は多数ある。

2012年3月6日から3月9日にかけて日本を公式訪問し、病気療養中の今上天皇に代わり皇太子野田佳彦首相岡村正商工会議所会頭と会談した。タイの洪水での日本の支援や、東日本大震災でのタイの支援への謝意が相互に表明され、洪水で被害を受けた日本企業の支援策などについて話し合われた[6][7]。また、インラック首相は、タクシン元首相支持派と治安部隊の衝突を取材中に死亡した村本博之カメラマンに弔意を表明した[8]。7日の野田首相との会談では、高速鉄道情報技術分野などタイのインフラストラクチャー整備への協力や、地域の安全保障の他、日本の人工衛星地上波デジタルテレビ方式(ISDB-T)をタイに導入する計画について意見が交わされた[9][10]。8日午前、皇太子に会い、午後には,東日本大震災被災地である宮城県名取市を訪問した。同市内で犠牲者への追悼を行った他、仮設住宅に併設された託児所を慰問して、被災地の児童らと交流した。加えて、同市内の工場で就労しているタイ洪水被災日系企業のタイ人従業員を激励した。

翌月の4月20日から22日にかけても、日本・メコン地域諸国首脳会議に出席するため再来日した。その際には、皇居・宮殿で開かれた茶会に、ミャンマーなどの首脳らと招かれ、天皇と懇談している。21日にあった「日メコン首脳会議」に出席後、九州入りし、22日には、九州新幹線への試乗や視察のため熊本市を訪れ、熊本城や桜の馬場・城彩苑を見学した。JR九州が新幹線や特急列車の内装に地元特産品を取り入れていることなどから、タイ国内の一村一製品運動と鉄道網整備の参考にしようと、急遽訪問が決定した。

脚註[編集]

  1. ^ キーパーソン:インラック・シナワット氏=タイ初の女性首相に選ばれた 毎日jp 2011年8月6日閲覧
  2. ^ “タクシン派勝利、政権奪還へ タイ総選挙、過半数占める”. 朝日新聞. (2011年7月4日). http://www.asahi.com/international/update/0703/TKY201107030157.html?ref=reca 2011年7月4日閲覧。 
  3. ^ タクシン派が過半数 初の女性首相誕生へ 元首相復権も 産経新聞 2011年7月4日閲覧
  4. ^ タイ:インラック・シナワット氏 首相に正式就任 毎日新聞 2011年8月11日閲覧
  5. ^ インラック首相、実業家から転身 政権運営を軌道に日本経済新聞 2013年5月3日閲覧
  6. ^ “皇太子さま 陛下代理でタイ首相懇談”. NHK. (2012年3月8日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120308/t10013574441000.html 
  7. ^ “岡村会頭がタイ王国のインラック首相を表敬”. 日本商工会議所. (2012年3月8日). http://www.jcci.or.jp/news/2012/0308114513.html 
  8. ^ “村本さん遺族に弔意の手紙=訪日のタイ首相”. 時事通信. (2012年3月6日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201203/2012030600964 
  9. ^ “日・タイ首脳会談 洪水復興を積極支援 高速鉄道・IT整備で協力”. SankeiBiz. (2012年3月7日). http://www.sankeibiz.jp/macro/news/120308/mca1203080504012-n1.htm 
  10. ^ “日本の衛星、地デジ導入を=野田元首相提案、タイも検討”. 時事通信. (2012年3月7日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201203/2012030701006 

外部リンク[編集]

公職
先代:
アピシット・ウェーチャチーワ
タイ王国の旗 タイ王国首相
第36代:2011年 -
次代:
現任